サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 河合雅雄の動物記 2 カワウソ流氷の旅

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

河合雅雄の動物記 2 カワウソ流氷の旅
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: フレーベル館
  • サイズ:21cm/244p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-577-02053-X
  • 国内送料無料

紙の本

河合雅雄の動物記 2 カワウソ流氷の旅

著者 草山 万兎 (作),金尾 恵子 (画)

長年に渡るフィールドワークの経験をもとに、大自然の中で繰り広げられる動物たちの姿を新たな発見と共に生き生きと描くシリーズ。第2巻は、カワウソが流氷に乗って北海道にたどりつ...

もっと見る

河合雅雄の動物記 2 カワウソ流氷の旅

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

長年に渡るフィールドワークの経験をもとに、大自然の中で繰り広げられる動物たちの姿を新たな発見と共に生き生きと描くシリーズ。第2巻は、カワウソが流氷に乗って北海道にたどりつくまでの物語を想定し、その生態を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

草山 万兎

略歴
〈草山万兎〉1924年兵庫県生まれ。京都大学理学部動物学科卒業。兵庫県立人と自然の博物館館長。本名は河合雅雄。著書に「河合雅雄のたまたまうっかり動物園」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/02/02 20:22

投稿元:ブクログ

(2005.04.26読了)(2000.02.09購入)
【川獺・かわうそ】イタチ科の哺乳類。頭胴長70センチメートル、尾長50センチメートル内外。体の背面は光沢のある褐色、腹面は淡褐色。四肢は短く、指の間に水かきがある。泳ぎはきわめて巧みで、魚・貝・カニなどを食べる。ユーラシアに広く分布するが、数が減っている。(「大辞林」より)
第一巻のゲラダヒヒの話は、誕生から一人前になるまでの話だったので、今度もかわうその誕生から一人前になるまでの話と思っていたら予想が外れてしまった。
舞台は、オホーツク海に注ぐ大河、アムール河の上流100キロほどの地点。
かわうそは、川辺に住み魚を捕らえて食べる。冬は、熊の食い残した鮭などを食べて食いつなぐ。かわうその恋の季節は、2月・3月。かわうその妊娠期間は、63日。2ヶ月ほどで子供は生まれる。3頭ほど生まれる。
この物語では、母親は、ルツ。子供は、ルーラ(雄)、オフト(雄)、ルスカヤ(雌)。とそれぞれ名付けられている。
ルーラとオフトは1歳半で、生まれ故郷に別れを告げて旅に出た。母親が次の子供の準備に入るために追い出された。
2頭で川を下り、オフトは途中で死んでしまう。ルーラは、海までたどり着く。
海岸近くの川辺で、暮らす。近くに、かわうその父と娘の親子も住んでいた。
海の貝類、魚なども捕って暮らす。海岸にはトドのハレムもあった。(かわうそが海の貝や魚も捕ったりするなんて知らなかった。)
冬になり、流氷の海で狩りをしているうちに、嵐で流氷に乗ったまま流されてしまった。氷を拠点に海の魚で食いつなぎながら旅を続ける。流氷はとうとう北海道の網走海岸にたどり着いた。ルーラは、北海道に住み着いた。
(この話は、本当にあった話ではありません。河合雅雄さんの生み出した壮大なフィクションです。あったらいいだろうなという夢が生んだ作品です。かわうそと他の動物たちの交流が生き生きと描かれています。食うか食われるかの多くの戦いも描かれています。いろんな動物たちの生き残るための知恵も描かれています。科学読み物として実によくできていると思います。)

(「MARC」データベースより)amazon
長年に渡るフィールドワークの経験をもとに、大自然の中で繰り広げられる動物たちの姿を新たな発見と共に生き生きと描くシリーズ。第2巻は、カワウソが流氷に乗って北海道にたどりつくまでの物語を想定し、その生態を描く。

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む