サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. ほんの木の通販
  6. 愚かな国の、しなやか市民 女性たちが拓いた多様な挑戦の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愚かな国の、しなやか市民 女性たちが拓いた多様な挑戦
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.6
  • 出版社: ほんの木
  • サイズ:19cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-938568-98-5

紙の本

愚かな国の、しなやか市民 女性たちが拓いた多様な挑戦

著者 横田 克巳 (著)

生活クラブ運動が歩んだ30年。この愚かな国に「待った」をかけた大勢のしなやかな女性たちが繰り広げる、新しい市民の社会とは? NGO、NPO、市民運動等に携わる人にとって、...

もっと見る

愚かな国の、しなやか市民 女性たちが拓いた多様な挑戦

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生活クラブ運動が歩んだ30年。この愚かな国に「待った」をかけた大勢のしなやかな女性たちが繰り広げる、新しい市民の社会とは? NGO、NPO、市民運動等に携わる人にとって、有効な実践的ヒントと提案に満ちた1冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

横田 克巳

略歴
〈横田克巳〉1939年茨城県生まれ。みどり生協を創り、初代理事長に就任。現在、福祉クラブ特別顧問、神奈川大学非常勤講師、生活クラブ生協・神奈川名誉顧問等を兼任。著書に「参加型市民社会論」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

詰めの甘い信念

2002/07/13 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みゆの父 - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘が(アトピーではないけれど)皮膚のトラブルを抱えているため、我が家は生活クラブ系の生協から食品を購入している。というわけで、お世話になっているのに申し訳ないのだが、どうも生活クラブ生協には不思議な印象がある。神奈川県では政党を作って地方議会に議員を送り出したというニュースを聞いたり、生協という組識のかたちからは想像しにくい(だって使用者も従業員も同じ組合員のはずだ)労使紛争が多発しているという噂を耳にしたりしているうちに、普通の生協とは何か違う、どこか違う、という気がしてならなくなったわけだ。

生活クラブ生協の創始者の一人だった横田さんが書いたこの本を読んで、僕の疑問は少し解消された。生活クラブ生協は、〈生協〉活動に力点があるわけではなくて、ライフスタイルを変えようとする〈生活クラブ〉運動の手段として生協活動を利用しているのだ。そう考えると、わかる。政治活動に進出するのも、ライフスタイルをかえる運動の一環として、当然の選択なのかもしれない。〈みんなが組合員〉という生協組識のかたちにこだわらないから、労使紛争がおこっても当然なのかもしれない。なるほど、なるほど。

でも「組合員主権」や「自己決定・自主管理」(五七頁)を強調しながら、生活クラブ生協内部に結成された労働組合がストライキをしたことを「生協の主権者である組合員を無視しても平気でいられる人々が存在し、その根拠が、いわゆる労働三法であること。また、その雇用関係のせめぎ合いをメンバー主権の正義をもってしても押し切れない制度矛盾と優先順位の歪みに直面して、自らの主権が守られない生協の組合員の無念さ」(五九頁)としか理解できないところに、僕は横田さんの信念の詰めの甘さを感じて、違和感がある。生協だろうが何だろうが、働く人である従業員には労働三法に守られる権利があるという労使関係の〈きほんのき〉がわかっていないようだから。従業員も組合員であり、だから「組合員主権」と「自己決定・自主管理」の担い手だという、生協活動の〈きほんのき〉ことがわかっていないようだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。