サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. コトラーの戦略的マーケティング いかに市場を創造し、攻略し、支配するか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コトラーの戦略的マーケティング いかに市場を創造し、攻略し、支配するか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/370p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-50176-9
  • 国内送料無料

紙の本

コトラーの戦略的マーケティング いかに市場を創造し、攻略し、支配するか

著者 フィリップ・コトラー (著),木村 達也 (訳)

世界の大企業の戦略に大きな影響を与えてきたコトラーの経営幹部向けマーケティング・セミナーのエッセンスを初公開。グローバリゼーションとインターネットがもたらす新たな機会のた...

もっと見る

コトラーの戦略的マーケティング いかに市場を創造し、攻略し、支配するか

2,376(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界の大企業の戦略に大きな影響を与えてきたコトラーの経営幹部向けマーケティング・セミナーのエッセンスを初公開。グローバリゼーションとインターネットがもたらす新たな機会のための最新の戦略と戦術を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

マーケティングとは顧客満足のための経営戦略でなく,企業にとっても利益のあがるシステムであると説くビジ

2000/10/06 15:15

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:八巻 俊雄 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マーケティングは消費者志向の経営戦略である解釈されてきた。ところが,本書ではマーケティングは必ずしも消費者志向だけではないと主張する。
 かつて,ピーター・ドラッカーは1683年に開業した越後屋(今の三越)を取り上げた。マーケティングのはじめは越後屋の「現金掛け値なし」という引き札を江戸中に撒き,かつ「クレームに対しては即座に返品に応ずる」といったことであるといった。
 世界で最も利益率の高いスーパー・マーケットのひとつを経営しているスチュー・レオナルドのニューヨーク市郊外にある店舗を訪問する機会があった。同社には次のような規則がある。
 規則1: 顧客はいつも正しい。
 規則2: もし顧客が間違っているならば,規則1に戻ること
と本書に書かれている。これはマーケティングの大原則,「顧客志向」ということだ。しかし,コトラーはすべての顧客が大切なことは間違いないが,ほとんどの企業にとって,ある顧客はそれ以外の顧客よりも重要な存在であるという。顧客を平等に扱っていないのである。利益のあがる顧客とそうでない顧客を分類する方法を説いている。顧客の最近の購買時点,購入頻度,購入総額によって分類し,個々の顧客の利益率について測定する方法を見つけなければならないというのだ。したがって,「マーケティングとは利益に結びつく顧客を見つけ出し,これを維持し,育てる科学であり,機能であると定義することができる」ということになる。
 このように,本書の戦略的マーケティングは,今までのマーケティングの教科書にない企業にとって見逃すことのできない説得力のある内容を含んでいる。ときには激しすぎて,本当にこれでよいのかという気持ちにもなる。
 第1章から,「技術革新はデジタル化に始まる」とし,テクノロジーの進歩,グローバル化,民営化による21世紀のマーケティングは大変身する。確かに,今始まったIT革命,デジタル放送の開始による通信と放送との融合など,生産形態が大量見込み生産から大量受注生産に変わりつつあるのに応えて,マーケティングもマスとしての顧客でなく,一人一人を対象に考えて行かなければならなくなった。
 このような環境の変化に応じて,コトラーは今までのマーケティング成功の決まり文句を次々に否定し,マーケティングの正解は一つではないという。生産プロセスと同じくマーケティング・システムも一人一人に対応できるような仕組みを作らなければならないという。顧客を失った原因を精一杯努力して見つける。
 もちろん,今までのマーケティングをすべて否定しているわけではない。市場調査によって顧客の需要を見つけ出すことから,マーケティングが始まることに変わりはない。しかし,この需要の発見の仕方にも新しい工夫が必要でありこれを紹介している。コトラーの名はマーケティングと同義語というが,日本企業も含めて多数の企業の事例もふまえていることが何より説得力を高めている。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/29 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/17 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/07 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/07 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/27 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/26 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/03 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/19 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/18 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/17 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/04 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/09 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/15 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む