サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1024-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1984/06/06
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-158639-4
文庫

紙の本

沢木興道聞き書き ある禅者の生涯 (講談社学術文庫)

著者 酒井 得元 (著)

沢木興道老師の言葉には寸毫の虚飾もごまかしもない。ここには老師の清らかに、真実に、徹底して生きぬいた一人の禅者の珠玉の言葉がちりばめられてある。仏教学や禅学を知らなくても...

もっと見る

沢木興道聞き書き ある禅者の生涯 (講談社学術文庫)

税込 1,078 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

沢木興道老師の言葉には寸毫の虚飾もごまかしもない。ここには老師の清らかに、真実に、徹底して生きぬいた一人の禅者の珠玉の言葉がちりばめられてある。仏教学や禅学を知らなくても、人生をいかに生きようかということを考えたことのある人に対して、本書は必ず何かを与えてくれる。簡単な一つの言葉が無限の重みをもって読者の心に迫るであろう。そこにこそ本書の大いなる価値があると、私は固く信ずるものである。(解説より)【商品解説】

目次

  • 1 途方にくれた少年時代
  • 2 遍歴時代
  • 3 生と死の間を行く
  • 4 寝食を忘れて勉強する
  • 5 絶対に妥協しない生活
  • 6 自然児の豪傑にかこまれて
  • 7 何ものにも捉わらぬ自己
  • 8 真実に生きるもの

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

陽気な禅のナードともいうべきお方

2008/01/06 20:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 地元の古書屋で 何の気なしに買った。年末のクリスマス色 一色な中でこの稀代の禅僧の半生記に 言葉通り読み耽った。

 本書を読んでいると 宗教家というのものは「陽気なオタク」でなければ勤まらないということが良く分かった。実際 人の来ない山寺で三年間も座禅を組んでいられるというような人を 現在の日本で探すとしたら 家にこもってプログラムを作っているようなナードといわれる人達が一番近いと思う。座禅オタクというと いささか著者に失礼だと思うが おそらくそれが一番近いのではないか。

 但し 僕は「陽気な」という形容詞を付けた。

 本書を読む限り 沢木という方が 非常に「陽気」であることが良く分かる。底が抜けたかのような「明るさ」が随所に光っているからだ。その「陽気さ」が 強い磁力を発して 周りの人をひきつけて行く様が手に取るように読める。いや 耽読していた僕自身が そんな磁石にひきつけられた「砂鉄」の一つであることに気がついて 苦笑したくらいだ。

 僕は思うのだが カリスマ性を持つ宗教家は 必ず楽天性が必要だ。

 本書で描きだされる沢木という方の むちゃくちゃな人生は 楽天性に満ちている。本当はとてつもない苦労をされたはずなのだが 沢木という陽気なオタクが 天真爛漫に語っているのを聞くとそんな苦労も笑ってしまうからだ。自分の苦労を人に話す事が好きなお方は多いがそれで「笑い」が取る方は少ない。また そこまで出来る方は 実に強靭なユーモア精神と自信に満ちているのだと思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

反骨ながら真剣な人生を指南する書。

2004/11/21 23:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由良 博英 - この投稿者のレビュー一覧を見る

沢木興道老師(1880−1965)の語りを、その弟子酒井氏が聞き書きした半自伝にして、反骨ながら真剣な人生を読者に指南する書でもある。日露戦争で徴兵された折りには、塹壕で震える上官を殴り飛ばす。あるいは空漠な理屈に耽る僧たちの厳めしい顔に、放屁ひとつで批評する。こんな坊主は今日いまい。老師は生涯、妻も寺も持たず、ただ坐禅をつづけた。卑俗な常識の世界を超えた逸話に驚かされ、愉快に心の浄化される妙味溢れる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/28 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。