サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 名句歌ごよみ 冬・新年

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

名句歌ごよみ 冬・新年(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-346804-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

名句歌ごよみ 冬・新年 (角川文庫)

著者 大岡 信 (著)

名句歌ごよみ 冬・新年 (角川文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

名句 歌ごよみ[冬・新年]

551 (税込)

名句 歌ごよみ[冬・新年]

ポイント :5pt / 紙の本より149おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歌を「読む」楽しみを知ることができる本

2001/01/10 23:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:碧氷 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 角川文庫 「名句 歌ごよみ」は、「春」、「夏」、「秋」、「冬・新年」、「恋」の5シリーズで構成されている。筆者(および歌の選者)は、朝日新聞の「折々のうた」などでお馴染みの大岡信氏。4つの季節と「恋」というテーマに沿って、日本の名句・名歌が古典から近代まで、幅広く紹介されている。歌のジャンルも、短歌、俳句はもちろんのこと、俳諧付句、連歌、漢文詩、地方の歌謡など多岐にわたっており、まさに「名句 歌ごよみ」のタイトルにふさわしい。

 近年、俳句や短歌がちょっとしたブームになっているが、歌というのは「詠む」よりも、「読む」ことの方が難しいように思われる。歌を「詠む」ための程良い教本は多々あるが、この「名句 歌ごよみ」シリーズは、歌を「読む」楽しみを自然体で教えてくれるものだと感じた。各シリーズ共、大岡氏の膨大かつ強固な知識に基づいて選ばれた名句が並んでおり、また歌に付された1ページの解説は、平易かつ的確な内容と、歌を「読む」楽しさのエッセンスが凝縮されている。歌の現代語訳が書いてあるわけでもなく、短い解説になるとほんの6行ほどで終わっているのだが、各歌の魅力が存分に引き出されているのは、まさに見事というよりほかにない。私は短歌や俳句に強い興味はあるが、「詠んだり」、「読んだり」する事に関しては、まったくの素人である。それでも各歌について必要な理解が得られ、歌や句を「読む」ということのコツと奥深さを十分に知り、楽しむことができた。また「読む」ことを知ることによって、歌を「詠む」際のヒントにもなり得るものである。


 「冬・新年」というシリーズでは、「冬・新年」という季節から、「時雨」、「雪」、「氷」、「正月」、「鴨」という季題がピックアップされ、各季題ごとに章分けがされている。1つの章ごとに完結された内容になっているので、読んでいる時の季節や気分に合った章を選んで読むという楽しみ方もできる。1つの章は、6ページ前後の概要で始まり、その後、各季題にちなんだ(必ずしも季題と同じではない)歌や句が40ほど、1ページに一つずつ紹介されている。この構成については、他の季節のシリーズでもほぼ同様である。一例をあげると、「雪」という章の「更くる夜や炭もて炭を砕く音」という句は、「夜更け、火鉢に火をつぐため、炭を炭でたたいて折る。高く響く音に、冬の夜のひきしまった寒さがある。」といった解説がついている。それぞれの歌・句に込められた詠み手の心情や、詠み出された風景、その色・音・香りの美しさなどが簡明な言葉でつづられている。意味を解説しているだけでなく、詠み手や出典された歌集の解説、時代背景などについても書かれており、日本の歌の入門書としても適当だと思われる。

 全体を通して、特定のジャンルや時代にとらわれることなく、与えられる情報量も適当で非常に読みやすい。肩肘張らずに、素人でも歌や句を楽しむことのできる良書であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/01 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る