サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 地人書館の通販
  6. 悲しきネクタイ 企業環境における会社員の生態学的および動物行動学的研究の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悲しきネクタイ 企業環境における会社員の生態学的および動物行動学的研究
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.10
  • 出版社: 地人書館
  • サイズ:18cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8052-0518-0

紙の本

悲しきネクタイ 企業環境における会社員の生態学的および動物行動学的研究

著者 植木 不等式 (著)

過労死しても会社は損をしない、マイホーム派・マイペース派はすぐにリストラ…。おそるべき日本企業の環境に適応できる人間とは? 生態学と笑いで分析する、会社員の世界。【「TR...

もっと見る

悲しきネクタイ 企業環境における会社員の生態学的および動物行動学的研究

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

過労死しても会社は損をしない、マイホーム派・マイペース派はすぐにリストラ…。おそるべき日本企業の環境に適応できる人間とは? 生態学と笑いで分析する、会社員の世界。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いい加減な切れ味鋭い動物行動エッセイ

2004/05/12 09:32

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:13オミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 駄洒落が多すぎ。あまりにも強引に引っ張ってくるので「ええ!」と何度も思ううちに「おじさん…もういぃょ」としらけてしまった。

 「科学朝日」に連載されていたものをまとめた本書は、題名からして意味不明だ。ところが、かなり会社員にとっては身につまされる話がいっぱいある。短いエッセイの一つひとつに植木不等式氏が感じた世の中に対する鋭い疑問が存在する。

 動物行動を例に出して、人間の生態を斬るという視点は楽しい。全てのエッセイは期待を裏切らずに全く同じ構図を持つ。わけのわからない駄洒落表題⇒会社員の現状⇒偉い人が言った働くということに対する一家言の引用⇒ソロモンの指輪⇒動物行動事例⇒替え歌⇒まとまらない結語⇒表題の意味をかたくなに守るのだ。これはすごいことです。

 付録にある「会社員の生物学的起源」なんかは5つほど載っているが、ここまで馬鹿馬鹿しい理論を展開する意気込みは敬服に値する。とにかく全て斜に構えるという徹底振り。世の中を投げているのか? はたまた、真面目に訴えようとしているのか? よくわからないとこが彼の真骨頂なのだ。

 植木氏にはどこかで再び動物行動学的見地からエッセイの連載を書いてほしいなあと待っているのだけれども…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。