サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天狗はどこから来たか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 大修館書店
  • サイズ:19cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-469-23303-2
  • 国内送料無料

紙の本

天狗はどこから来たか (あじあブックス)

著者 杉原 たく哉 (著)

日本を代表する妖怪である天狗。しかし、その正体は意外にも多くの謎につつまれている。天狗はどのように誕生したのか? そもそも天狗とは何者か? 天狗イメージの源流を探り、その...

もっと見る

天狗はどこから来たか (あじあブックス)

1,836(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本を代表する妖怪である天狗。しかし、その正体は意外にも多くの謎につつまれている。天狗はどのように誕生したのか? そもそも天狗とは何者か? 天狗イメージの源流を探り、その誕生の謎を解く、図像学の挑戦。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

杉原 たく哉

略歴
〈杉原たく哉〉1954年東京都生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。同大学文学部講師。専門は中国古代美術史。著書に「いま見ても新しい古代中国の造形」「中華図像遊覧」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「カラス天狗かと思った」

2008/03/27 01:05

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Living Yellow - この投稿者のレビュー一覧を見る

と堀北真希氏演じる小谷信子=ノブタ(『野ブタ。をプロデュース シナリオブック』(日テレ・脚本:木皿泉氏、原作・白岩玄氏)に言わせた夏木マリ氏演じる、キャサリン教頭の初登場。ト書きでは以下のようになっている。

 ―天から声が降ってくる。
 「その通りッ」
 塀の上からカラス天狗の使うような団扇で扇ぎながら―

と、このあと、この第一回の名セリフ「(信子に)あんた。コイツ(桐谷修二)がまっとうな人間になるよう教育してやってよね」に続くのだが。

 異様な装束(黒ずくめ)、奇声(音)、飛行(この直前、塀を飛び越えて、出勤している)、大団扇、高い鼻(少し強引だが)、そして超人性。ここでのキャサリン教頭は伝統的な日本の「天狗」像の必要要素をほぼ満たしている。そして木皿泉氏脚本のTVドラマ『セクシーボイスアンドロボ』の原作者、黒田硫黄先生の出世作は『大日本天狗党絵巻』(講談社)である。このマンガの裏表紙のコピーはこうだ。

 「天狗!自由に飛行をなしあやかしの術もて人をさらい古来より畏怖と敬愛を享けた天狗!今彼らはどこにいるのか、どこから来てどこに行くのか?(後略)」

 本書はまさにこのコピーに期せず(?)して呼応する好著である。
 キャサリン教頭の上記特徴のうち、「天狗」が「天狗」であるために、どうしても欠かせない、天狗である出発点とは何だろうか?キャサリン=夏木マリ氏の鼻は高いが天狗ほどではない。黒ずくめで異様であるが、普通のスーツ。飛行と言っても塀を乗り越えたくらい。団扇は季節(本放送時は夏)柄かもしれない。超人性と言われても。残るのは。
 彼女についての最初の描写「天から声(=音)が降ってくる」。古代中国に遡る、本書における「天狗」の本質の確認は見事にここで符合する。本来、「天狗」とは。

 「中国の天狗は「テング」ではなく、「テンコウ」と読む。隕石は、空中での衝撃波や爆発、地上への落下などにより、大音響を発する。それを犬(狗)の「吠え声」にたとえているのである」(本書p.5、第一章「天狗は空から降ってくる」)

 天狗とは。古代中国の人々が隕石=隕石のもたらす怪音を擬「妖」化して捉えたことから生まれたのである。鼻とか下駄とかはその後の話である。木皿泉氏。やはり凄い。
 しかし、本書も、読みやすい文体で、丁寧な歴史・宗教・文化背景の深い探求を踏まえた、凄い一冊である。中国から飛鳥時代の日本に、当時の科学(儒教的世界観)用語として、輸入され、そして半世紀近く忘れられ。摂関政治、天台宗・真言宗・浄土宗を初めとする新仏教の興隆と抗争の中で、再びよみがえり、徐々に現在の「期待される天狗像」に近づいていく。その様を、仏教(密教)教義上における善悪の境界例的存在としての「天狗」という、門外漢には新鮮な知見を示しながら、図像資料を駆使して解き明かしていく。
 しかし、図像に描かれる時、「天狗」は古来から「鳥」と切り放ちがたかった。キャサリン教頭も声からして鳥っぽい。『大日本天狗党絵詞』でも飛行=天狗の本質とされている節がある。
 カラス天狗と言うけれど、実際はどんな鳥が想定されていたのか?
 そもそもどうして半人半鳥=鳥人間なのか?
 終章に向かって、仏教からインド神話、ギリシャ神話と、天狗をめぐる冒険が国境を越えつつも収斂していくスリリングな展開。さあ。
 でも。もう。「真夜中様」の出る時間です。失礼します。

 キャサリン「桐谷、恐れるな。それは紙キレだ」(前掲書『野ブタ・シナリオ』p.254より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/18 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/24 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る