サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使の屍(角川文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 79件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-354101-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天使の屍 (角川文庫)

著者 貫井 徳郎 (著)

天使の屍 (角川文庫)

648(税込)
30%OFF 5/25まで

天使の屍

通常 605

423 (税込)

天使の屍

ポイント :3pt / 紙の本より225おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー79件

みんなの評価3.2

評価内訳

2006/06/14 21:53

投稿元:ブクログ

★久々に「読むんじゃなかった」と嘆息した本。いや、面白くないんじゃなくて。むしろ面白い。
 ただ、何が読んでてつらいかってーと、自分の中学時代を思い出しちゃうんだな。岩井俊二の映画『リリィ・シュシュのすべて』と並んで「良かったけど個人的に二度と触れたくない作品」殿堂入り。
 作中で主人公を惑わす「子供の論理」は確かにいささか冗漫だし、「こんな子供、実際はいるわけねぇよ」と言う読者さんも多いと思うが、多分それは普通かちょっと幸せなミドルティーンを過ごされたかたなんじゃないかと。
 ワシの中学時代はホントこんな感じのガキンチョがゴロゴロしてたね。……自分自身も含めて(-_-;) ←だからこの不快感には自己嫌悪も混ざってるわけだ。
 子供の世界は大人の世界よりダークですぜ。モラルが未形成な分だけ、余計に。

2004/09/29 11:22

投稿元:ブクログ

「学歴だけが、生きていく上で必要なわけじゃないよ。現に私も、画才で食っている。生きていこうと思えば、どんなことをしてでも生きていけるんだ」
「それはおじさんたちの世代の話でしょう。ぼくたちは違うんだ。ひとつでも間違いを起こしたら、もうその時点でアウト。それがぼくたちに与えられた、厳しいルールなんだから」

2004/10/04 15:54

投稿元:ブクログ

14歳の少年が次々と自殺して行く。息子の自殺の真相を知るために動いた父が知ったものは・・

多分、初版が出たときには、
共感される人が少なかったのではと、勝手に考えている。
14歳の少年達が見る世界と
大人が見る世界が、必ずしも
一致するわけではない。
いや、むしろ違って当然なのか
もしれない。大人と子供の両方の視点での心理描写が上手い。

2004/11/02 13:32

投稿元:ブクログ

少年モノを読んでみやう!と『うつくしい子ども』と共にお買い求めてみたですよ。
ご子息に自殺されたお父さまが「なぜに!?」とな、真相を追い求めるです。
まーまー、真実は知ったものの、なんだかなあ。だったのよねぇ。やむなし。

2006/11/12 05:31

投稿元:ブクログ

2006年11月11日読破!学校近くの図書館の持ち込み・持ち出し自由コーナーに置いてあったのが気になったので持って帰り、読んでみたら面白かった!事件が起こる背景が緻密に組まれているのと、読んでいるうちに次々と絡み合った紐が解けていく感じがイイ(゜∀゜)!!!

2005/04/23 23:03

投稿元:ブクログ

タイトル買いだったか、あらすじ買いだったか。どちらにしろちょっとした好奇心で購入。
ミステリーと分類するのもためらったが、解説にミステリーと書いてあったのでここに。
途中登場人物の性格が都合よく変わっていくのに違和感を覚えるが、話としては面白かった。伏線の張り方があまりにみごとで出来すぎとも思える程。

2013/08/15 17:14

投稿元:ブクログ

 中学2年生の息子がマンションから飛び降り自殺をした。それも「自殺する奴は馬鹿だ」と言った直後に――。
 そんな息子が自殺するということに疑問をおぼえた父は、生前息子と親しかった友人たちを訪ねて真相を知ろうとする。

 中学生という多感な時期にどんな世界に取り囲まれているかということは本人にとっては重要で、そのくらいの歳の頃はそれが世界のすべてに思いがち。実際には小さな世界で生きていて、今がどんなに辛くてもきっと大丈夫だってことを子供に伝える術はないものかと思った。

2006/06/12 17:28

投稿元:ブクログ

こちらの本は特に地味な方に入ると思われますが(伏線少な目)“中学生の自殺”をテーマにした長編ストーリーは、ありきたりのテーマのように思えて、先が気になってぐいぐい惹きつけられる不思議な魅力を持っています。

