サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.1
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-53394-7

紙の本

葉隠の名将鍋島直茂

著者 童門 冬二 (著)

葉隠精神を生んだ佐賀藩藩祖が唱える「組織の成員の心構え」とは! 秀吉の朝鮮出兵と家康の関ヶ原の戦いに参加し、主家に代わり佐賀を支配、のちの「葉隠精神」を築いた名将の一代記...

もっと見る

葉隠の名将鍋島直茂

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

葉隠精神を生んだ佐賀藩藩祖が唱える「組織の成員の心構え」とは! 秀吉の朝鮮出兵と家康の関ヶ原の戦いに参加し、主家に代わり佐賀を支配、のちの「葉隠精神」を築いた名将の一代記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

童門 冬二

略歴
〈童門冬二〉1927年東京生まれ。東京都庁にて政策室長などの要職を歴任後、退職して作家活動に入る。著書に「小説上杉鷹山」「参謀は名を秘す」などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦国武士の生きざま

2001/02/25 23:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブランカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 葉隠には興味があった。隆慶一郎氏の「死ぬこととみつけたり」を読んで以来、私の頭から、葉隠という言葉が離れることなく、脳裏にこびりついてきた。私の葉隠のイメージは、忍者の「この葉隠れ」という忍術を連想し、なにか、忍びの話が書いてあるのだろう、という間違いも甚だしいものであった。
 それが、苛烈な武士の生きざまをさすものであることを知ったとき、体の中を電流が走り抜けた感覚に、文字通りしびれたものだった。鍋島直茂・勝茂は「死ぬことと…」の中で、主君として登場する。だから、このときの私は隆氏の目を通して、いや、その小説の主人公の目を通して鍋島直茂・勝茂を見たといえる。今回、違った視点でその姿を見ることができることはうれしい限りである。
 時は豊臣の時代から徳川時代の礎ができあがる過程である。全国の戦国大名にとって、自国が繁栄するも滅亡するも全て、時代の先を見る力に長けていることにかかっていた。その意味で、鍋島直茂は龍造寺家の家臣であったに関わらず、「静の下克上」といおうか、静かにその勢力を自国で拡大し、その上秀吉と家康という大勢力の元で、自国を保ち得た希代の武将であった。
 本書は、龍造寺家との確執、秀吉、家康との駆けひき、国作りの様子など、様々な角度から、その半生を描いている。その生きざまは、いまのわたしたちが、学び生かすことによって、後世に引き継いでいくべき生き方である。そして、それは、とりもなおさず、日本の男が心に持つあこがれの男の姿である。
 筆者、童門冬二氏の考えが随所に反映され披露されていることは、ある部分でストレートな読み方を妨げるかもしれないが、それは、それでよいのである。心の襞の底に男の生きざまをとどめておくのも一興ではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。