サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~12/7

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:20cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-83240-7

紙の本

沈黙で建てた家 朝鮮戦争と冷戦の記憶

著者 曺 恩 (著),中村 福治 (訳),秦 花秀 (訳),村上 尚子 (訳)

朝鮮戦争・冷戦下の韓国社会を舞台に、家族を核に同心円的に広がる人々の話をオムニバス形式で綴った小説。朝鮮戦争が人々の心に残した深い傷跡、反共イデオロギーが人間関係をいかに...

もっと見る

沈黙で建てた家 朝鮮戦争と冷戦の記憶

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

朝鮮戦争・冷戦下の韓国社会を舞台に、家族を核に同心円的に広がる人々の話をオムニバス形式で綴った小説。朝鮮戦争が人々の心に残した深い傷跡、反共イデオロギーが人間関係をいかにきつく縛り付けてきたかが浮かび上がる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

曺 恩

略歴
〈曺〉1946年ソウル生まれ。ハワイ大学で社会学博士学位取得。韓国の東国大学教授。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出版社コメント

2004/12/13 19:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平凡社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

来年は日韓正常化40周年を迎え、「日韓友情年2005」とされています。折から「韓流ブーム」で、日韓の文化交流が賑わいでいることは喜ばしいことです。しかし、同年に来年は、朝鮮戦争の勃発から55年目の年でもあります。それはちょうど、一人の人間が成熟し老いの兆しなかに、自らの人生を振り返えろうとする時間でもありました。
 本書の著者である軋恩(チョ・ウン)さんは、ご自身の最初の記憶である1950年の朝鮮戦争勃発から、南北首脳会談のあった2000年までの50年間の自らと周囲の人々の韓国人としての経験と記憶を、実に繊細な手つきで丁寧にすくい上げ、それを「小説」にされました。それが、本書『沈黙で建てた家』です(韓国では、2003年1月刊行)。
本書が扱うのは、戦争や政治を直接戦った男性中心の「戦場の記憶」や「政治の記録」ではありません。本書が試みるのは、韓国のこの50年の現代史で、戦争と冷戦が、日常の生活を必死に守ろうとして生きる女性や男性たちの人生をどのように傷つけてきたのか、生活の中に深く埋め込まれた内戦と分断の記憶が、人々の心と絆にどれほど大きな抑圧や亀裂をもたらし、どれほど長く深く沈黙を強いてきたのか、そのことを女性の眼差しを通して静かに語ることでした。
 その意味で、「沈黙で建てた家」とは、まさに現代韓国社会そのものです。あるいは、それは戦後日本社会の「陰画」でもあると言ってよいかもしれません。
 カレンダーのように日付と共に刻まれた現代史の出来事、複雑で多様な親族のさまざまな経験を共有する親密な人間関係の拡がり、そこには日本社会とは異なる歴史の記憶の文化があります。その韓国の記憶の文化は、私たち多くの日本国民が「戦後」と呼びならし、自由と民主主義と経済成長の時代として記憶している同じ時代が、また異なる相貌をもつ時代であることに思い至らせてくれます。二つの国と社会の間で、異なる相貌として記憶された同時代のイメージを重ね合わせることは、まさに「日韓友情年」のために何より大切な営みではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。