サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

都市デザイン 野望と誤算
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 鹿島出版会
  • サイズ:19cm/264,17p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-306-05236-2
  • 国内送料無料

紙の本

都市デザイン 野望と誤算 (SD選書)

著者 J.バーネット (著),兼田 敏之 (訳)

16世紀から今日に至る500年間の都市デザインのコンセプトやその意図と、その実現を阻む社会・経済・政治上の環境との相互作用をテーマとし、主要な都市デザイン事例を、豊富な図...

もっと見る

都市デザイン 野望と誤算 (SD選書)

2,268(税込)

ポイント :21pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

16世紀から今日に至る500年間の都市デザインのコンセプトやその意図と、その実現を阻む社会・経済・政治上の環境との相互作用をテーマとし、主要な都市デザイン事例を、豊富な図版と平易な文章で解説。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2010/09/13 08:56

投稿元:ブクログ

大学のレポートを書くために購入した本。
結局は同時に買ったもう一冊で書いたため、この本は未読のままだった。
引っ越しの荷物から出てきたので、改めて読んでみる。
だが、やはり専門分野でないこともあってか、おもしろくなかった。
持っていてもおそらく読まないだろうから、今度売ることにする。

2010/02/18 16:08

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
16世紀以降こんにちに至る500年間の、欧米の主要な都市デザイン事例を、豊富な図版と平易な文章による解説で概観。専門家のみならず都市デザインに興味をもつ実務者・学生の教養書・入門書として好適の1冊。


内容(「MARC」データベースより)
16世紀から今日に至る500年間の都市デザインのコンセプトやその意図と、その実現を阻む社会・経済・政治上の環境との相互作用をテーマとし、主要な都市デザイン事例を、豊富な図版と平易な文章で解説。〈ソフトカバー〉

目次
第1章 産業化以前の伝統的な都市デザイン
第2章 モニュメンタルな都市
第3章 田園都市と田園郊外
第4章 近代都市
第5章 メガストラクチュア―ひとつのビルディングとしての都市
第6章 捉えどころのない都市の時代

2011/04/13 16:49

投稿元:ブクログ

2010年度都市計画概論レポート課題図書。

500年にわたる都市の研究・実践の歴史について「モニュメンタルな都市」「田園都市と田園郊外」「近代都市」「メガストラクチュア」という四つの切り口から検討していく。

時代それぞれにどのような社会的要請があってそのような都市デザインの方向性が決まっていったのかがわかりやすく纏められており、試行錯誤の過程をまさに流れとして感じることができる。
都市デザインを学ぶ下地としては十分な情報量があると思うが、中国圏やイスラム圏など東洋での都市デザインについてはほとんど記述がないのでべつに補う必要がある。

都市デザインはどの時代においても大局的な見方・鳥瞰の視線で検討・立案されてきているが、基本となるのはそこで生活する人々のグラウンドレベルでの視線だろう。近代以降ビルディングの高層化が進み視線の乖離が進行しているが、改めて「部分でも全体でも快適な」空間作りを進めていかなければならない。

2015/04/03 23:57

投稿元:ブクログ

産業化以降の近現代の都市デザインの様式(主に物的な街並み)とその思想、およびその帰結を体系的にまとめた本。(産業化以前の都市についても簡単に説明してあったが、観客の視点というコンセプトが持ち上がる以前は近代的な意味での都市デザインは行われていない)
扱われているのは、モニュメンタルな都市、田園都市と田園郊外、近代都市、メガストラクチュアである。

SD選書系列によく言われるように訳はイマイチ。
本書は逐語訳といった感じ。「…?」となるが、慣れれば元の英語を想起しながら読める。ただところどころ日本語がおかしいのはちょっと…
原文を想像しながら読むにしても、英語で読んだほうがいい。(☆ -1)

内容は初学者でも理解できるレベル。様式とその例だけでなく、それぞれがなぜ成立したのか?なぜこの様式ではうまくいかなかったのか?現在どのようなところでそれが生きているのか?といったことを学ぶことができる。
一部成功しているように見える田園都市のような例も実はハワードの試みとは違った形であることなどもわかり、まさに「野望と誤算」といった感じである。

高層ビル群や民間不動産投資に特徴的な跛行的開発をコントロールすることができなかったモニュメンタルな都市。
都心に対する郊外の代わりとして提起された、ピクチャレスク原理を用いた自己充足的であったが、鉄道時代のハワードの構想が想定していなかった自動車の普及による都市機能の分散により、郊外と都心の従来の関係が弱まりクラスターが崩壊したことで、郊外化した大都市における交通問題を招いた田園都市。
不動産市場に対応して成長・変化し、過去の建築と断続された国際様式(インターナショナルスタイル)をもつ普遍建築(ユニヴァーサルアーキテクチャ)を標榜したが、都市の完全な再開発および単一で統一した建築上の表現での置き換えの正当性を示すことができなかった近代都市。
近代都市において不十分であった点を「都市デザインの総合的・権威主義的要素」と認識し、既存の都市域内部での密度増加を標榜して計画されたものの時代のニーズとずれてゆき、財政的な厳しさのほか、歴史的建築物の保全、コミュニティ参加、省エネルギー、自然環境保全といったイデオロギーに対抗できなかったメガストラクチュア。
都市デザインにおける公理としてのこれらのアイデアはさまざまな誤算に直面し破れ去ってきたが、それぞれの利点が生きる局面では現在でも用いられている。

著者はこの上で、『いま望まれるのは、目的をすべて満たす都市デザイン・コンセプトではなく、経済的・社会的変動のプロセスと都市デザインを統合する新しい方法である。』としている。
なぜなら、現在の世界において経済的社会的変動はあまりに早く、また活動・コミュニティ・異なる密度の開発など、含まれるものもあまりに多くなっているので、静的なパタンにより都市にひとつの形象を与えようとする取り組みは今まで以上に遂行が困難になっているからである。

都市計画という分野について、「変化の余地がある都市」ということを標榜した都市デザインにおける新たな論理体系を、このヒントを基に模索することが今後の課題になるだろう。変動のプロセスとデザインの統合ということがどのようなことなのかまだ理解できていないが…
しかし、これと同時に、ランドスケープや高度な交通シミュレーションなどの新しい知見による、科学的根拠に根ざした計画論を確立することも重要であると感じる(「これからの日本に都市計画は必要ですか」を参考)。

2015/01/06 12:10

投稿元:ブクログ

世界の都市計画思想の潮流をまとめた教科書。最低限の重要な概念が出てくるので最初の一冊にもよいが、その割にはそれぞれの概念に係る記述がやや詳しすぎる側面は否めない。
とはいえ、それぞれの思想の思惑や、それらがいずれも課題を抱えていたことの説明はクリア。野望と誤算、というサブタイトルが適切。

都市 ランキング

都市のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む