サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エロほん♥ b‐BOYアンソロジー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: リブレ出版
  • サイズ:21cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86263-191-6
コミック

紙の本

エロほん♥ b‐BOYアンソロジー

エロほん♥ b‐BOYアンソロジー

税込 1,008 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「エロだけ」というのは、もういいです……

2007/07/07 17:49

9人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のオビにあった「萌え系えっち満載」の「萌え系」の意味は残念ながら私にはよく分かりませんでしたが、胸焼けがするほど「えっち」が「満載」であるのは間違い在りませんでした。
 同じ出版社から出た 「エロとじ」を読んだときにも、つくづく思ったのですが、物語的な背景や、登場人物の個性や微妙な恋愛感情などをそっちのけで、エロばかり切り取って克明に見せられても、あまり「萌え」ないような気がします。でも、絵が魅力的だと、それだけでいろいろ補って楽しめてしまう場合も多々あります。そのあたり、マンガはお得であるかもしれません。
 みなみ遥氏の「君を繋いでキスして抱きしめて」は、タイトル以上の何ものをも含まない、実にシンプルな作品でしたが、とりあえず絵がきれいなので耐えることができました。でもなんだかマネキンが交合しているようにも見えました。
 山葵マグロ氏の「ネクラートホリック」は、齢三百年の吸血鬼が「受け」というものすごい作品ですが、主人公が作中で語っているように、やってることは一昔前のポルノ映画のノリでした。
 南国ばなな氏の「桃色せえるすまん」は、怪しい玩具の訪問販売員と顧客の関係に心情的な余韻を感じられたので、中身がエロばっかりでも、まあいいかと思いました。
 腰乃氏の「暴露の夜」は、この本の中では例外的にエロ度数が少なくお話が語られているのですが、デコボココンビの楽しい生態観察という印象で、いまいち色気がないというか、恋愛マンガを読んでいる気分にはなりませんでした。
 カワイチハル氏の「ラブ・ハニー・ライター」は、やさしい同居人に保護され愛を補給されながら作品を書く、童顔ハードボイルド小説作家のお話ですが、同居人との心情的つながりに通り一遍の生温い依存以外のものが見えず、もの足りなく感じました。
 桟敷ベム氏の「ベイビー・ベイベ」は、激しいドラマに支えられたエロだったので納得感がありましたが、主人公もその恋人も、礼拝堂のマリア像も、どこかの原人のように鼻が低く口の大きな顔立ちであることに(でも横から見ると鼻が高くホリが深くなる)、気持を「萌え」から遠ざけました。
 北上れん氏の「雨天決行ルール」は、閨房であることが達成されたお祝いに、あずき入りのリゾットを作って「赤飯」なんて言って食べさせているところが、なんか良かったです。
 和泉棒子氏の「恋のお見舞い申し上げます」は、かわいくて一生懸命なだけが取り柄の後輩が、私はあまり好きになれず、お話に入り込めませんでした。先輩の看病に来ておいて、散々迷惑かけた挙げ句ご飯まで作ってもらう無神経さはいただけません。可愛ければ何でも許されるようなお話は嫌いです。
 かゆまみむ氏の「メロメロゲーム」は、片思いの相手の本心が、心の屈折や恥じらいを吹き飛ばす王様ゲームで露見するというお話ですが、屈折や恥じらいがお互いの気持の通じ合いを妨げていたわりには、あまりにもあられのない展開で、その違和感に目眩がしました。
 わたなべあじあ氏の「パラデイィソ」は、このアンソロジーのなかで一番好きになった作品でした。「天国の谷」という閉鎖空間に隔離されているらしいイケメンの天使四人は、普段一体何をして暮らしているのかとか、なんで天使が軍服みたいなの着ているのかとか、彼らを夫とした主人公のキーラが無限に「卵」を生み続けたら一体どうなってしまうのかとか、考え出すと、無性にお話の続きが読みたくなりました。







このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/04 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/20 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビーボーイコミック ランキング

ビーボーイコミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。