サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

水底の森
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/570p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-774687-9
  • 国内送料無料

紙の本

水底の森

著者 柴田 よしき (著)

生きるのが怖いから、愛し合う。死ぬのが怖いから、愛し合う。けれど、どんなに愛し合っても最後はひとり。男と女の愛憎を描き、人間性の根源を問う、ノンストップサスペンス。『小説...

もっと見る

水底の森

2,268(税込)

ポイント :21pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生きるのが怖いから、愛し合う。死ぬのが怖いから、愛し合う。けれど、どんなに愛し合っても最後はひとり。男と女の愛憎を描き、人間性の根源を問う、ノンストップサスペンス。『小説すばる』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉東京生まれ。「Riko」で第15回横溝正史賞を受賞。デビュー後、警察小説、本格ミステリ、伝奇ロマン、恋愛サスペンスなど、様々なジャンルで執筆活動を続ける。著書に「聖なる黒夜」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.7

評価内訳

2011/02/27 22:52

投稿元:ブクログ

アパートの一室で見付かった顔を潰された死体。
消えた夫婦。見え隠れする風子という名の女。

再読。
いやあ、やっぱり凄まじいものがあるな…。
要の毀れていくさまが一番凄まじいとおもう。

2007/09/08 22:51

投稿元:ブクログ

ある朝通報された殺人事件。男の死体が発見され、妻の行方はようとして知れない。やがて男は他人の名前を借りていたらしいとことがわかる。その行方を追う刑事と、「妻」の過去が描かれ、やがて交錯する………という話なのですが、疲れた。転落人生まっしぐらの彼女の人生を追体験していくことに疲れる(それだけちゃんと描いている、と言えないこともないが……)。それから刑事の過去の女性が出てくるのだけれど、彼女に執着する理由がちっとも見えない。魅力がわからない。出来がどうこう、というよりも、私の趣味ではなかったという理由で★3つ。

2007/07/12 10:24

投稿元:ブクログ

2007.7.6読了。魔が差す一瞬がある。その「魔」が罪のない子どもに向かった時、不幸は連鎖する。逃亡中の二人って・・・そっちかあ。

2011/04/07 20:33

投稿元:ブクログ

≪内容覚書≫
アパートの一室で顔をつぶされた死体が発見された。
その後すぐに、部屋の住人である高見健児も死体となって発見される。
残る住人は、高見の妻、風子だけ。
そして、その風子の行方を捜し、過去を辿る刑事、遠野。
かつて一度だけ風子と抱き合った鮮烈な記憶を持つ彼が選んだ道は、
破滅への道だった。

風子はなぜ行方をくらましたのか。
遠野はなぜ破滅へと突き進んだのか。

水底の森が彼らを静かに待ちうける。

≪感想≫
視点がころころ変わり、次々と登場人物が出てくるので、
毎日少しずつ読むのには向いていなかった。
一気に読める日に読めば良かった、と少し後悔。

犯人に関しては、少しガッカリ。
確かに因縁はあるが、そんな簡単に…?
もっと後ろで、いろいろ画策されているかと期待してしまった。
だが、実際、殺人なんてそんなものなのかも。

正直なところ、風子は好きになれない。
遠野の気持ちもわからない。

こういう抽象的な作品は個人的に苦手。

2007/09/14 15:17

投稿元:ブクログ

下町のアパートの一室で、顔を潰された身元不明の死体が発見された。その部屋に住んでいた若い夫婦は行方不明。現場にはエンドレステープに録音されたシャンソンが流れ続けていた。誰が、何のために?歌に込められた犯人のメッセージは何か?やがて第二の殺人が―。所轄刑事の遠野は行方をくらましたその女・風子を追い始める。ノンストップサスペンスの幕があがる。
風子の逃避行は続く。犯人は果たして彼女なのか。犯した罪を償うために死に場所を探しているのか。運命に翻弄された風子の不幸な人生をたどるうちに、刑事・遠野の心の中で何かが起きる。追う者と追われる者。逃避行に行き着く先は再生か破滅か。ひとはひとりで生きるのが怖いから愛しあい、ひとりで死ぬのが怖いから愛しあうのか―。人間性の深淵を描ききる長編ミステリ。

2007/10/09 01:29

投稿元:ブクログ

不幸な星を背負って生きている風子。
仕事以外うまくいっていない遠野。
この話も、読み手に任せた感じの内容
せつないです。

2013/09/14 17:03

投稿元:ブクログ

これほど不幸続きの人生ってどうなのよ。
風子がこれほど不幸でなかったら周囲の人々ももう少し平穏に暮らせたのかもしれない。
人のためというより自分のために日々暮らしたい。

2011/05/22 17:50

投稿元:ブクログ

一見どこにでもいそうな、平凡で堅実な若夫婦が消えて、部屋の中には見知らぬ男の、
顔を潰された死体が発見された。そこにはエンドレステープに録音されたシャンソンが流れ続ける。
その翌日、夫の死体が発見され、妻の姿は依然として消えたまま。
この夫婦には重く苦しい過去が覆いかぶさっていた。

さすが570ページの長編だけあって様々な登場人物がいて様々な展開を見せてくれる。
容疑者として追われる風子の悲しい過去、追う側の刑事の絶望。
とても練られてる設定だなぁとは思ったし、ハラハラさせられる場面は多いものの、
なんとなく登場人物に魅力を感じなかったのが残念だった。
特に遠野刑事の人生観にはついていけない。

