サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

吉田自転車
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.7
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/194p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-330163-X
  • 国内送料無料

紙の本

吉田自転車

著者 吉田 戦車 (著)

速くて健康にいい。環境にも優しい。そんな最高の乗り物・自転車に乗って吉田戦車が主に東京を疾走する!! 漫画家・吉田戦車の健康的イラスト写真入り自転車エッセイ。01年9月〜...

もっと見る

吉田自転車

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

速くて健康にいい。環境にも優しい。そんな最高の乗り物・自転車に乗って吉田戦車が主に東京を疾走する!! 漫画家・吉田戦車の健康的イラスト写真入り自転車エッセイ。01年9月〜02年2月「Web現代」連載に加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2004/09/24 01:37

投稿元:ブクログ

吉田戦車がマイチャリ「ナイスバイク号」に乗り、おもに生息地付近を探検する。
はじめて自分ひとりでエッセイ集を書いたそうですが、面白い!漫画で見られる絶妙な表現がここにも。
吉田戦車という人のナイーブさもよく出ていてそれもいい。もちろんたまに入る挿絵もたまらない。
決して私はこれを読んで自転車に乗りたいとは思いませんでしたが、とてもたのしい本でした。

2004/10/06 08:38

投稿元:ブクログ

自転車好きとしては、さくさく読めて面白かった。

視点もはちゃめちゃで、なじみの地名も多数
出てきて楽しかった。

2004/10/14 19:54

投稿元:ブクログ

あのマンガで有名な吉田戦車の自転車エッセイ。愛車「ナイスバイク号」で主に都内を走り回る。力の抜けた文章が心地よく、また各章のタイトルが笑いを誘う。

2009/02/01 00:35

投稿元:ブクログ

吉田戦車が自転車で東京やら山梨やら東北をウロウロ・・・。
内容的にドカンと面白くはないんだけど、まぁそれなりです。
あと、麺類ばっか食べてますね〜。
競輪場に行ったり、真冬の東北で自転車に乗ったり・・・

2008/01/20 11:36

投稿元:ブクログ

漫画家吉田戦車による自転車絡みの連載エッセイ。雑誌か何かの連載エッセイの文庫化だと思うが、ノリと勢いは良いのにオチがないのが多い。字数の都合で起承転で終わっている感じ。

2012/05/12 09:18

投稿元:ブクログ

私の人生を変えた本のひとつ。
昨今の自転車ブームがちょうど始まるころにこの本を読んで、うわースポーツ自転車いいなあ…、という憧れを私に植え付けてくれた。
文字通りのバイブル。戦車さん、一生ついていきます。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る