サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

貴船菊の白
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-53376-9

紙の本

貴船菊の白

著者 柴田 よしき (著)

待ち続けて、待ち続けて。野に咲く花のようにたおやかに、秘やかに…。殺人、裏切り、白昼夢、そして恋。古都・京都を舞台にサスペンスフルに綴る、初の作品集。書き下ろし作品を含む...

もっと見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

待ち続けて、待ち続けて。野に咲く花のようにたおやかに、秘やかに…。殺人、裏切り、白昼夢、そして恋。古都・京都を舞台にサスペンスフルに綴る、初の作品集。書き下ろし作品を含む全7編。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

貴船菊の白 5-42
銀の孔雀 43-80
七月の喧噪 81-122

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉1959年東京都生まれ。青山学院大学卒業。「Riko」で第15回横溝正史賞を受賞。著書に「象牙色の眠り」「星の海を君と泳ごう時の鐘を君と鳴らそう」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『幸せの方角』

2001/05/20 17:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:seimei - この投稿者のレビュー一覧を見る

 京都を舞台に題材にした短編集。柴田さんの描く京都は、人の男と女の艶と涼、情念が古都の風習と生活と絡まりあって、見てきた景色、見ていない景色と、女の生きる場所、男の死すべき処を暗示させる、艶やかで官能的な灯が点る場所だ。
 僕が感銘を受けたのは『幸せの方角』という作品。吉田神社の節分祭を見に来た作家が、むかし編集者をしていた男と出会う。ふたりは酒を飲み交わしながらむかしの話に興じ、作家が愛した一人の女性との過去に行き着くが、そこから臆病な三人の恋が顕れるのだった。人の気持ちを慮ってしまう故に恋を告げられない男、不器用に夫を愛し続けた女、意地ゆえに我を張り一人の女を傷つけた男、みな不器用で臆病で、求める幸せの方向性を違えてしまった。恋し、傷つき、失い、生きていく、京都の桜を見上げ、巻き寿司を食べながら、また幸せを求め歩んでいく。そう人は歩んでいくのだ。何かを見上げながら。共に…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/04 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/09 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む