サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 新フォーチュン・クエスト 11 クレイの災難 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新フォーチュン・クエスト 11 クレイの災難 上(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/264p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3266-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新フォーチュン・クエスト 11 クレイの災難 上 (電撃文庫)

著者 深沢 美潮 (著)

新フォーチュン・クエスト 11 クレイの災難 上 (電撃文庫)

594(税込)

新フォーチュン・クエスト(11) クレイの災難<上>

594 (税込)

新フォーチュン・クエスト(11) クレイの災難<上>

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

クレイにとって最大の試練

2006/02/06 21:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒポちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 次はどんな冒険が展開するのだろうと毎回楽しみな大長編冒険ファンタジーの大御所「フォーチュン・クエスト」。今回は主人公パステルたちパーティのリーダーである戦士のクレイをめぐる物語の幕開けだ。
とは言っても、明るく楽しい内容とは言い難い。今回クレイが直面することになる現実は、彼の大切な人の命に関わるあまりに重い内容。今回は彼にとってこれまでにない程の最大の試練になることだろう。
 クレイ・シーモア・アンダーソン。代々騎士というお家柄で曾祖父は青の聖騎士として名高い英雄。彼の名前はその曾祖父から受け継いでいる。かっこよくて、真面目で人徳もあり、一見なんの問題もない好青年。
そんな彼の唯一の欠点は、戦士としては優しすぎるところである。モンスターを前に切ることを躊躇ってしまうその優しさは彼の長所でもあるけれど、これは戦士としては致命的な弱点だろう。そのことは彼自身も分かっており、悩みの種にもなっている。
 また、曾祖父が歴史上に名を残す有名な英雄で、その曾祖父の名前を受け継いだことが逆にプレッシャーで重荷になっている。なぜ兄たちではなく三男の自分が名前を継ぐことになったのか、今回はその謎が明かされている。その答えは彼の悩みや迷いを払拭してくれるものだったのだろうか。かえってプレッシャーになるのではないだろうか。パーティの仲間たちと同様に今はただ見守るしかない読者側としてはちょっとつらい。
 それにしてもなんて不運な男なのだろう。こんなに貧乏くじばかりをひく戦士がかつていただろうか。最大の試練を前に、しょっぱなからつまずき、いつもに輪をかけて不運に見舞われるクレイの姿に、読者の多くは溜息をついて嘆いたことだろう。「ああ〜、クレイあなたってどこまで不幸なの〜」と。
けれど、今回の最大級の試練を乗り越えた時に一つの答えがきっとみつかると思う。クレイ自身がこれから進む道も。
 本当に大事なことは安易に決断してはいけない。悩んでうんと考えて導き出した答えならば、どんな結果になろうと後悔はしないはず。だから彼にもうんと悩んで揺るがない答えを見つけて欲しい。
吹っ切れ、自信に満ちあふれ晴れ晴れとした笑顔の彼に会える日が楽しみだ。今ははやく下巻が読みたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/03 12:03

投稿元:ブクログ

表紙のクレイがちょっとキモイのは置いといて、でも彼が今回の主役です。
不幸を背負った美形のファイター。
確かに昔から不幸ばっかりではあったけど、今回も凄く可哀想です。
クレイがああやって、泣くシーンは初めてみたような気がします。トラップはそういう面では素直そうだから、驚きはしないけど、クレイがねぇ・・・。
優しいから、誰にでも親身なクレイ。
でも、パーティー(仲間)への思いとはまた違う思いがサラにはあったんでしょう。
まぁ、一応正式な婚約者だしね。

そのサラの事が今回の冒険の目的でもあって、結局皆集まっての冒険が始まります。
とことん不幸なクレイは、謎の行商人の影響もあって、いつの間にかお尋ね者に・・・・、いつにも増して不幸なクレイくん(笑)
彼が今回一番頑張らないといけないんだけどな、それはきっと下巻になれば解ることだけど。

誰かの命に関わる事で冒険してきたのは今まででもあったけど、今回は何か気分が違います。
クレイにとってサラはどういう人なのか、未だにはっきりと明確に表現はされていません、多分今回のクエストの最後には一つの答えが出るのかもしれないです。

そうやって一人一人の事で答えが解っていくのは嬉しいのだけど、ちょっと寂しい気もします。
本当に血の繋がった家族を持たない(失った)パステルの道は何処にいくのか。
ルーミィはもしかしたら、これから家族と会えるのかもしれないけど、パステルは・・・ねぇ。そういう面で一番切ないのはやっぱりパステルなのかなぁと。

ポイント感想。
・クレイが自分の名前の事を語った事におおっ!と思った。
・クレイがだんだんとホントに美形になってきた。
・パステルももうちょっと大人顔にして欲しい。
・あ、まだこの子17歳だった。
・そのくせ、トラップは顔が大人びてきた。
・っていうか、身長がいつの間にか180センチ代。
・ちょっ・・・成長期?(心も身体も)
・もう伸びなくてもいいよ。
・それよりもなによりも
トラップのパステルの呼び方が「おまえ」から「あんた」になった事に違和感。
・ええっ!先生!深沢先生!ソコんところどうなんですか?
・トラップの心境がいつか知りたい。
・むしろ深沢先生の心境が知りたい。
・暗闇の中でも光るトラップの目が怖い(笑)
・あと数年はパステルはトラップの気持ちには気づかないと思う。


