サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. 伝記の通販
  5. 岩波書店の通販
  6. 愛と怒り闘う勇気 女性ジャーナリストいのちの記録の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛と怒り闘う勇気 女性ジャーナリストいのちの記録
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-022015-2
  • 国内送料無料

紙の本

愛と怒り闘う勇気 女性ジャーナリストいのちの記録

著者 松井 やより (著)

【平和・協同ジャーナリスト基金賞記憶の中のジャーナリスト賞(第9回)】アジアの人々の声を伝え続けた著者が、自らの原点とともに、切り拓いてきた道、出会った忘れがたき人達につ...

もっと見る

愛と怒り闘う勇気 女性ジャーナリストいのちの記録

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【平和・協同ジャーナリスト基金賞記憶の中のジャーナリスト賞(第9回)】アジアの人々の声を伝え続けた著者が、自らの原点とともに、切り拓いてきた道、出会った忘れがたき人達について熱く語る自伝エッセイ。著者の遺稿でもある。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松井 やより

略歴
〈松井やより〉1934〜2002年。京都生まれ。フリー・ジャーナリスト。VAWW−NETジャパン、アジア女性資料センター代表等を務めた。著書に「女たちのアジア」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

一読する価値あり!

2004/01/24 11:03

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 朝日新聞記者として女性で始めて定年まで勤めた熱血記者が、死の宣告を受けてから書き上げた自伝。

 著者の人間として、女性としての熱い想いが書かれている。それは考え方だけの問題ではない。著者の実践をふまえた熱い人生、虐げられた女性や貧困問題への真に迫る事実が伝わってくる。

 最近、フェミニズムという言葉はしばしば耳にする。関心をもちながら、それほど重視はしてこなかった。しかし、著者のフェミニズムは単なるフェミニズムではない。人間としての尊厳を踏まえたものだった。

 最近、日本企業の中国ツアーが買春ツアーであったことが大問題となった。著者は、セックスツアーの問題を早くから取り上げた記者であり、「買春」という言葉を初めて広めた女性記者であった。

 男性による女性蔑視、女性を性の対象しか考えない男性本位の社会。アジアの貧しい女性が、家族の生活のために身体を売らざるを得ない実情。あまりにも悲しすぎる現実がリアルに描かれている。

 著者は、そんな問題に取り組むだけでなく、その根本問題が社会にあることを指摘する。そして、既存の女性運動が政治に目を向けないことに不満を表明する。
 政治と戦争、平和の問題は、無関係ではない。一冊の本の中でこれだけいろいろな問題を訴えたものは少ないのではないだろうか。

 著者は、もっともっと沢山の問題を見据えて提起している。行動もした著者だからこその熱い情熱が伝わってくる。私の力量不足のため全てを伝えられない。著者に申し訳ないと思う。

 最後にお願いしたい。この本を読んで考えて欲しい。本当に大切なことがいっぱい詰まっている。
 衝撃、感動、そして勇気、言葉にはあらわせない貴重なものを得た。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ウソで固めた人生を生きた似非ジャーナリスト

2005/11/29 22:23

19人中、17人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の会社の先輩でジャカルタに駐在していた人が居る。その方が、ジャカルタ駐在中、朝日新聞の女性記者からインドネシアを案内して欲しいとの依頼があったので、快く引き受けた。約束の場所に現れたその女性は、開口一番「インドネシアって臭いわね。とっても不潔。何、ここの連中は。掃除ってモノを知らないのかしら」とインドネシア人に対する悪口のオンパレード。「なんなんだ、この無礼なババアは」と先輩は思ったが、そこはぐっとこらえ、約束通り指定された貧民街、スラムへとその女性記者をご案内申し上げた。ところが指定された場所へ彼女を案内してみると「やだー、臭い臭い」「アー、気持悪い。こんあところ早く切り上げましょう」と悪態のつき放題。結局、この女史は一度も冷房の効いたトヨタ・クラウンから降りることもなく、窓を一度たりとも開けることなく、ただ高級車で貧民街を素通りして高級ホテルへと帰って行ったのだった。その間、わずか2時間。「なんなんだ、この馬鹿オンナは」と女史を見送った先輩は心の底から怒りがこみ上げてくるのを押さえられなかったという。しばらくして、その朝日新聞記者から「御礼」として彼女が書いたインドネシア取材レポートが送られてきた。それを読んで、先輩は怒りを通り越してほとんどあきれたというより軽蔑したという。そこには直にみてもいないし聞いても居ないはずのインドネシア貧民街に住む貧民達への取材レポートやインドネシアスラムの惨状が切々と謳いあげられ、インドネシアへの日本政府の援助が一部のインドネシア企業・政治家と日本の商社を潤すだけで、インドネシアの一般民衆には何の役にも立っていないことが、ほとんど糾弾調で書いてあったという。この朝日新聞女性記者こそ、のちに有名になる松井やよりその人である。要するに彼女はシンガポールの高級ホテルのスウィートルームに陣取ってあらかじめインドネシア現地取材レポートを書き上げておいて、それのアリバイ工作の為に形ばかりインドネシアくんだりまでやってきて、高級車でスラムを流し、あとはインドネシアの高級ホテルに戻って飲めや歌えのどんちゃん騒ぎをしていただけなのである。こういうウソで固めた取材を通じ、やがて彼女は「大物女性記者」にのし上がっていくのだから、日本という国はまことにおめでたい国であると私は先輩の話を聞いて感じた次第である。そう、松井やよりとはこういう女だったのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/10 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/14 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む