サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国境なき医師団:貫戸朋子
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: KTC中央出版
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87758-160-X
  • 国内送料無料

紙の本

国境なき医師団:貫戸朋子 (別冊課外授業ようこそ先輩)

著者 NHK「課外授業ようこそ先輩」制作グループ (編),KTC中央出版 (編)

99年度ノーベル平和賞受賞「国境なき医師団」の第一号日本人派遣医師が「戦争と生命」という難しいテーマについて、小学生と真剣に向き合った感動的な授業を、新たな取材を交えて再...

もっと見る

国境なき医師団:貫戸朋子 (別冊課外授業ようこそ先輩)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「国境なき医師団:貫戸朋子」が含まれるセット商品

別冊課外授業ようこそ先輩 23巻セット

別冊課外授業ようこそ先輩 23巻セット

  • 税込価格:34,776322pt
  • 発送可能日:購入できません

別冊課外授業ようこそ先輩 23巻セット

別冊課外授業ようこそ先輩 23巻セット

  • 税込価格:34,776322pt
  • 発送可能日:購入できません

課外授業ようこそ先輩 別冊 23巻セット

課外授業ようこそ先輩 別冊 23巻セット

  • 税込価格:34,776322pt
  • 発送可能日:7~21日

商品説明

99年度ノーベル平和賞受賞「国境なき医師団」の第一号日本人派遣医師が「戦争と生命」という難しいテーマについて、小学生と真剣に向き合った感動的な授業を、新たな取材を交えて再編集。「課外授業ようこそ先輩」別冊。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/12/01 14:27

投稿元:ブクログ

もし,自分が医師だったら。
戦場に行くか行かないか。
戦場で残り1つとなった酸素ボンベを助かる見込みの無い患者に使うか使わないか。

日本で考えることのない「戦争」について,小学生が国境なき医師団の日本人・貫戸朋子さんから講義を受け,徹底的に討論した様子を収録されている。
元はNHKの番組。道徳教育の教材として,最適である。

2011/03/02 02:49

投稿元:ブクログ

後半、ディベートで小学生が、困っている人を助けるのは日本にいても寄付でできることで、わざわざ命の危険を冒してまでいくのは、いいことか、悪いことかなど、真剣に話している様子が伝わってきて、どっちの言ってることも間違ってなくて、考えさせられた。
そして結局は、自己中心的に戸言う意味ではないけれども、自分のためにいったと、貫戸さんが最後なぜ行くのかという彼女なりの考えがのっていて、伝わってきました。

2015/07/10 04:30

投稿元:ブクログ

貫戸朋子さんという「国境なき医師団」のお医者さんをこの本で知りました。人生をとても深く生きている人です。お父さん、お母さんの教えがあった上での、自分独自の人生を深く、力強く生きている貫戸さん。この本は2000年が初版。それから、15年が流れていますが、今はどのような活躍されているのでしょうか。

〈本から〉
「国境なき医師団は、天災、人災、戦争などあらゆる
 災害に苦しむ人びとに、人種、宗教、思想、政治
 すべてを超え、差別することなく援助を提供する」
 (国境なき医師団国際憲章より)

平和というのは、平和でない時代とか平和でない人々が
その裏側に必ずいるということ、そのことは絶対忘れてはいけないと思うのです。

「語る」という言葉は、わたしはあまり好きではありません。なぜかというと、わたしの今までの経験から言うと、
いちばん苦しんでいる人は語らない。歴史は、当事者は口を閉ざすということを示しています。あるいはよっぽど時が経たないと語れない。苦しみを追体験するような、自分を拷問にかけるようなことだから、語れないんです。非常に時間が経って、例えば、五0年年後に初めてやっと語れる。また、語るべきことを語らないで死んでいった人もたくさんいるわけです。

共同体の原点って家族ですよね。その次は宗教ですよね。
だから別に宗教戦争ではないんです、最近の戦争というのは。逃げ込む先が宗教なんです。そういうふうにわたしは思います。民族とか言語とか同じ所、共同体に逃げ込むわけです。

ある意味で、苦しんでいる人というのは美しいですね。わたしは美しいものが好きだけれど、贅肉を取った美しさは特に好きですね。現代の都会人、先進国の都会人は、贅肉だらけですね。スポーツクラブに通って、ダイエットして、いて目に見える肉は落とせても、精神的贅肉、物質的贅肉というのがついているように思え、そういうのを見たくない。

自分がやったことに対してほかのひと達が賛成してくれたときに、すごく自分を好きになれるんですよね。

帰ってきて本当に幸せだと思ったのは、やっぱりどこかで体の奥から自分で「ああ、よかった、すごく幸せだ、これは目に見えない人生の贈り物だ」と思ったからなんです。



 

2011/12/03 23:22

投稿元:ブクログ

「5歳の子で、もう助からない患者の酸素ボンベをあなたなら切るか」「貫戸朋子の生き方は損か得か」「あなたなら行くか行かないか」

国境なき医師団の貫戸朋子さんが先生となって授業をする一冊。上のディベートが主となっている。二つ目から三つ目へ移る時の子どもの移動が面白い。

小学生のため論点の混在も多いが、芯からの意見のぶつかり合いが感じられる。授業にかけたい一冊。

2012/09/23 21:41

投稿元:ブクログ

貫戸さんの言葉は現地での経験を伴い、重く受け止められる。
ディベートを文字におこした部分は小学生のディベートであったためか、少しうっとうしく感じた。
そして、特定のよくしゃべる生徒が数人いるというあるある。
ただ、ディベートを通して生徒らは普段絶対に考えもしないような近くて遠い世界に思いを馳せる貴重な時間だっただろう。
私も国境なき医師団に興味がありながら、実際どのような状況でどのような活動をしているかあまり知識がなく、もちろん問題意識をもっていなかったので、煩雑ながら一生懸命だったディベートを通して考えさせられた。

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む