サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.7
  • 出版社: 裳華房
  • サイズ:19cm/153p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7853-8665-7

紙の本

軌道エレベータ 宇宙へ架ける橋 (ポピュラーサイエンス)

著者 石原 藤夫 (共著),金子 隆一 (共著)

ロケットよりもずっと能率よく、人間や施設を宇宙に運び出すことのできる、地表から宇宙へと向かって伸びる「軌道エレベータ」。SF小説などでおなじみのこの軌道エレベータについて...

もっと見る

軌道エレベータ 宇宙へ架ける橋 (ポピュラーサイエンス)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロケットよりもずっと能率よく、人間や施設を宇宙に運び出すことのできる、地表から宇宙へと向かって伸びる「軌道エレベータ」。SF小説などでおなじみのこの軌道エレベータについて、科学的に論述する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石原 藤夫

略歴
〈石原〉1933年生まれ。SF作家。著書に「コンピュータが死んだ日」など。
〈金子〉1956年生まれ。サイエンス・ライター。著書に「新恐竜伝説」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

軌道エレベータの入門書の決定版!!

2000/10/26 05:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 軌道エレベータ! 宇宙への掛け橋! SFマニアであれば、これだけで本の内容が理解できるでしょう。……が、私の観察と実体験から推察するに、SFファンでさえも軌道エレベータについてまったく知らない人間は多いようなので、ちょいと説明しときましょう。
 まず静止衛星を思い出してください。これの説明まではしませんが、ようするに赤道上で地上と相対的に静止してみえる位置にずっといる衛星です。この静止衛星から上下(地球側とその反対側)にバランスをとって糸状のものを伸ばしていきます。それでも相対静止していることには変わりありませんね。では、この糸を地上に届くまで伸ばしたら、どうなるでしょうか。重心は静止軌道にあることにかわりがなければ、そのまま安定してしまいます。そして、糸を伝ってしまえば静止軌道、さらには脱出速度を得て他の惑星へ飛び立つことが簡単にできる……これが軌道エレベータ、究極の宇宙への交通手段です。
 『軌道エレベータ』では、この軌道エレベータの歴史的経緯や技術的問題点について、わかりやすく説明してあります。また、材質に大きな技術的進歩を要する古典的な軌道エレベータ以外にも、最近発案されているスカイフックのたぐいなどについても簡単に解説してあります。
 近未来から遠未来まで、リアリティのある技術背景を持った宇宙SFを、さらに楽しむために。手元においておきたい一冊です。
(初出:日刊TRPGニュースメール 語り部日報のTRPGのための読書案内)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロケットを捨てる日

2001/05/17 19:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高杉親知 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロケットの次に我々人類が使うであろう技術、軌道エレベータの分かりやすい解説書だ。ロケットは大量の燃料を消費し、また多段式の場合、高価な装置をどんどん捨ててゆくので、環境が重要になるこれからの世界には適さない。そこで登場するのが本書で紹介される軌道エレベータだ。詳しくは本文を参照されたいが、規模が壮大でかつ我々の意識改革を要するという点で、正に夢の技術だと言えるだろう。本書はその人類の夢への優れた入門書だ。

 惜しいのは、分量がやや少ない点、および本書が概説に終始していて細かい計算や問題点を省いている点だ。例えば軌道エレベータには荷物のコリオリ力がかかることや、非同期軌道スカイフックは燃料を供給しない限りいずれ墜落してしまうことへの言及が無い。そのためこれらが完璧な技術のように思えてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/16 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。