サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

迷宮(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-72945-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

迷宮 (光文社文庫)

著者 大西 巨人 (著)

迷宮 (光文社文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「死」をめぐる冒険

2001/06/18 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自殺と報じられた、作家・皆木旅人の死を他殺と信じる春田大三が、生前の旅人を知る人を訪ね、彼の言動や行動から真実を探ってゆくというストーリーだが、その過程で示される作家の在り方や、「死」に関する哲学こそがメイン。
 諸々の考察も大西巨人にしては読みやすく、詳細な引用と文内註の多さは、まるで歴史読本のようでもある。党派的な暗さもさほど感じられず、会話文と主題は大江健三郎の『燃えあがる緑の木』などに似ている。こういう文体と雰囲気が好きな私にとっては快い小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/07 23:41

投稿元:ブクログ

『神聖喜劇』の衝撃的なおかしさはない。変な話。
お酒の量とか細かなデータが満載で、ふふふとなること間違いなし。
いや、ならない人のほうが多いか。

2010/05/01 19:17

投稿元:ブクログ

大西巨人の文学観・死生観をこれでもかと投影した作品。
一人の断筆した作家の死を追うミステリータッチの文学(著者曰く「文学とは探求することなので、自ずと広義の意味で推理小説になる」とのこと)。
十人十色の答えがある問題に対してここまで深く踏み入ったその野心を讃えたい。
現代文学にはない熱さ。
賛否あろうが、こういうのが読みたいんだよ。
多分ここで提示されている文学観っていうのは物書きならば誰でも抱いているだろうけど、大西巨人クラスの大物でないと言えないのも事実。
死生観っていうのはもっと厄介。
創造力の維持して生き続けることの難儀さ。
個人的にはこの作品の主張に大いに賛同したい。
葬式も戒名も墓も要らない。

大西巨人といえば「神聖喜劇」なのだが、実は漫画でしか読んだことがない(その漫画もかなりの労力を要する大作だった・・・)。
現状では存命ながらあまり読まれなくなっているマイナー作家の一人だと思う。
この本も2000年に文庫化されながら今では絶版のようだ。
だが文学自体に見切りをつけているわけではないようなので、まだまだ頑張って書いて欲しい。

2016/12/29 13:28

投稿元:ブクログ

1994年ということだから平成になって書かれた文章のはずなのに、文章も、構成も、戦前の文学のように時代がかっていて大仰。
調べてみたら作者は大正生まれの方。
そうか。
多分普段からこのような小説を書いている方なのであろう。

教養小説のように難しい思想や歴史が次々に出てきて、圧倒される。
嫌いじゃないけど、難しすぎて頭に入ってこないのが実際のところ。

引用される作家や思想家、彼らの文章が本当にあるものか、それともそれすらも創作なのかもわからず、くどいくらいに繰り返し書かれる文章が、何を意味しているのかを考え考え読んだ。
ようやっとジョージ・オーウェルが出てきて、実在の作家の、実際の文章を引用していたのかと分かった。

推理小説としてはあまりひねりはないけれど、別の意味で頭をたくさん使った読書。
教養のない自分に愕然としたけれど。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む