サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 言語・語学・辞典の通販
  4. 日本語の通販
  5. すばる舎の通販
  6. 声に出して読みてゃあ名古屋弁 なごや調小咄集の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

声に出して読みてゃあ名古屋弁 なごや調小咄集
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.10
  • 出版社: すばる舎
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88399-228-4

紙の本

声に出して読みてゃあ名古屋弁 なごや調小咄集

著者 二代目勤勉亭親不孝 (著)

確かに名古屋弁には「きたにゃあ響き」がある。しかし、そのきたにゃあ響きの中に、温もりと手触り、あったかな心がこもっている! 名古屋弁に秘められた中部経済圏隆盛の謎を探りな...

もっと見る

声に出して読みてゃあ名古屋弁 なごや調小咄集

税込 1,512 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

確かに名古屋弁には「きたにゃあ響き」がある。しかし、そのきたにゃあ響きの中に、温もりと手触り、あったかな心がこもっている! 名古屋弁に秘められた中部経済圏隆盛の謎を探りながら、小咄風名古屋弁コメントを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

二代目勤勉亭親不孝

略歴
〈二代目勤勉亭親不孝〉1947年生まれ。南山大学外国語学部英米学科・落語研究課程卒。実家の寺を継ぐため出家得度、現在も修行中。企業の社史等の編集制作に携わる。異業種交流会名古屋ウォータークラブ世話人。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

名古屋弁から解き明かす中部経済興隆のヒ・ミ・ツ

2002/10/16 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨーダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いま名古屋の食やカフェ文化が注目を浴びています。たとえば最近雑誌「TITLE」誌上では村上春樹氏を隊長とした東京するめクラブによる名古屋リポートが全2回にわたり特集されていました。「ひつまぶし」や「味噌煮込みうどん」「天むす」などといったいまや全国的にメジャー(?)になった名古屋食以外にも、さらに奥深い食が創造されつつある状況が見えてきます。一方、冠婚葬祭の慣習などから保守的で大いなる田舎と言われがちな「なごや」ですが、こうした新しいものづくりにかける情熱や進取の気質は、食に限らず多方面で発揮されている事実は見逃せません。これはパチンコやコンタクトレンズ発祥の地、イチロー生誕の地という他に、愛知県の製造品出荷額が日本のなかで何十年もトップを走り続けているということからも見て取れるでしょう。ものをつくる以上は「よそに負けないものをつくろう」という姿勢を最重要視しているという面で名古屋はいわば「ものづくりの都」といえるのではないでしょうか。
本書では、こうした中部経済興隆のしくみを名古屋弁に込められた名古屋人の気風や気質から解き明かしていきます。名古屋とは直接関係がないとお思いの方も、いまこそ名古屋から学べるところがあるのではないでしょうか。下記の文のように、ユーモアたっぷりに小咄調名古屋弁で解説しておりますので、肩に力を入れず読んでみてはいかがでしょう。
「まっと、ここんとこをこういうふうに削れんか? なにぃ削れん! おみゃあんとこの機械ではこれが削れんのか。まあええ、そんな機械はいらんで。自分でつくるでええわ」
(もっと、この部分をナノメートル単位で研削できませんか。ええっ、できない? 御社の機械では超精密研削はできないということですか。仕方がありませんね。それでは結構です。自社内で開発することにいたします)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/06 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/08 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。