サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あしたの虹
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-10730-1

紙の本

あしたの虹

著者 ぱーぷること瀬戸内寂聴 (著)

女子高生ユーリが好きになったのは、幸福から逃げる男。ふたりの運命の恋の結末は?瀬戸内寂聴・86歳が“ぱーぷる”の名前で書いた、初のケータイ小説。ケータイ小説サイトで話題に...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女子高生ユーリが好きになったのは、幸福から逃げる男。ふたりの運命の恋の結末は?瀬戸内寂聴・86歳が“ぱーぷる”の名前で書いた、初のケータイ小説。ケータイ小説サイトで話題になったラブストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

好きになったのは幸福から逃げる男。それでもあたしは愛し続けるんだ。女子高生ユーリが出逢った、運命の恋物語。瀬戸内寂聴初のケータイ小説。ケータイ小説サイト『野いちご』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ぱーぷること瀬戸内寂聴

略歴
〈ぱーぷること瀬戸内寂聴〉1922年徳島市生まれ。「白道」で芸術選奨文部大臣賞、「場所」で野間文芸賞受賞。2006年に文化勲章受章。第3回日本ケータイ小説大賞・源氏物語千年紀賞名誉実行委員長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価2.6

評価内訳

紙の本

おじさん/おばさんたち、ま、そうは言わずに一度読んでみてください。

2008/10/04 21:50

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yama-a - この投稿者のレビュー一覧を見る

 仕事の関連で廻って来たので読んだ。ケータイ小説である。そして、著者のぱーぷるとは実は瀬戸内寂聴なのだそうである。これはまた面妖なものを読んでしまった。
 僕は今までケータイ小説なるものを読んだことはないし、瀬戸内晴美も瀬戸内寂聴も読んだことがない。これは瀬戸内寂聴が初めて書いたケータイ小説なのだそうだが、さはさりとて決して典型的なケータイ小説でもなければ代表的な瀬戸内文学でもないのだろう。それにそもそもケータイ小説が本になってから読むという読み方も邪道と言うべきかもしれないし。なんとも中途半端なものを読んでしまったものだ。
 で、読んでみてどうだったかと言えば、これは読む前から完全に予想していたことなのだけれど、面白くない。物足りない。全く深みがない。
 所詮僕らのような人間にはそうなんだろうなあ。
 「こんなものばかり読んでると馬鹿になるぞ!」と怒鳴りたい気持ちもあるけど、一方で若い子たちは何が良くてこういうのを読むのか(本で読むのとケータイで読むのとは根本的に読み方が違うんだろうか?)知りたい気もする。ただし、これが他のケータイ小説と同じように捉えられ同じように好意的に受け入れられているのか、それとも所詮文豪が真似して書いたという化けの皮が剥がれて盛り上がりに欠けたのか、そのことさえ知らない。
 第1章は「初めての経験」、つまり処女喪失である。主人公のユーリという女の子は中学2年生の時に特別好きでもなかった同級生と割合簡単にセックスをする。この辺りは今様の若い子たちの気分を大作家なりに取り込んだつもりで書いたものか? しかし、最後まで読むと登場人物に妙に古風なところがあったり、人物やストーリーに仏教的な世界観が割合しっかり反映されていたりする部分もある。
 瀬戸内寂聴はこのケータイ小説を書くにあたって少し(変な表現だが)背伸びしたり背をかがめたりしたんだろうか? 少しは後ろめたい思いをしながら迎合したんだろうか? それとも普段とは違うテーストの作品を楽しみながら軽やかに書き上げたんだろうか? なにしろ他の瀬戸内作品を読んだこともないので、そういうことさえ全く想像がつかない。
 しかし、それにしても今年86歳になる大作家がどうしてこういうものに「初挑戦」するんだろうか? で、結局正体を明かしてから出版するんだろうか?
 そこんところが一番分からないし、ひょっとすると若い人にとって為にならないことをやっているのではないかという気もする。
 これを読んだ若い子が、もっといろんな読み物に幅を広げてくれれば良いなあというのが、おじさんが書ける唯一前向きな感想である。
 そして、これを読んで「やっぱりな」と思っているおじさん/おばさんたち、ま、そうは言わずに一度読んでみてください。

by yama-a 賢い言葉のWeb

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/04 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/23 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/26 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/27 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/04 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/15 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/19 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/16 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/10 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/16 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/20 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/16 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。