サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

薔薇の荘園(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1978
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010267-8
文庫

紙の本

薔薇の荘園 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 トマス・バーネット・スワン (著),風見 潤 (訳)

薔薇の荘園 (ハヤカワ文庫 SF)

713(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

火の鳥はどこに
ヴァシチ
薔薇の荘園

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

やっと復刊してくれた!見逃すにはもったいない良質ファンタジー!

2001/01/17 05:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mamin13 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 歴史上の史実、伝説をベースに編まれた神話ファンタジーの傑作!出版はハヤカワSF文庫になっているが、これは初版当時ハヤカワFT(ファンタジー)文庫がまだなかった為でもうちょっと遅い出版なら間違いなくFT文庫に収録された作品(SFだと思って買わないように!)。
 つい最近まで絶版で入手困難だったが 「読んでみたいハヤカワ文庫の名作」 の第3位に選ばれ、やっと復刊の日の目をみた傑作中編集である!

「火の鳥はどこに」
 舞台は紀元前8世紀のローマ。ローマ建国の伝説的な主役として有名な双子の兄弟、ロムルスとレムスが主人公として登場する。物語を語るのは牧羊神(ファウニ族)のシルウァン。愛らしいこの半人半獣のシルウァンや美しい木の精霊など幻想と史実が融合された詩的な作品。

「ヴァシチ」
 古代ペルシャを舞台に幽鬼(ジン)の疑いをかけられ国を追放される女王と小人の不思議な物語が展開される。闇と光の戦いをモチーフにしたアラビアの幻想世界が描かれている。

「薔薇の荘園」
 13世紀初頭のイギリス。十字軍に憧れるふたりの少年が森で出会った少女を天使と思い込み、導かれるように聖地までの旅に赴く。不思議な深い森の中には恐ろしいマンドレイク族(食人鬼)が生息している。傷を負い、たどり着いたのは美しい薔薇が一面に咲き誇る「薔薇の荘園」であった………。

どの作品もそれぞれに魅力がありかなりの良質ファンタジー!
少しドキリとさせられた表題作の「薔薇の荘園」が私の一番のお気に入り♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神話ファンタジーの正統派

2001/03/16 11:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なたね - この投稿者のレビュー一覧を見る

 淡々と語り口調で進む流れは、まさに正統派。無駄な修飾詞のない、透明感のある文体は慣れると病みつきになるかもしれない。その分、登場人物に感情移入が出来にくいので、読後感は軽い印象になってしまうのは、まあしかたない。

 3話から成るこの作品、舞台がローマ、イスラム、イギリスと、それぞれの地域に語り継がれる「伝説」がモチーフになっていて、ある程度元の話の知識が合ったほうがおもしろいかもしれない(特に、第二話)。
 もちろん、なんの前知識がなくとも、難解ではないけれども、私は読んだ後あちこちの伝承物語を、いろいろ探してしまった。

 あとがきを読むと、作者はもう亡くなっているとのこと。このような文体の作品は久しいので、惜しく思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/06 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/23 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。