サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブルー・ブラッド 虚無編下(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/326p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-614434-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ブルー・ブラッド 虚無編下 (コバルト文庫)

著者 須賀 しのぶ (著)

ブルー・ブラッド 虚無編下 (コバルト文庫)

607(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

ブルー・ブラッド 虚無編(下)

540 (税込)

ブルー・ブラッド 虚無編(下)

ポイント :5pt / 紙の本より67おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.1MB 無制限
Android EPUB 11.1MB 無制限
Win EPUB 11.1MB 無制限
Mac EPUB 11.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

待ち受けるものは…虚無?

2001/11/08 11:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うつほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ユージィンへの風当たりは日々に強くなってゆく。そんな中、やっと出来たユーベルメンシュの息子は、研究所の突然の事故によって失われる。何が起こったのか、どうして起こったのか、そして息子の生死を知ったのはユージィンのみ。だが彼は、誰にも真実を告げようとしなかった。その後彼らの間には《普通の》子供さえ産まれる兆候はない。直系の男子しか総帥位を継げないことから、種馬の役目さえ果たせないユージィンへの露骨な皮肉が目立つようになる。
 ユージィンが召集した軍務省の会議では、皆わざとらしい仮病を仕立てて、欠席を決め込んでいた。これもえり抜きのブルーブラッドの家系にあるビュールマンやヘトリングのいやみである。その日の午後、ヴィクトールがテロに襲われたのを国家保安部の情報からいち早く聞きつけたユージィンは、すぐさま行動を開始した。前の会議から二日後、二度目の召集。総司令官ヘトリングは出席、参謀本部のビュールマンもいちおう代理をたててきた。そして、ユージィンのたくらみは既に始まっていた。
 『ブルー・ブラッド 復讐編』の内容を、ユージィン側からの真実からも語りながら、きっちり取りこぼし無く進めている。陰謀、策謀、欺瞞、瞞し合い、嘲笑、皮肉、嫉妬、嘘、なんでもござれ。ユージィンはどこまで突き進むのか。この虚無編以降の彼の話は、ぜひ『キル・ゾーン』シリーズにて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する