サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「デザインで読むハヤカワSFフェア」ポイント5倍キャンペーン (~7/24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドラゴンキーパー 最後の宮廷龍
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2006.9
  • 出版社: 金の星社
  • サイズ:22cm/429p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-323-07068-3

紙の本

ドラゴンキーパー 最後の宮廷龍

著者 キャロル・ウィルキンソン (作),もき かずこ (訳)

広大な国のはてに、自分の名前さえ知らず、奴隷として暮らす少女がいた。その不幸な少女ひとりが、龍のほんとうの声を聞くことができた。気がつけば、少女は龍とともに飛んでいた。そ...

もっと見る

ドラゴンキーパー 最後の宮廷龍

税込 2,376 22pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

ドラゴンキーパー 3巻セット

  • 税込価格:7,12866pt
  • 発送可能日:購入できません

ドラゴンキーパー 3巻セット

  • 税込価格:7,12866pt
  • 発送可能日:購入できません

ドラゴンキーパー 3巻セット

  • 税込価格:7,12866pt
  • 発送可能日:購入できません

ドラゴンキーパー 3巻セット

  • 税込価格:7,12866pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

広大な国のはてに、自分の名前さえ知らず、奴隷として暮らす少女がいた。その不幸な少女ひとりが、龍のほんとうの声を聞くことができた。気がつけば、少女は龍とともに飛んでいた。それは、自由を求める長い旅の始まりであり、迫りくる敵との闘いの中、自分が何者なのかを知る心の旅の始まりでもあった。【「BOOK」データベースの商品解説】

【産経児童出版文化賞(第54回)】【オーストラリア児童図書賞ヤングリーダー部門賞】広大な国のはてに、自分の名前さえ知らず、奴隷として暮らす少女がいた。その少女ひとりが、龍の本当の声を聞くことができた。気がつけば少女は龍とともに飛んでいた…。漢王朝を舞台にしたファンタジック・アドベンチャー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

キャロル・ウィルキンソン

略歴
〈キャロル・ウィルキンソン〉英国生まれ。10代からオーストラリアに住む。「Black Snake」でオーストラリア児童文学賞ノンフィクション部門オナー賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

龍と旅して

2006/11/23 12:38

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみひこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台は、中国の昔々。
国のはずれにある皇帝の離宮に暮す奴隷の少女。彼女は皇帝の庭に飼われる龍の世話をする龍守りの男に仕えていた。龍嫌いの皇帝に疎んじられて、都から追い払われ、穴蔵の中で家畜よりひどい扱いを受けていた二匹の龍。ある日、一匹の龍が死ぬ。残された最後の龍の世話をしようとした時、少女の頭の中で不思議な声が鳴り響き、少女は思いがけず龍と運命を共にすることになる。 龍と少女の海を目指す旅が物語の主流なのだが、その旅は皇帝から龍を買い取って殺そうとするドラゴン・ハンターや、龍の玉をねらう死霊使い等との闘いや、新しい皇帝となる少年との出会いと泰山での儀式等、さまざまな起伏に満ちていて面白い。
 その中で、自分の名前も知らなかった少女が、龍守りとしての自分の能力を見つけていく過程が描かれている。
 オーストラリア人が描く中国は、単純な線描きの描写のようではあるが、なかなか魅力に満ちている。ただし、どうも、この物語のもう一人の主人公である龍が、少々情けない。龍は年をとっていて、ひどい飼われ方をしていたので体も弱り、羽も破れている。その為、二人は飛ぶこともできずに歩いて旅を続けるはめになる。時たま、老人や蛇、鉈などに変身できる能力もあるのだが、それも長くは続けられない。千里眼を持っているのに、少女が本物の龍守りであるのかどうか龍自身も疑いを持っている。年をとった龍だから仕方ないのかもしれないが、年を取るごとに知恵が増すというような東洋的な長老としての龍のイメージからは違和感がある。だから、宮廷で飼われるような動物に成り下がってしまったのだろうかと思ってしまうのだ。
 作者の公式ホームページによると、第2巻もすでに出版されているようだ。その新たな物語の中で、龍の能力や龍守りの能力について、きっと明らかにされていくだろう。
 表紙絵が実に魅力的で、思わず手に取ったこの作品。意外にも龍について再考を促されるような楽しい旅が始まったようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/20 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/12 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/20 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/19 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/02 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/04 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/20 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/26 07:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/20 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/14 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/28 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/15 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。