サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.6
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-387713-8
  • 国内送料無料

紙の本

若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語

著者 ジョー・D.プライス (著),山下 裕二 (インタビュアー)

ありがとう、ジャクチュウ。あなたの絵に出会って、私の人生はすっかり変わってしまった−。オクラホマ出身のアメリカ青年が、いかにして世界的な伊藤若冲コレクターになったのかを語...

もっと見る

若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語

1,944(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ありがとう、ジャクチュウ。あなたの絵に出会って、私の人生はすっかり変わってしまった−。オクラホマ出身のアメリカ青年が、いかにして世界的な伊藤若冲コレクターになったのかを語り尽くす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョー・D.プライス

略歴
〈ジョー・D.プライス〉1929年アメリカ生まれ。オクラホマ大学卒業。財団「心遠館」を設立。若冲の世界的コレクター。「若冲をよみがえらせたアメリカ人」の称号を、美術史家辻惟雄氏より賜る。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「出会い」の喜び、素晴らしさについての本

2009/07/07 01:15

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「プライス・コレクション」の生みの親、アメリカ人ビジネスマンのジョー・プライス氏の若き日の若冲(じゃくちゅう)との出会い、コレクションを築き上げてゆく中での苦労と苦難、そして何よりも若冲と出会えた喜びの半生が、よきインタビュアーによってて引き出された本。
 インタビュアーが"日本美術応援団"の山下裕二教授であることもあずかって大きいものがあろう。

 若冲とは、江戸時代後期、京都の日本画家・伊藤若冲のことである。
 いまでこそ若冲はかなり人気のある存在となっているが、プライス氏が再発見するまで、日本でもほとんど埋もれた存在であった。
 2006年には、東京と京都など日本各地で大規模な「プライス・コレクション」展が行われ、私自身も若冲には大いに魅了された。

 しかしながら「出会い」というのは、突然やってくるものだ。ほとんど神秘的としかいいようがない。プライス氏の場合も例外ではない。
 メルセデスのスポーツカーを買うためのカネを用意してニューヨークに来たカネ持ちの青年が、父親の友人であり、かつて帝国ホテルの設計も行った建築家フランク・ロイド・ライトに連れられて入った日本画廊で出会った1枚の日本画に魅了され、逡巡した末に大枚はたいて購入してしまったことから物語が始まる。

 その時は日本には一回もいったことがなく、もちろん日本語も読み書きもしゃべることのできない、日本文化に関心をもつ人の多い東海岸でも西海岸でもない、中西部オクラホマ出身のアメリカ人。
 コレクションを始めてから20から30年は、日本美術について語り合える友もなくまったくの孤独であったという。そんなプライス氏を支えたのもまた若冲をはじめとする埋もれた日本画家の作品たちと京都出身の日本人の妻であった。

 この「出会い」は、プライス氏にとってだけでなく、若冲にとっても、日本人にとっても、本当に稀有な、素晴らしい出会いであった。
 プライス氏によって「発見」されなかったら、若冲もこれほど日本でも知られることがなかっただろうし、またわれわれも画集や実物を通じてみることもなかったであろうから。

 これは「出会い」の喜び、素晴らしさについての本でもあるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/06 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/25 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/25 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/04 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/05 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/16 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本画 ランキング

日本画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む