サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

湖中の女(ハヤカワ・ミステリ文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

湖中の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 レイモンド・チャンドラー (著),清水 俊二 (訳)

湖中の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

886(税込)

湖中の女

670 (税込)

湖中の女

ポイント :6pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

<ピューマ湖は両端と中央に銃を持った警備兵がいた>

2015/11/06 15:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

いかにもそうあるべき謎があり、いかにもそうあるべき真犯人がいる。『湖中の女』はフィリップ・マーロウが活躍する長編小説群の中でもっとも探偵小説らしい探偵小説だ。時代背景さえうまく作り替えれば、日本の二時間サスペンスドラマにしてもいいぐらいだ。
 第二次世界大戦まっただなか、冒頭から供出の描写で始まる。

>トレロア・ビルはいまとおなじオリーブ通りの西がわの、六番通りに近いところにあった。ビルの前の歩道には黒と白のラバー・ブロックが敷かれてあった。政府に供出されるためにそれが取り除かれていて、いかにもビル管理人といった顔の蒼白い無帽の男が自分が痛い目に遭っているような目つきで作業を見つめていた。

 ほう、アメリカにも供出があったのか、と私は思ったのだが、後の方で、やっぱり、それでも日本とは違って余裕があったんだ、と思い直した。

>アスレチック・クラブはトレロア・ビルから半ブロックほど行ったところの向こうがわの角にあった。私は道路を横切り、北に向かってトレロア・ビルの入口に歩いて行った。舗道のラバー・ブロックを取り除いた跡にバラ色のコンクリートを埋め終わったところだった。

 供出で取り除かれたもののあとがちゃんと別の物で補充されているじゃないか。
 第二次世界大戦の前も、最中も、後も、アメリカの金持ちは放蕩し、警察とギャングは癒着し、マーロウは皮肉屋で孤高の騎士として、謎と悪に満ちた世界を紐解き嗅ぎ分け、殴られ縛られ閉じ込められ、脱け出し、殴り返し、酒を飲む。

>「この街は大掃除がすんで、きれいになったと思ってた」と、私は言った。「善良な市民が防弾チョッキをつけないで夜の街を歩けるようになったと思っていたよ」
>「きれいになりすぎると困るんだ。よごれた紙幣がよりつかなくなるからね」
>「そんないい方をしない方がいいな」と、私はいった。「組合のカードをとり上げられるよ」
>彼は笑った。「組合なんかどうでもいいんだ。二週間たつと軍隊に入るんだ」

 アメリカはフランスのように占領されたりイギリスのように空襲されたりしなかったが、そういう物理的な破壊がなくても、アメリカ人の精神が荒廃していくことが、チャンドラーは気になっていたようだ。
 マーロウは、悪徳警官に留置所に放り込まれたとき、彼自身が「この街の大掃除」をもたらした物語『さよなら、愛しい人』で知り合った女を思い出した。

>私は二十五番通りに住んでいる女を知っていた。なかなかいい通りだった。女は気立てがよかった。そして、ベイ・シティが好きだった。

『さよなら、愛しい人』のとき、小説には描かれていないが、既に、日系米人は収容所に入れられていた。だから、日本人が「描かれていない」のだった。
『湖中の女』では、山中の観光地の湖に警備兵がいた。ダムを通過する車は窓を閉めなければならなかった。
 ドイツがマンハッタン計画をスパイしていたとはいえ、日本はもちろんヨーロッパのどこの国もアメリカ西海岸のダムの破壊工作なんかできなかっただろうに、過剰警備じゃないか、などと私は思う。
 小説の登場人物たちも、そう思っていたのだろうか。たとえば、デガーモ警部補は、警備兵にはむかい、窓を閉めなかった。
 この小説では戦争の影響はずっと背景として控えめにしかし要所要所で描かれ続け、最後に表に出て重大な働きをする。登場人物のひとりの運命を決定してしまった。
 死後一箇月たって湖から引き揚げられた女は、マーロウの活躍の御蔭で成仏できただろう。キリスト教徒の世界なのに、成仏だなんて、変な言い方だけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/24 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/08 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/19 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/26 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/01 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/04 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/28 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/11 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/04 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/16 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/12 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/30 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/04 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/25 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む