サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 満漢全席 中華料理小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

満漢全席 中華料理小説(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-748748-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

満漢全席 中華料理小説 (集英社文庫)

著者 南条 竹則 (著)

満漢全席 中華料理小説 (集英社文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

東瀛の客 7-116
麵妖 117-134
猪脚精 135-152

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

目で楽しむ中華料理小説

2006/01/16 21:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tujigiri - この投稿者のレビュー一覧を見る

講談を思わせる洒脱な書き味と、珍味麗食美酒秘瓶を紙上に再現した垂涎の記述ですっかり僕を虜にした南條竹則が、その「酒仙」 で得た賞金を大胆にも全額投じ、知人郎党引き連れて杭州に遊んだ顛末を描いた、本朝屈指のどたばたグルメ小説。
本書の題になった満漢全席を総勢40名が散々に堪能するのが「東瀛の客」で、亭主の南蝶(なんでふ)こと、でふ氏の飲み仲間が、卓狭しと並べられた山八珍海八鮮の美食に舌鼓を打ち、用意された宴席の出し物にやんやの喝采を浴びせるだけの小編なのだが、さすがに名にしおう食客揃いとあっては、ただのレポートにとどまらない。
漢籍の知識を紐解き、あるいは各自の肥えた舌が賞味してきた幾多の妙味と引き比べながら、わいわいガチャガチャと盛り上がる。
いずれも一方ならぬ健啖家ばかりが集った南洋大酒家、やれこちらの卓にはあの料理が来ておらぬだとか、やれあちらはメニューにない皿を取り寄せおった、とてんやわんやの大騒ぎ。
見たことも聞いたこともない、ましてや食したことなどあろうはずがない贅沢な品々が、綺麗な皿に盛られて次々に運び込まれ、でふ氏一党は満腔の幸福感に包まれる。
高級茶・龍井(ロンジン)茶の一杯を皮切りに、乾果水菓子燕の巣、蟹や海老のぎっしり詰まった点心数種、酒の肴にフカヒレなどの珍味を盛って、やがて酒席は佳境を迎え、かの有名な熊の手やら舌の根をとろかすような川魚料理やら、はたまた意趣をこらした鶏料理やら肉汁したたる獣肉皿やら、とにかく絶品の数々が引きもきらず運び込まれるのである。
嗚呼、読福、読福。
瓢げた座の雰囲気に呵呵大笑しながら、心行くまで贅を尽くした料理を目で楽しめる。
本書に収められたその他の短編も、美食家の筆が冴えに冴えた昭和ロマンあふれる下宿小説群。
オマケの収録とあなどるなかれ、頁数は少ないものの「東瀛の客」とは趣きを違えた佳作揃い。
ことに「麺妖」「猪脚精」「画中餅」などは、紅楼夢や金瓶梅などの中華四大奇書からそのまま抜け出てきたかのような、現代版中華ファンタジーの味わいがある。
これはなかなかお買い得な本である。
食い意地の張った者ならずとも存分に堪能できる短編集と言って、まず間違いはなかろう。
うーむ、ごちそうさま。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/21 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/28 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/01 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/18 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る