ネタバレです↓
ここからはご注意くださいね


事件に対して執拗に迫って切り込んでいく優秀な人材であったはずの遠野が
女性関係や自分の子どものことで人生に絶望し失職もいとわないほどになってしまうのは
なんだかムリヤリのような気がした。それくらい人の気持ちは脆いものだと言いたかったのか
遠野の豹変にはスッキリしないものがあった。
風子はまさに不幸を背負っているような女で最後遠野との心中で初めて安らぎが得られたということが
なんとも切ない。風子側からみるとこれはハッピーエンドなんだろうな。
生きていること自体が拷問のような世界・・・・哀しすぎると思った。

2013/09/13 08:49

投稿元:ブクログ

自分の人生なんだから、食べ物くらい自分で決めないでどうするんだ。
そうやってめそめそしてても物事は前には進まない。

2010/01/14 22:24

投稿元:ブクログ

新聞広告だとか本の新刊情報とかで見たあらすじ「刑事が容疑者の女性と逃避行する」って、なんか全然違わないか?と思いつつ読んでいた一冊。結果、たしかに間違いではなかったけれど……この二人が出会うの、物語が半分以上過ぎてからなんだよね(笑)。
それはさておき。これはどちらかといえば重めテイストの物語。「聖なる黒夜」の雰囲気に近いかなあ。あそこまでどろどろではないけれど、重たい情念なんかがかなり絡んでいて読み応えもばっちし。でも読後感は意外にさっぱり。おすすめ。
殺人は起こるし、犯人は誰か被害者は誰かという問題もあるのだけれど、それを忘れ去ってしまうくらいにヒロイン・風子の物語が強烈。まさにこれぞ「波乱万丈」。不幸を背負いつつ実は周りを破滅させていく魔性の女、という雰囲気なのに、なぜか好感が持てるキャラクター。その人生が断続的に語られていくのがもうもどかしくってもどかしくって、結局は一気読み。
そして最後の最後で明かされる事件の真相。やられたなあ。物語の持つ「重み」に浸りきることができた一冊。

2010/08/24 21:28

投稿元:ブクログ

お話の筋は救いがないというかしょっぱい通り越して辛すぎですが(でもスキですこの小説…)おやゆび姫かぁぁぁというぐらい人生翻弄されてる一見美人じゃないけど魔性の女。刑事やヤクザやホステスや風俗、医者や洋食屋さんやらいろいろモリだくさん、だから森…?いやいや。流されるままで拒否の意を表さない生き方というのは…どっかでツケを払わなくちゃなのかなぁって…。何度か読み返したいお話です。

2013/04/26 17:16

投稿元:ブクログ

風子の数奇な人生と複雑に絡み合う登場人物が奇妙な物語を展開する.刑事の要が途中でとんずらするのは意外だったが、村松夫妻と蓮池浩太が重要な役割を演じている.冒頭の殺人事件の犯人は最後で明らかになるが、終盤の展開はとても面白く読めた.

2012/01/17 20:43

投稿元:ブクログ

アパートで顔を破壊された男の死体
住人であった夫婦は行方不明。
死体の男は行方不明になった夫なのか?それとも第三者か?

冒頭から謎が謎をよぶハイブリッドなミステリー小説。

一人の女性の人生を軸に、何故不明の変死体がアパートで発見されるに至ったかを、30年の歳月をかけて語る。

男と女の深い闇、陶酔するような甘美な香りを交互に語りつつ、様々な時間が交差する手法は見事。

ため息と共に苦い余韻の残る素晴らしい作品です。

2011/05/18 08:02

投稿元:ブクログ

過去と現在を複雑に行きつ戻りつしながら、運に見放された女の一生を辿る話かと思ったら、途中からロードムービー風になり、新たな殺人が起きてミステリー風になり、最後はまた懐古的に終わる、という、良い意味で期待を裏切る、でも散漫な印象の小説。一人の女の転落物語かと思えば、「嫌われ松子の一生」のような軽みはないし、ミゼラブルな話かと思えば淡々としていて掴まえようがない。途中まではすごく面白いと思ったんだけどなぁ。冗長とは思わない(むしろ短いくらい)けれど、散漫な感じでした。

2011/10/16 15:05

投稿元:ブクログ

結構場面場面が変わる作風なのかな?本当良いところで話が変わる。
う〜んこれじゃあ読者は止められない。
うまいな〜出てくるご飯も美味しそう

劇中に出てきたもち米を入れないお赤飯は、実はうちの実家はいつもそうでした。うちだけ?あれがお赤飯と思ってたのですよね。
あ〜他にも食べてた人いたんだ〜と懐かしくなりました。
物語りはかなりヘビーな人生を歩む主人公と別にヘビーではないけど、
ヘビーな人生を選ぶ刑事が出てくる。。。。

人殺しの汚名をきせられそれを受け入れさまよう主人公。。。。
殺された二人の男のどちらを本当は愛してたのだろうか?
殺人のすべての理由が分かった時、悲しい誤解やしがらみが出てくる。
それでも誰も恨まず、自分の記憶を頼りにさまよい
最後は水底の森へと向かう主人公。。。。

悲しい話のはずなのになぜかあまり悲しいとは思えなかった。。
やっと自分の居場所を見つけた彼女を、
どうしても悲しいとは思えなかったのかもしれないな。。。。