サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

視覚ミステリーえほん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:30cm/39p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-7515-1566-7

紙の本

視覚ミステリーえほん

著者 ウォルター・ウィック (作),林田 康一 (訳)

黄色い紙にのった4枚の白い紙。実は、黄色い紙に穴があいているだけなのです。光や角度を調節することで、不思議な錯覚の世界をつくりだす絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

教科書にでてくる読み物〔小学校編〕 14巻セット

  • 税込価格:24,516227pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

ウォルター・ウィック

略歴
〈ウォルター・ウィック〉1953年米国・コネチカット州生まれ。フリーの写真家。『ニューズウィーク』『フォーチュン』など300をこえる雑誌や本の表紙を手がける。写真パズルも作る。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

純粋に不思議

2002/07/25 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:郁江 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人間の目は不思議なもので、本当はあるはずなのに見えてなかったリ、へっこんでいるモノが膨らんで見えたり そういうのを錯覚といいます。この本では錯覚をなんと絵ではなく 実写で見せてくれます。ただただ不思議の連続で 後で説明があるんだけど、なぜか分かってもやっぱり そう見えてしまうんです。人間って目でみたモノを信じてしまうけど それも案外当てになりそうもないですネ(笑)

 本当に不思議な世界に引き込まれました!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさにミステリー、錯覚の世界を親子で楽しみましょう

2002/03/23 22:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼちぼち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ページをめくりながら、「えーっ、どうして??」の連続です。不思議な写真が13。
 本の上下をさかさまにするだけで、へっこんでいたものがもりあがって見えたり、見えていなかった動物が見えてきたり…。不思議な柱もCGでならわけもないのかもしれないけれど、実物を実際に写真に撮って作っているところがすごいです!
 最後には種明かしも載っているけれど、理屈がわかってもやっぱり不思議です。繰り返し繰り返し、錯覚の世界を楽しめます。
 幼稚園のお子さんでも楽しめると思います。親子で盛り上がれますよ。ぜひぜひぜひ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ふしぎ

2019/05/20 23:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間の脳ってふしぎだなあ。
騙されない騙されないって思っていてもやはり騙されちゃうというか。
おもしろいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議で面白い。

2018/07/30 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ROVA - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミッケ!シリーズで写真家としてのウォルター・ウィックにハマり、
こちらの作品も面白そうなので見てみたいと思ってました。
錯覚を利用した写真の数々はとても面白いですし、
写真そのものもウォルター・ウィックらしさに溢れていて魅力的です。
ただしちょっと頭がこんがらがります(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供といっしょに、不思議感覚を共有する

2000/08/11 15:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松山真之助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

■ <ワン・チョット>

 「この本は、知能テストではありません。視覚というミステリーへの遊びにみちた"入り口"なのです。」

■ <引き続き>

 視覚のトリック、錯覚の世界へ親子をいざなう騙し絵写真の絵本だ。心理学の本などでお目にかかるエッシャーの騙し絵の世界だ。この本で注目すべきところは、あの手の錯覚をスケッチではなく“実物を写真に撮って”表現したところだ。そこがイリュージョンの不思議さに輪をかけている。

 たとえば、エッシャーの騙し絵として良く見かける2階建ての建物の絵。一階の入り口から入り、階段を3段上っただけなのに廊下を歩いていくといつのまにか2階になってしまうあの絵だ。そういうのが、実体のあるモノの写真として掲載されている。絵として書いてあるものなら、ああトリックだな・・と納得するが、これが実体のある物の写真であるところが『えぇ、なんでぇ?』という驚きに新鮮さを加えているのだ。

 他にも、凸凹の具合が本をさかさまにして見ると逆に凹凸になってしまう不思議な紙粘土ざいく。物理的にありえない不思議な三角形の積み木細工。見ようによって柱が3本だったり2本だったりする石柱の写真。などなど、どれも頭がへんになりそうだ。いずれも次のページに原理(作った模型の秘密)が種明かししてあるが、それにしても不思議だ!という気持ちが後をひく。

 子供といっしょに、不思議感覚を共有すると楽しい絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/18 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/25 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/09 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/14 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/25 01:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/18 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。