サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

駆逐艦キーリング(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980.4
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/339p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-040222-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

駆逐艦キーリング (ハヤカワ文庫 NV)

著者 セシル・スコット・フォレスター (著),三木 鮎郎 (訳)

駆逐艦キーリング (ハヤカワ文庫 NV)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

コーヒーはブラックで

2003/02/01 13:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第二次大戦の通商破壊戦に興味がある、あるいは駆逐艦という艦種が好き、もしくは極限状態における等身大の人間ドラマが読みたいという者は本書を手に取るべきだ。作者はセシル・スコット・フォレスター。ホーンブロワー・シリーズで有名な海洋冒険小説作家だ。
 話そのものは単純だ。大きな戦いが描かれているわけでもない。クラウス中佐が率いる数隻の艦隊が輸送船団を護衛して、イギリスまで航海するほんの数日の物語だ。けれどもクラウス中佐の視点でじっくり描かれている文章を読み進むうちに、まるで自分自身が<キーリング>の艦橋に立っているような気にさせられてしまう。
 傍受されるUボートのものらしき無電、雷撃され沈む輸送船、護衛艦は数が足りない上に次第に燃料や爆雷が不足し始める。クラウス艦長は寝食を忘れ、座ることさえ忘れ指揮をとり続ける。艦長席の上にはいつのものか、食べかけのベーコンエッグの皿が置きっぱなしで冷たくなっている。トイレにも行きたいが、今艦橋を離れるわけにはいかない。レーダーは不調だ。直るのか? いったん分解しないといけない? トイレに行きたい…。
 艦長がつかの間の休息をとる時間を見つけられると読者も思わず息をつき、当番兵が熱々のコーヒーを持って現れると自分も思わず一服したくなる。そしてまた夜が来る。読み進む手は止まらない……。
 やはりフォレスターは上手い。面白い。ただし夜中に読んではダメだ。お腹が減ってくる。熱いコーヒーにベーコンエッグ、できればアイスクリームもつけたくなってくる。困った話だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/12/29 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む