サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いつもの朝に
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-775356-1
  • 国内送料無料

紙の本

いつもの朝に

著者 今邑 彩 (著)

父を事故で失った日向家。画家の母と優秀な兄、そして落ちこぼれの弟・優太。二人はあるきっかけで恐るべき出生の秘密を知る…新感覚ホラーミステリー。【「BOOK」データベースの...

もっと見る

いつもの朝に

2,484(税込)

ポイント :23pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

父を事故で失った日向家。画家の母と優秀な兄、そして落ちこぼれの弟・優太。二人はあるきっかけで恐るべき出生の秘密を知る…新感覚ホラーミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能の兄と、何をやらせても落ちこぼれの弟。顔のない少年の絵、いびつな兄弟、30年前の凄惨な事件…。全てを覆しうる、出生の秘密。本当のユダは誰だ? 現代を生きるカインとアベルの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

今邑 彩

略歴
〈今邑彩〉1955年長野県生まれ。都留文科大学英文科卒業。会社勤務を経て、作家に。89年「卍の殺人」で「鮎川哲也と13の謎」の13番目の椅子を獲得し、デビュー。著書に「蛇神」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.3

評価内訳

これ、めちゃ面白です。読まなきゃ損ですよ、、。

2007/02/26 17:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、話題の一冊で、みなさん絶賛していました。
 北上次郎さんも、褒めてたし、NHKの週刊ブックレビューでも
扱っていたし、(多分選者は、女優の富士真奈美さんだったと思う)
 本の雑誌の上半期のベスト10冊にも選出されていたし。
で、読んでみたら、めちゃ面白!!。
一気読みでしたよ!!。
みなさん、兎に角読んでみてください!!。
 母子家庭での、好対照な兄弟の話し。
兄は、イケメンで勉強もスポーツも出来ます、
一方の弟は、正反対で背も低く、直ぐなんでもサボって落ちこぼれ気味です。
愚痴も多く、なにかと優秀なおにいちゃんを
僻んでながめています。
 そんな家庭でのいつもの朝なのですが、、、。
 最初は、兄弟ものの、最初は、反発するものの
最後は、協調しあう、甘い感じのお話しかなぁと思っていましたが、
 全然違いました!!。
この兄弟に深い影を落とす、過去に起きた一家惨殺事件が、
あるのですが、それをめぐって
中盤に物凄い大きなドンデン返しが、あるのですが、
(書きたいけど、これだけは、書けない)
そこからは、ノン・ストップですよ!!。
 又この兄弟に深い影を落とす一家惨殺事件の犯人の動機についてもですが、
よくあるサイコパスの連続殺人事件や大量殺人事件の動機って、
常人や、常識では計り知れないものが、多いものですが、
 この動機は、狂おしいほど理解できます。
(これも、書きたいのだけれど、一応この本の”肝”の一つなので書きません。とほほ)
そして、これもこの本に深みと共感を与える大きな要素で
本当に切なすぎます。
 北上さんが、兄弟ものの、傑作と称していて
読んでいる最中は、兄弟ものというよりミステリだろうっと
思っていましたが、
 読み終わって振り返ると、やっぱり兄弟ものかもしれないなぁと
思い直しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/30 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/11 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/12 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/23 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/18 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/13 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/12 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/05 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/07 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/04 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/20 02:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/17 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/21 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/25 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る