サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 日本の金融技術は遅れていない 数学を使わずにまとめた金融技術の本質

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の金融技術は遅れていない 数学を使わずにまとめた金融技術の本質
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-492-71130-9
  • 国内送料無料

紙の本

日本の金融技術は遅れていない 数学を使わずにまとめた金融技術の本質

著者 大野 克人 (著)

悲観するな金融マン諸君。日本で解決できない課題の多くは世界の大多数の金融機関にとっても未解決である。長年金融実務に携わった経験をもとに、多様で革新的な最新金融技術の実際と...

もっと見る

日本の金融技術は遅れていない 数学を使わずにまとめた金融技術の本質

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悲観するな金融マン諸君。日本で解決できない課題の多くは世界の大多数の金融機関にとっても未解決である。長年金融実務に携わった経験をもとに、多様で革新的な最新金融技術の実際と将来像を熱く語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大野 克人

略歴
〈大野克人〉東京大学経済学部卒業。興銀第一フィナンシャルテクノロジー(株)社長。著書に「金融常識革命」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

「米国流」の限界と問題点を探り,日本流の金融技術と金融機関のあり方を考える

2000/10/13 00:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 デリバティブ理論やリスク管理に代表される「金融技術」は,80年代から90年代にかけて米国の金融業界で実用化された。金融の自由化の流れの中で,この分野に関する日本の「遅れ」が取りざたされている。しかし,本書の筆者は金融マンとしての豊富な経験から,「日本は遅れていない」と断言する。
 その理由として,筆者は3つの視点を提示している。個々の金融技術を検証していくと,顧客サービスの観点から見て米国型には乱暴な手法が少なくない。その意味では日本の技術の方が進んでいる分野もあるというのが第1の理由。2番目の理由として,たとえ技術的な側面が遅れていたとしても,場面ごとの判断が的確であればサービスの水準は低いものにはならないという視点を挙げている。また,金融技術の拠り所は,各国の経済体制の歴史や観光に依存しており,どの金融技術をどの程度採用するかは,それぞれの経済圏で相違して当然であるという思想が,第3の理由だ。特に第3の視点は注目に値する。
 この発想法は金融技術に関する議論にとどまらない。グローバル・スタンダードの潮流に一喜一憂する多くの日本人に対する「もっと自信を持て」というエールは,こうした時代であればこそ,あらゆる経済分野で必要な思想なのかもしれない。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む