2005/05/11 01:27

投稿元:ブクログ

大学でソレっぽいことをやっていたので読んでみた。
ショートショートを中学校の頃から読んでいた僕にとっては、オチがイマイチ。
ま、面白かったけど。

2005/04/22 22:17

投稿元:ブクログ

久しぶりの貫井徳郎。

中學校2年生が立て續けに3人、飛び降り自殺。
自分の息子が自殺したとはどうても思へない父親が、眞相を探るべく息子の友人たちに話を聽いて廻る。
そして、その友人たちが次々と死んで行く状況の中で眞相が遂に明らかになる・・・

自殺した息子の父が妻に向かつていふセリフ。
「(略)父親といふ立場は、默つてゐてもなれるものぢやない。父親であらうと努力をしなければ、本當の父親にはなれないんだよ。」
いまどきの父親達に讀ませてやりたい。

讀んでゐて、中學生があまりにもしつかりし過ぎてゐると感じた。
そのしつかりし過ぎてゐる中學生が自殺する理由に、はたして讀者諸氏は納得できるだらうか?
やや創り過ぎた感じがする。

2003年6月3日讀了

2006/03/14 16:26

投稿元:ブクログ

スピード感があり一気に読めた。おもしろかったけど、「慟哭」のようなビックリする展開もなく。あまり現実味のある話ではなかったです。(2006/3/7)

2005/10/25 00:09

投稿元:ブクログ

とにかく生きる為に必要な尊厳と何かを考えさせられる作品。たとえ親子であろうと人と人が完全に理解し合う事など不可能なんだなぁとしみじみ考えてしまいます。

2006/05/11 20:58

投稿元:ブクログ

 イラストレーターとして活躍する青木、その妻の美保子、そして14歳になる息子の優馬。どこにでもある普通の一般家庭のはずだった。が、ある日突然優馬がマンションの上から飛び降り、死んだ。意味深なメモが残っていたことから自殺が疑われたが、青木も美保子も全く心当たりがない。優馬は成績も優秀で、親を困らせるような子でもなかったのだ。しかしながら、解剖の結果、体内からLSDが検出される。青木は優馬と親しくしていた友人たちに話を聞いてまわった。すると間もなくして、その友人達も次々に高いところから飛び降り死んでしまう。

 青木が優馬の友達や担任などに話を聞いて死の真相に迫るというのがこのストーリーの大筋ではあるが、話を聞くたびに青木は「そんなことで・・・?」と驚愕することになる。大人にはわからないことで子供は悩み、理解できない思考回路で行動する、作者のいう「子供の論理」というのはよく書かれているし、なるほどなぁと思った。ここに出てくる少年・少女達はすごくすさんで見えて、子供っぽい子供は誰一人として出てこないし、真相も最後にはその子供の口によって明かされるのだが、今の世の中を考えると、特に「衝撃」とも感じなかった。最後の青木の行動は今後彼にとって吉と出るのか凶と出るのか。この話は今から10年前に書かれたものであるが、今のこの世の中なら青木が同じ行動をとったかどうかわからないと思う。世の中歪んでるからなぁ(^^;

2006/04/05 21:57

投稿元:ブクログ

「苛められて自殺する奴なんて、馬鹿だよ。そんなつまんないことなんかで死んで、どうするんだよ」
ニュースを見て、そう言った青木の息子・優馬が、わずかその数十分後に、マンションの屋上から転落し、死亡した。
自殺と信じられない青木は、優馬の友人に会い、真相を探ろうとするが、その友人もまた…。
最後に青木が知った驚愕の真相とは?

貫井氏作品にハマっていた2003年10月頃に1度読んだ作品。
今回、再読して改めて思いましたが、「後味が悪い」。
まぁ、事件の真相自体は面白くない事もないんですけどねー。

2006/03/22 08:50

投稿元:ブクログ

普通のミステリー作品といった感じです。
同著者の「慟哭」の読みやすさに惹かれて読んでみたのですが、そこまでのインパクトはありませんでした。
ボリューム300ページ弱と、さっと読める手ごろさなので、ちょっと時間のあるときのリラックスにはちょうどいいといった感じです。

読後感は「あ〜・・・んなことないやろ」