サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. カラクリ荘の異人たち もしくは賽河原町奇談

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カラクリ荘の異人たち もしくは賽河原町奇談(GA文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.7
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-4298-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

カラクリ荘の異人たち もしくは賽河原町奇談 (GA文庫)

著者 霜島 ケイ (著)

異世界へ行く方法を尋ねられ「車か電車で行けば?」と答えた太一に、クラスメイトの采奈は「そんなのつまらないし、安易すぎ」と言った。しかし、下宿することになった空栗荘へ向かう...

もっと見る

カラクリ荘の異人たち もしくは賽河原町奇談 (GA文庫)

648(税込)

カラクリ荘の異人たち ~もしくは賽河原町奇談~

648 (税込)

カラクリ荘の異人たち ~もしくは賽河原町奇談~

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「カラクリ荘の異人たち もしくは賽河原町奇談」が含まれるセット商品

カラクリ荘の異人たち (GA文庫) 全4巻完結セット(GA文庫)

カラクリ荘の異人たち (GA文庫) 全4巻完結セット

商品説明

異世界へ行く方法を尋ねられ「車か電車で行けば?」と答えた太一に、クラスメイトの采奈は「そんなのつまらないし、安易すぎ」と言った。しかし、下宿することになった空栗荘へ向かうため彼が賽河原町でバスを降りると、そこは人でなく魚人やムジナ、のっぺらぼうに、喋るカラス—etcたちが行き交う、妖怪たちの住む町だったのだ。おまけにたどり着いた空栗荘は、人間とはいえ一癖も二癖もあるような住人たちばかり…。そんな「あちらとこちら」が混じり合う場所で新生活を始めた太一に巻き起こる、不可思議な出来事の数々とは?賽河原町奇談開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

バスをおりたら、妖怪の町でした。

2008/10/30 20:58

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紅葉雪 - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前より、この作者は『人間以外のモノ』を書いたら抜群で、さらには『人間』と『人間以外のモノ』の関係や、『人間』を描くのが上手いと感じていた。

今回のこの作品も同様である。

家庭の事情から下宿することになった高校生の太一。ところがその下宿先、カラクリ荘に向かう途中、何と妖怪の町へ……?  カラクリ荘は『人間の世界』と『妖怪の世界』の接点に建てられていたのだ。

そこの大家を始め、住んでいるのも、一癖二癖どころか、三癖も四癖もあるつわものばかり。さらには人間だけでなく、人形の『付喪』(つくも)アカネを筆頭に、愛敬(?)たっぷりの妖怪たちも登場する。
他人と上手くコミュニケーションがとれない太一も次第にそのペースにまきこまれ、ついでに不思議な事件に巻き込まれ……。

と書くと、最近のYAに多くみられる何ともありふれた話のようだが、これはあくまで「あらすじ」を纏めている自分の力量が不足しているため。

話は申し分なく楽しめる。

一番の魅力は活き活きとした、個性的なキャラクターたちだろう。
一昔前の古き良き時代(?)の日本にあるような、決して他人を放っておかない、親密で世話好き、言い換えればお節介な人間や妖怪たちを描きながらも、作者はまた同時に不思議な距離も保っている。

強いて言うのであれば、誰もが心の底に持っている痛みや傷、他人には触れてほしくない所には登場人物たちにも触れさせず、でも放っておくのでもなく、少しだけ距離をとって気にかけている……そんな優しいスタンス。

この作者の本は、デビュー当時の絶版になってしまっているものを除き、ほぼ全て読破している。自分にとっては、中身やあらすじを確認しなくても、
「霜島ケイ」という名前だけで安心して本を購入できる、数少ない作家の一人でもある。

今年8月に、続編「カラクリ荘の異人たち2」
も出版されているので、この本を読んで気に入ったという方には、そちらもお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/16 19:19

投稿元:ブクログ

妖怪たちの暮らすあちら側と、人の暮らすこちら側との話。キャラクターが魅力的。ちょっと切なくて、でも優しい雰囲気。
2013/03/16

2009/10/06 21:29

投稿元:ブクログ

もしも、妖怪たちの居る世界に来たら、君はどうする?的な。
主人公のスタンスが受身的なのが逆に身近に感じられて好き。
ちなみに、人と交流することを拒んでいたときに薦められた本だったのでした。

