サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インザ・ミソスープ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 67件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 読売新聞社
  • サイズ:20cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-643-97099-9
  • 国内送料無料

紙の本

インザ・ミソスープ

著者 村上 龍 (著)

【読売文学賞(第49回)】子どもの殺人に原因はないよ、幼児が迷子になるのに原因がないのと同じだ。親が目を離したから? それは原因じゃなくて子どもが迷子になる過程の一つにす...

もっと見る

インザ・ミソスープ

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【読売文学賞(第49回)】子どもの殺人に原因はないよ、幼児が迷子になるのに原因がないのと同じだ。親が目を離したから? それは原因じゃなくて子どもが迷子になる過程の一つにすぎない…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

村上 龍

略歴
〈村上竜〉1952年長崎県生まれ。武蔵野美術大学中退。小説家。著書に「すべての男は消耗品である。」「イビサ」「ピアッシング」「5分後の世界」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー67件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

「依存」を拒絶するために「外部」を意識すること。

2002/07/03 03:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上龍という作家は、恐るべきロマンティスト、というかヒューマニストだと思う。彼は絶望的な状況を描くことが多いにもかかわらず、けっして諦めはしない人物を主人公やあるいはメインの人物に据える。制度にスポイルされるのを徹底して嫌うために、「救いがないことが救いなのだ」というメッセージが、彼の作品を貫く根本的なテーゼであるように思う。
日本に住んでいる人は、「日本」というシステムに依存しているのだ、というのが村上龍の口癖だが、彼の小説の面白いところは、「外部の人」が単に理想として描かれているわけではないということだと思う。「外部」は、ある種の理念、または方向としてだけあって、そんな場所は実は何処にもない。フランクは「日本」というシステムからすれば「外部」の人だが、しかし「理想的な人格」とはほど遠く、実際彼(フランク)は彼自身の「狂気」というシステムに依存しているだけであって、その意味では「日本人」と本質的な差異があるわけではない。だからフランクは「答え」ではない。「答え」はケンジ、つまり「自分」が探すしかない。内田百けん(うーん漢字がない)の小説『山高帽子』に、「ひとつの思いこみから解放されたと思うのもまたひとつの思いこみであって、結局解放されるなんてことはないのだ」という意味の台詞があるが、村上龍の小説からも、「出口はない、しかしつねにシステムを疑え」という声が聴こえてくるような気がする。この物語ののケンジは優柔不断にも見えるけれど、「日本」というシステムと「フランク(狂気)」というシステムのいわば「あいだ」に立っているのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/18 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/25 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/17 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/03 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/01 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/19 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/22 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/06 04:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/06 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/20 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/16 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/26 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/25 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む