サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 21世紀開発の経済学 豊かさの本質を追求する成熟社会の開発事業 真の脱工業社会となる日本 開発を推進する21世紀の経済学とは

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

21世紀開発の経済学 豊かさの本質を追求する成熟社会の開発事業 真の脱工業社会となる日本 開発を推進する21世紀の経済学とは
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: メタモル出版
  • サイズ:19cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89595-257-6
  • 国内送料無料

紙の本

21世紀開発の経済学 豊かさの本質を追求する成熟社会の開発事業 真の脱工業社会となる日本 開発を推進する21世紀の経済学とは

著者 大貫 学 (著)

苫小牧東部をはじめとする大規模工業開発の頓挫、第三セクター方式の行き詰まり…。その失敗の根源は何か? 「開発」を経済学の視点から捉え、21世紀に求められる開発のありかた、...

もっと見る

21世紀開発の経済学 豊かさの本質を追求する成熟社会の開発事業 真の脱工業社会となる日本 開発を推進する21世紀の経済学とは

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

苫小牧東部をはじめとする大規模工業開発の頓挫、第三セクター方式の行き詰まり…。その失敗の根源は何か? 「開発」を経済学の視点から捉え、21世紀に求められる開発のありかた、日本の未来を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大貫 学

略歴
〈大貫学〉1950年生まれ。早稲田大学商学部卒業。(株)浜銀総合研究所研究開発部部長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

工業社会から脱工業社会へ。バブル崩壊の主役となった「開発」を,経済学の視点から分析する

2000/10/06 15:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高度成長期,日本経済を支えてきた大きなファクターのひとつが,ゼネコン的な大規模開発である。周知の通り,その方法論はバブル崩壊によって空洞化し,極端に力を失った。本書は,この大きな転換を経済学の視点から分析し直し,その延長としての21世紀を予見している。
 ポイントは,本書の提示する経済史の大分類である。狩猟社会に始まり,定住し生産する農耕社会へ,産業革命を経ての工業社会,そして,今まさに迎えんとしている「脱工業社会」。脱工業社会とは,すなわちソフト化社会--情報やサービスに経済の基盤を置く社会のことである。
 バブル崩壊を契機として,21世紀,まさにわれわれは脱工業社会に向かおうとしているのだが,本書の分析は,見かけほど単純ではないその変遷に鋭いメスを入れる。すなわち,日本における本当の意味での工業社会は,1975年に終わっており,以後,そのシステムから脱却できないままに続いた「脱工業社会移行期」,バブル崩壊の結果として迎えた「転換期」を経て,これからようやく真の脱工業社会を迎える,というのである。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

地域社会・地域開発 ランキング

地域社会・地域開発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む