サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 砂漠の風に吹かれて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

砂漠の風に吹かれて(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/468p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-04804-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

砂漠の風に吹かれて (扶桑社ミステリー)

著者 ベティ・ウェブ (著),上条 ひろみ (訳)

砂漠の風に吹かれて (扶桑社ミステリー)

977(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

編集者コメント

2005/01/21 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:担当編集者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

命がけで事件を追う、タフで繊細な女性探偵、デビュー!

 砂漠の街の女探偵、リナ。幼いころに銃撃された傷を顔に残し、悲惨な過去を心に埋めて生きている。
 ある夜、知りあいの女性がむごたらしく殴り殺された。事件を探るリナは、この街の醜い裏の顔に直面する。女性に虐待を繰りかえす野蛮な男。裕福な一族の歪んだ欲望。大規模開発による環境破壊。そして、その陰で虐げられた人びとの苦しみ……真相に迫るリナを、さらに砂漠の恐るべき罠が待ち受けていた!
 繊細な心をタフな精神につつみ、全米で熱狂的人気を博した、女性探偵のデビュー作。パレツキー・ファンの読者なら、きっと共感できるキャラクターです。クライマックスの、砂漠でのサバイバルは圧巻です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/19 18:14

投稿元:ブクログ

女性私立探偵リナ・ジョーンズ シリーズの第一作
「タフで繊細な女性探偵、砂漠の街にデビュー」と帯にあります。

砂漠の町アリゾナのスコッツデールで探偵事務所を開いているリナは、その額に銃弾の痕を持っていた。傷を負った4歳の彼女は病院の緊急救命室に置き去りにされたのだった。額と心に負った傷を胸に、人と関わることを避けながら生きる彼女だが、ある日、知り合いの女性クラリスがむごたらしく殴り殺された。
犯人と目されたのは彼女に暴力を振るっていたその夫。
しかし、事件に関わるうちリナに見えてきたのは、スコッツデールを牛耳るクラリス一族の欲望に満ちた醜い姿だった。
発展を続けるスコッツデールを舞台に、砂漠の美とその恐ろしさ、自然破壊、人種、芸術、など様々な要素が絡み合う中、事件の真相があらわになっていく・・・・

幼い頃受けた傷と里子として送った人生のせいで、タフでハードボイルドに生きようとするリナ。人と関わることを恐れ、傷つくのが怖さに恋人のダスティを「まだ愛していない」と呪文のように唱えるリナ。
そんなリナを、恋人のダスティは言わずもがな、仲間だった警官たちも、事務所の同僚のジミーも、みんな愛しく思っています。幾度も殺されそうになりながらも、ひたむきに真相を追い求めるリナの姿が印象的な作品でした。
リナの力強い行動とうらはらな繊細さがイチバンの魅力。次回作が楽しみです。