サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 雑学・その他
  5. 祥伝社
  6. 祥伝社黄金文庫
  7. 日本史から見た日本人 昭和編 「立憲君主国」の崩壊と繁栄の謎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本史から見た日本人 昭和編 「立憲君主国」の崩壊と繁栄の謎(祥伝社黄金文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社黄金文庫
  • サイズ:16cm/497p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-31202-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

日本史から見た日本人 昭和編 「立憲君主国」の崩壊と繁栄の謎 (祥伝社黄金文庫)

著者 渡部 昇一 (著)

日本史から見た日本人 昭和編 「立憲君主国」の崩壊と繁栄の謎 (祥伝社黄金文庫)

771(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

日本史から見た日本人・昭和編

648 (税込)

日本史から見た日本人・昭和編

ポイント :6pt / 紙の本より123おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「統帥権干犯問題」を軸とする一つの読解法

2003/10/11 23:46

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北祭 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昭和史には謎がある。なぜ大東亜戦争などしたのか。当時の日本のリーダー達だって、日本と英米の国力差くらい分かっていたはずである。どうも昭和になるとわけのわからないことが多すぎる。—著者は、こんな疑問を40年間も頭でこね回していた。そして“日本がおかしな行動を取り出すのは昭和5年を堺にしていること”に気付いたのだという。では昭和5年に何があったのか。

 —統帥権干犯問題があったのである。p.9—

 「統帥権」とは軍隊の最高指揮権のことである。明治憲法・第十一条の天皇大権は「統帥大権」、第十二条の天皇大権は「編成大権」と言われていた。つまり、行政・立法・司法の三権分立に加えて軍部は別だとする四権分立ということが可能となる。「編成」は予算が絡むので内閣や議会から完全に独立はできないが、「統帥」となれば軍の作戦そのものであって政府や議会とは関係なくやれることになる。
 ロンドン条約(昭和5年)で日本の軍艦が削減されることになると、軍人の中でこれに反撥する者が出た。軍縮の条約を政府が結ぶとはなにごとか—これは統帥権の干犯だ—というわけである。とんだ屁理屈だと著者はいう。しかし、軍部が勝手にやり出す昭和の悲劇がここに始まる。
 明治憲法に“致命的欠陥”があったのである。なぜそのような憲法になったか。著者は当時の憲法を作った人たちの事情、その後の成り行きを緻密にかつ明快に解いていく。

 さらに「統帥権干犯問題」は3つの外圧によって噴出したという。
 その外圧とは、第一に「アメリカの日系移民排斥問題」である。日本は、これによって人種的に徹底的な差別を受けていることを知らされる。これには従えぬという国民感情が出た。
 第二に「アメリカの保護貿易のため、世界中が底なし不況に陥ったこと」である。イギリスなどのような広大な植民地を持つ国はブロック経済圏を作ることとなる。この様な状況で日本はどうなるか。その一方、大不況はマルクスの予言を証明するごとくであった。日本では、天皇を戴く社会主義・共産主義が軍官僚や新官僚に浸透しだした。
 第三に「シナ大陸における度重なる排日・侮日運動」である。これによって非帝国主義的な幣原外交が不可能となった。

 本書は数多ある大東亜戦争突入の謎についての「統帥権干犯問題」を軸とする一つの読解法といえる。“明治憲法の欠陥”が時代の推移と共に“制定趣旨”を越えて国家迷走の要因となった。この歴史解釈の波紋は、今の日本にとって憲法というものが如何にあるべきなのか改めて問う高波となって押し寄せる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第五次国体変化への道程

2004/05/08 08:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉田松陰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 渡部氏の定義に従えば我々は現在、第五次国体変化後の世に生きていることになる。第五次国体変化とは「敗戦とマッカーサー憲法」のことであり、この本は敗戦に至る過程を解き明かすことに主眼を置いている。
 大局的に見ると第二次世界大戦は人種差別、宗教差別、植民地主義、(共産主義を含む)全体主義がもたらしたカタストロフィーであったが、戦後処理にも多くの問題が見受けられる。これら戦前の諸問題、そして戦後処理がもたらした諸問題は現在、平成の世に生きる我々にも「直接」引き継がれているのであるから、著者が昭和天皇のご病気に際して自分なりに昭和史を総括したように我々もまた昭和という一大転換期に対して真摯に向き合う必要がある。
 日支事変及び日米開戦に於る日本側の問題は一言で言うと、行政が軍部を(上層部から中級将校に至るまで)統率することが出来なくなったことにあり、それは明治憲法の欠陥に由来する。その点はマッカーサー憲法では是正されているのだが、元来、日本弱体化を主眼に起草されている上、急ごしらえである。「不磨の大典」とされた明治憲法の、起草時に誰も気づかなかった欠陥が日本を戦禍に導いたように、将来マッカーサー憲法が日本に破滅をもたらす恐れもある。
 現在の第六期ともいうべき国体の得失について多くは語られていないが、統帥権干犯問題は是正された。世界に目を向けると、人種差別は随分軽減された。自由貿易が主流となった。共産党は信頼を失った。宗教問題は残っているが、戦前日本が苦慮した問題は中国共産党を除いてことごとく改善されている。「戦前の世界が戦後の世界のようであったならば、日本が戦争に突入する必要はなかったであろう」が、これは、日本の敗戦によって日本が支那大陸で果たしていた役割をアメリカが引き継がざるを得なくなったことと、日本軍の奮闘によってアジア諸国の独立が促進されたことが大きく影響している。日本の敗戦は決して無駄ではなかった。
 しかしこの「昭和編」、「古代編」「鎌倉編」とは対照的に、頁をめくるごとに歯がみさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/17 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2003/09/26 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/08 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/22 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

祥伝社黄金文庫 ランキング

祥伝社黄金文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む