サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 魔王とひとしずくの涙

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔王とひとしずくの涙(ハヤカワ文庫 FT)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.11
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/570p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020507-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

魔王とひとしずくの涙 (ハヤカワ文庫 FT 魔法の国ザンス)

著者 ピアズ・アンソニイ (著),山田 順子 (訳)

太陽系の魔王たちは、このところのゲームで魔王ザンスがひとり勝ちしているのがおもしろくない。そこで今回は、魔王ザンスをロバ頭のドラゴンとしてザンスに送りこみ、そんな姿の彼の...

もっと見る

魔王とひとしずくの涙 (ハヤカワ文庫 FT 魔法の国ザンス)

1,058(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

太陽系の魔王たちは、このところのゲームで魔王ザンスがひとり勝ちしているのがおもしろくない。そこで今回は、魔王ザンスをロバ頭のドラゴンとしてザンスに送りこみ、そんな姿の彼のためにひとしずくの涙をこぼしてくれるパートナーを見つけられれば、魔王ザンスの勝ち、失敗したらザンスの負けというゲームをすることに。折しも凄まじい魔風と化したハリケーンが迷い込んだため、ザンスはかつてない危機に見舞われる。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/03/28 16:50

投稿元:