サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 言語・語学・辞典の通販
  4. 日本語の通販
  5. 宣伝会議の通販
  6. 懐かしい日本の言葉ミニ辞典 NPO直伝塾プロデュースレッドブック 続 絶滅のおそれのある日本語更に360語の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

懐かしい日本の言葉ミニ辞典 NPO直伝塾プロデュースレッドブック 続 絶滅のおそれのある日本語更に360語
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 宣伝会議
  • サイズ:15cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88335-116-5

紙の本

懐かしい日本の言葉ミニ辞典 NPO直伝塾プロデュースレッドブック 続 絶滅のおそれのある日本語更に360語

著者 藤岡 和賀夫 (著)

懐かしい日本の言葉ミニ辞典 NPO直伝塾プロデュースレッドブック 続 絶滅のおそれのある日本語更に360語

648(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「冷汗三斗の思い」をするぐらいなら、知らぬ言葉は、言わぬ(知らぬ)が仏?

2004/11/26 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めだかの兄弟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 やはりというか、当然のごとく? 続篇が出るなあって思ったので、迷わず買いました。 
 「本篇『懐かしい日本の言葉』が(中略)大きな反響を呼び、売れ行きも望外なものとなった。」と、P3の「続篇刊行にあたり」で、書かれている。さらに、本篇を紹介するうえで、言葉を扱う事を職業としている人などの、「夜もすがら」や「来し方、行く末(きしかた、ゆくすえ」などの言葉を会話の中で聞いて、絶句したという話も書かれていた。
 ところで、どのような会話で、「夜もすがら」と言ったのかが気になるが、きっと、引用間違いでもしたのだろうか? 副詞で「夜通し」とか「一晩中」という意味があるのを、知らずに使って、著者を絶句させたのだろうな、きっと。
 著者は、「こんなに言葉の衰えが急激でいいのか」って感じたのは無理もない。「本篇三百六十語を、二十七歳以下の若い人は七割分からない読めないと白状したのだ。」(P4)というのだから、今回の続篇の三百六十語でも同様の結果を見るだろう。と著者は踏んでいるが…果たして、結果はどうなるのだろうか? 私は、三百六十語のうち知っている言葉は、二百九十八語だった。「意味は?」って言われたら、この本を開かなきゃ判らないのも沢山あった。
 案外、知っているようで知らないものだったりして情けなくなった。< わかったつもり > は、いいかげんな言葉や意味へと姿を変えてしまうなあ、とも感じた。
 ひょっとして…私も日本語絶滅へと追いやっている張本人の一人であろうか…。いや、この本を読んでいるうちは、大丈夫である(はず)。言葉なんてどうでも良いとは思わないし、日本語の綺麗な言い回しは、素敵だし。歳を重ねて、忘れるようでは悲しすぎるから、と、こう思えるうちは大丈夫!(ね?)
 ところで…来し方、行く末は、「こしかた、ゆくすえ」だよって、著者は伝えたのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。