サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風が吹いたら桶屋がもうかる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.8
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-774283-0

紙の本

風が吹いたら桶屋がもうかる

著者 井上 夢人 (著)

超能力開発途上の陽之助。推理マニアの一角。美人に弱い峻平。3人に超能力による解決を依頼する美女たち。絶妙のチームワークで挑む、予想もしない方向へ展開するユーモアミステリー...

もっと見る

風が吹いたら桶屋がもうかる

税込 1,620 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

超能力開発途上の陽之助。推理マニアの一角。美人に弱い峻平。3人に超能力による解決を依頼する美女たち。絶妙のチームワークで挑む、予想もしない方向へ展開するユーモアミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井上 夢人

略歴
〈井上夢人〉1950年生まれ。徳山諄一と“岡嶋二人”を結成し、「焦茶色のパステル」で江戸川乱歩賞を受賞。89年にコンビを解消した後も、「ダレカガナカニイル…」など話題作を次々に発表している。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

もしかして、癒し系

2001/12/28 11:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「僕、超能力者と同居しているんです」なんて、目の前の人が突然言ったらあなたはどんな反応をするだろうか。
 この本の主要メンバーは、超能力開発中のヨーノスケ、理屈屋のイッカク、そして物語の進行人でもある僕、こと、美人に弱いシュンペイ。三人の男たちは工場のような倉庫で共同生活を送っている。主人公の一人の僕は牛丼屋で働いているが、お客に丼を出すかたわら、話のタネとして自分の同居人の話をしたりもする。
 「超能力者と同居している」と言った時の相手の受け取り方は、大きく分けて四通り。一つは冗談だと思うタイプ。二つ目は、まるで社会の敵だとばかりに、あからさまに嫌悪するタイプ。三つ目は興味を示して話に身を乗り出してくるタイプ。ここまでは、まぁ、一般的な世間の反応といえるだろう。そして最後の一つは、これは少数派であるが、話をしたとたんに真剣に思いつめ、全く疑わないで相談を持ちかけてくるタイプである。
 「その人を紹介していただけないでしょうか」というセリフとともに、『007』のボンドガール、『男はつらいよ』のマドンナ役、とまではいかないけれど、一話完結の話には入れ替わり立ち代り、魅力的な女性たちが僕の前に現れる。彼女らはなぜか僕に仲介を頼み(実際、僕は不思議に思っている)、その結果もたらされる相談事によって物語は進んでいく。

 本のタイトルの『風が吹いたら〜』は、一人の女性の相談から新たな女性の相談へとつながっていくストーリー展開とよく合っている。風が吹けば桶屋が儲かる、ではこの物語で儲かっているのは誰か? 吹き飛ぶ常識、無用の論理、物事はいつも予想しない方向へと転がっていくが、三人の男たちが迎える結末は、いつだって同じ。
 この話は一つのパターンに沿って話されているので、様式はほとんど変わらない。繰り返しの決まり文句が多いので少しダレるところもある。しかし、その中に漂っているのほほんとした情けな〜い、何ともいえない気の抜け具合がおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/15 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/04 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/08 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/07 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/18 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/29 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/06 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/10 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/02 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/06 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/06 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/01 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。