えーと、物語ってパステル視点なので(最初からずっと)良くも悪くも他の人物の心の中ってのは見えません。でもそういや、不思議と気にした事なかったなぁと。

何か今回、トラップが違う意味で頑張ってますけど、いつかそれが報われる日がくるのかなぁと、ずっと先の事を心待ちにしています。
あくまでも、冒険が主軸の物語なので、それ(恋愛)がメインになっては逆に面白くないんですけどね。いつまでもトラップには肩透かしして欲しいです。
パステルは天然+鈍感人間だから。

2006/01/16 00:26

投稿元:ブクログ

買おうかどうか迷いつつ、やっぱり買ってしまった一冊。内容は文句なし。すらすら読めました。…ただ、惰性なのが気になります。そろそろ終盤?な雰囲気は在るのですが…。

2006/02/05 20:21

投稿元:ブクログ

絶対惰性で買っているような気がしてきました。
なんだか著者のキモチとパステルの実年齢のキモチが相容れていない気がします。

2006/04/09 21:18

投稿元:ブクログ

中学生の時から読んでるシリーズの最新刊。
フォーチュンを読むと世界観にすごくホッとします。
私的にお勧めです^^

2006/05/10 00:42

投稿元:ブクログ

表紙の金髪のクレイは似合ってないと思うんですが、似合ってると表記されているからには似合っているんでしょう。最近読んだ本の登場人物の名前なんかはすぐに忘れてしまうことが多いんですが、フォーチュンはもう大分前から読み続けているからか結構覚えているみたいです。しかし昔読んだのは忘れているところも多いので、初めから読み返したくてなりません。ほとんど図書館で借りて読んでるんですが、買い揃えてみたい。でもいまさらな気もします。

2012/08/01 21:36

投稿元:ブクログ

クレイに帰って来る様にと手紙が来て、メルに会いに行ったノル、スグリとしばらく一緒にすごすキットン以外が一緒に行く。
告げられたのは大変なことで、急遽合流、クエストに行くことになる。

2011/12/25 11:41

投稿元:ブクログ

前回の冒険で、記憶を取り戻したスグリと再会したキットン。彼がしばらくスグリと一緒に過ごしたいというので、ノルはメルの元へ、残りのメンバーはクレイとトラップの故郷を訪ねることにした。
ドーマについた一行は、クレイの婚約者のサラが重い病気にかかっていることを知る。彼女を救うためには、青の聖騎士、クレイ・ジュダと縁のあるギルニー山脈のダンジョンに咲く青い花が必要だ。急いで集合したパーティーは、ギルニー山脈へ向かうが……。

ルーミィがさらわれそうになったり、ズルマカラン砂漠でアクスと会ったり、クレイの名前の由来が明らかになったり、ジュン・ケイが女性だって事を公にしたり。ジュン・ケイ、ひょっとして好きな人ができたのかな。トラップの精一杯のアプローチをパステルがスルーしたりもしたなw他にもいろいろ。クレイは副題にもある通り、安定の不運だった。

トラップのお母さんのご飯美味しそう。マカロニグラタンとオニオンスープ。

ルーミィのクレイへの手紙、かわいかったな。

FQでDSシリーズや「青の聖騎士」の登場人物の話が出てくると、テンション上がる!

2014/08/09 09:02

投稿元:ブクログ

久しぶりのフォーチュン・クエスト。
たしか前回はキットンが大活躍だったんだよね…と記憶も頼りない。
でも、長い付き合い(?)だからか読み始めたら懐かしいし、面白い。
やっぱりパステル達はいいなぁ。

今回の主役はクレイ。
もう散々な目に会っていて本当に不憫…。
でも、優しいんだよなぁ。
というか何年ぶりかに読むと皆優しいなぁと感動してしまうほどだ。
ちょっと弱った心がじんわり温まる。
私もこんな風に優しくなりたい。

いいところで「つづく」になってしまったのですぐに下巻に取りかからねば。

2015/11/07 07:13

投稿元:ブクログ

クレイとトラップの故郷、ドーマにやってきたパステルたち。
そこでクレイの婚約者であるサラが重い病気にかかっている事を知り・・・
サラの病気を知りお見舞いに行くシーンはいつものフォーチュンとは違い、シリアスムードでサラ死んでしまうの??と思ってしまった。
そのサラの病気を治す事が出来るという、奇跡の花をパステルたちは探しにクエストへと出かける事。
奇跡の花があるとされるダンジョンは青の聖騎士とされるクレイの曽祖父も訪れた事もあるという所。
早速出かけたパステルたちだったが、謎の行商人がクレイの顔を利用している事から各地に人相書きが出回っていて、クレイも本人であるのに面倒事に巻き込まれそう・・という事から変装をするのだが、その変装が表紙の金髪姿。
でも不幸の代名詞(笑)クレイはさすが、変装した事によって更に怪しまれ、牢屋に入れられる事に。
サラを救う花を探しに行くのに、クレイ不参加でダンジョンへと向かうパステルたち。
うーん、さすがクレイ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む