サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

記号主義 哲学の新たな構想
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/279,7p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-622-03100-0
  • 国内送料無料

紙の本

記号主義 哲学の新たな構想

著者 N.グッドマン (著),C.Z.エルギン (著),菅野 盾樹 (訳)

建築とは、テクストとは、絵画作品とは、デジタルという概念とは。芸術と科学などの二項対立を批判しつつ、記号主義の立場から、哲学の新たな構想を素描する。【「TRC MARC」...

もっと見る

記号主義 哲学の新たな構想

4,536(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

建築とは、テクストとは、絵画作品とは、デジタルという概念とは。芸術と科学などの二項対立を批判しつつ、記号主義の立場から、哲学の新たな構想を素描する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

N.グッドマン

略歴
〈グッドマン〉1906〜98年。アメリカを代表する哲学者。著書多数。
〈エルギン〉ヴァッサー大学卒業。現在、ハーヴァード大学教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

記号という概念を駆使しつつ、哲学的思考そのものの再構築を追求するアメリカ現代哲学的な著作。

2001/12/19 22:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇波彰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の序文で著者たちは「記号に関する一般理論を主要部門とする哲学」を背景にして、哲学の再構築を提案すると述べている。そして実際に「記号」という概念を文字通り駆使して論じているのであり、訳者が邦訳のタイトルを「記号主義」としたのは正しい判断である。
 著者たちの記号中心の哲学の立場は、最終章「哲学の新たな構想」を参照するならば、およそ次のようになる。学問や芸術のみならず、日常生活の知覚においても、記号の使用はつねにその中核に含まれている。そして、「記号が指示するものの構成そのものに従事している」ことを認めなければならない。つまり、記号が指示している対象があるとすると、対象が記号によって表現されるのではなく、記号が対象を構成すると考えるべきである。そのように考えるならば、現代の哲学には「救いがたい欠陥」があることになる。記号が対象を構成するのであるから、記号と対象の一致が真であるとする従来の真理論は意味をなさなくなる。
 このように、著者たちが本書で「記号」といっているものは、人間活動のすべての領域で機能している。訳者あとがきのことばを借りるならば、人間を「ホモ・シグニフィカンス」(記号機能を営むヒト)として捉えることが重要なテーマになる。この作業を通して、哲学の再構築の可能性が見えてくる。
 著者たちの説くところは、現代の記号論・言語論の枠の中にある。しかし本書は、単に記号という概念を使って同時代の建築や美術の新しい解釈を試みたものではない。あくまでも哲学の再構築が目標である。著者たちはいたるところで伝統的な哲学の誤りを指摘し、それに代わる新しいテーマを提出する。「記号」という概念は思考の道具として徹底的に使われている。ここには、著者たちの哲学の再構築に賭けた並々ならぬ情熱のようなものを感じ取ることができる。この情熱が本書を支えているというべきであろう。 (bk1ブックナビゲーター:宇波彰/札幌大学教授 2001.12.20)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む