サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金で買えるアメリカ民主主義
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-791447-9

紙の本

金で買えるアメリカ民主主義

著者 グレッグ・パラスト (著),貝塚 泉 (訳),永峯 涼 (訳)

アメリカの「民主主義」は金持ちクラブの連中に金で買われた「民主主義」なのだ! ホワイトハウスに最も嫌われた、伝説の調査報道記者が暴く驚愕の新事実とは? 民主主義は金で買う...

もっと見る

金で買えるアメリカ民主主義

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカの「民主主義」は金持ちクラブの連中に金で買われた「民主主義」なのだ! ホワイトハウスに最も嫌われた、伝説の調査報道記者が暴く驚愕の新事実とは? 民主主義は金で買うことができないと信じる者の必読の書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

グレッグ・パラスト

略歴
〈パラスト〉ロサンジェルス出身。企業調査の仕事を経て、調査報道記者に転身。数々のトップニュースを極秘裏に調査しスクープしている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

金で買えるどころか金儲けの一手段としての民主主義を暴く一冊

2004/08/20 14:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヴィア・ノヴァ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理屈をつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである」。本書を読んで、この芥川龍之介の一節を思い出した。ただし、正義は理屈や金で買えるどころか、金を儲けるための一手段にしかなっていないのではないかと本書を読んで思った。

 日本語版カバー裏に書かれているように、著者はマイケル・ムーア監督にも多大な影響を与えているようだ(というより、ムーアのネタの大きな供給源が本書の著者といったほうが正確であろう)。2000年大統領選挙で、ブッシュ大統領の弟が知事であるフロリダ州(ごたごたの末、500票差でブッシュ現大統領が当選)での大量の不当な公民権停止(約9万票)があったことを著者は発見する。しかもそのほとんどがマイナリティーであり、民主党に投票する可能性が非常に高い選挙民を選択したかのような処置だったそうだ。その裏にはもちろん、兄のブッシュを大統領にしようというブッシュ知事の思惑があったのは当然であるが、それとあわせて杜撰な選挙人名簿作りで逆に金儲けしようとする信じられないような裏の政策が明らかになっている。また、イラクの刑務所での虐待が問題視されたが、本書を読めばそれはアメリカが刑務所におけるグローバリゼーション(!)を進めた結果に過ぎないという皮肉な顛末が明らかになるはずだ。また他にもグローバリゼーション(IMFやWTOと欧米企業との黒いつながり)、ますます広がる貧富の格差、ブッシュ前大統領と現大統領の周りでの不可解な数々の動き(「華氏911」で触れられていそうなサウジ王家とのつながりを含む)、報道の自由と政府の圧力など数々の現代社会の邪悪な一面を白日の下にさらしている。

 本書が最近流行の単なる反グローバリゼーションになっていないのは、著者がチリのピノチェト政権下での経済政策(初めてのグローバリゼーションとも言われる)を指導した、シカゴ大学のフリードマン教授(日本でも一部でカリスマ的崇拝を受けるノーベル賞受賞者)のチーム(シカゴボーイズと呼ばれる)のすぐ近くにいたこと(当時のフリードマン教授の元で学ぶ唯一のアメリカ人)も大きい。新聞の一面や雑誌で大きな顔写真と一緒に「嘘つき」「世界で最も邪悪な人物か?」と大きく見出しをつけられた人物による渾身のメッセージ、マイケル・ムーアの著作や映画に興味がある方にはもちろんであるが、今後の世界やアメリカの情勢を含む私たちの生活を真剣に考えるためには必読の一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/29 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/26 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む