2013/02/03 15:17

投稿元:ブクログ

かわいい~。ミギーさんのイラストが随所随所に散りばめられてるというだけでお値打ちものです(*´∀`*) 
カラクリ荘の人たちもみんなかわいくてほのぼのしちゃいます。特にミヨシさんとレンさんと大家!
続編にも手を出してみようかな…

2011/04/10 23:55

投稿元:ブクログ

霜島ケイさんの作品は「封殺鬼シリーズ」は読んでたのですけど
この新シリーズを最近知ったのでつい買っちゃいました。
だって妖怪が出るいうから。妖怪モノ大好物なので。
とりあえず紹介的な始まりの1巻なので大家さんの謎とかこのカラクリ荘の秘密とかさわり程度でまて次号って感じでしょうか。
主人公君も何か秘密が明かされそうであやふやでしたし。

2009/04/06 02:10

投稿元:ブクログ

イラストと話の内容がマッチしているなぁと思った。

霜島作品は初めて読むし、ミステリーのイメージがあったが今回はファンタジーだった。

作品の世界観となる賽河原町は、その名の通り面白い所だし、主人公が下宿する空栗荘の住人も不思議な人ばかり。

知っているだけでも、後二巻はあるはずだから今後が楽しみ。

>それにしても、ミギーさんのイラストを久しぶりにみた。相変わらず独特。

2011/04/24 23:01

投稿元:ブクログ

何か、大事なものをすとんと忘れてきたよな主人公。
父親は再婚するし、主人公はそんなで家の中はぎすぎす。
親としては、妥協案も出したくなるもの、です。

感情がすっぽりどこかに抜け去っているおかげで
妖怪に会おうが何が起ころうが動じない。
ある意味いい事だとは思いますが、ないと困る場合も。

来た時は無表情無関心だったのに、やはり泣く子に勝てず?w
少しずつ、なじんでいくというよりは感情が出てきていて
立派な『お人好し』へと成長していっている気も。

人ではない世界と、人の世界。
全体的にほんわかしているのが、結構好きです。

2013/12/04 08:17

投稿元:ブクログ

封殺鬼が好きなので、Kindleで見つけて買ったものの、表紙の絵柄と冒頭の主人公のナイーブさに食指が動かず、しばらく放っておいた本。
でも読んでみたら、やっぱり霜島ケイさんだけあって、全然面白かった。

2010/08/06 00:27

投稿元:ブクログ

妖怪に話しかけられても、淡々と受け答えする主人公がイイ。ありがちなトラウマ話や人情(?)話はつい読み飛ばしてしまうけど、カラクリ荘の癖のある住人や懐こい妖怪たちが魅力的。

2009/11/16 23:16

投稿元:ブクログ

ミギーさんのイラストに惹かれて買った所、おもしろい作品に出会いました・・・!
続刊はまだ読めていませんが、時間があればこの巻だけでももう一回読もうかな・・・と考え中

2017/01/03 14:57

投稿元:ブクログ

・ライト色の強い封殺鬼だ
・だってミヨシくんと十遠見さんが非常に聖とユミちゃん
・だがCV諏訪部はタカハシさんだと思う
・アカネちゃんこれはいいロリ
・オカルト部分の闇もわりとライト霜島節
・ラブコメだーー!!

2013/06/19 00:10

投稿元:ブクログ

全4巻完結。第3巻のあとがきで番外短編があると言っているが、これは未読。
和泉がんばれっ!六花(第3巻登場)雪女でツンデレなんて素敵だ。

2010/09/30 20:28

投稿元:ブクログ

○感想

金曜日に、
飲み会行きの電車の中で読んで泣きそうになった。

のらりくらり、昼行灯のような人になりたくなる。

2013/05/11 21:58

投稿元:ブクログ

優しくてレトロな雰囲気が好きです。けっこう淡々とした語り口。ライトで読みやすい。異界とつながるカラクリ荘に下宿することになった少年が、過去のトラウマで心から失った何かを、妖怪たちとの交流を通して少しずつ取り戻していく。
続き、読みます。

2012/04/13 17:22

投稿元:ブクログ

香月日輪の「妖怪アパート」シリーズにも似たYA。
でも文章や民俗学に関する造詣は封殺鬼の霜島ケイだけあって、こちらのが秀逸。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む