サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 中央経済社の通販
  6. マーケットサイド・ディスクロージャー 市場指向の企業情報開示の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マーケットサイド・ディスクロージャー 市場指向の企業情報開示
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 中央経済社
  • サイズ:22cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-502-17613-3
  • 国内送料無料

紙の本

マーケットサイド・ディスクロージャー 市場指向の企業情報開示

著者 久保 幸年 (著)

証券市場に対する情報提供ルートを取り上げ、わが国におけるディスクロージャーの構造を明らかにするとともに21世紀における課題を考察。『企業会計』連載の「ディスクロージャーの...

もっと見る

マーケットサイド・ディスクロージャー 市場指向の企業情報開示

3,672(税込)

ポイント :68pt 2%

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

証券市場に対する情報提供ルートを取り上げ、わが国におけるディスクロージャーの構造を明らかにするとともに21世紀における課題を考察。『企業会計』連載の「ディスクロージャーの構造とあり方」に加筆、修正したもの。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

久保 幸年

略歴
〈久保幸年〉1949年長野県生まれ。早稲田大学商学部卒業。東京証券取引所に入所。現在、同上場審査部長、公認会計士。著書に「適時開示の理論と実務」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

東証上場審査のプロが,証券市場における情報開示のあり方を徹底検証

2000/10/06 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マザーズ,ナスダック・ジャパンの創設,インターネット株取引の急増など,わが国の証券市場は大きな変革の波にさらされている。いまや,証券市場は一部特定の者の取引や利益に資するということではなく,広く国民共有の財産として,その機能を発揮していくことが求められている。
 では,証券市場がこうした機能を果たすためには何が必要なのか。東京証券取引所上場審査部長である筆者は,市場が市場として機能するためには,投資対象に対する情報が,投資者が自らの判断に責任を負って当然とされる程度に提供されることが大前提であり,換言すれば,ディスクロージャーが的確に行われて初めて,投資者が投資判断の自己責任を受け入れる素地が整うという。
 本書はこうした点を踏まえ,証券市場に対するわが国のディスクロージャーがどのような構造のもとで行われているかを明らかにするとともに,21世紀でのディスクロージャーのあり方を提言している。ディスクロージャーとは,まさに証券市場の重要なインフラなのである。非常に専門的な内容であり,決して一般向きではないが,長年上場審査に携わった筆者ならではの視点が随所に盛り込まれた労作である。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

会計 ランキング

会計のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む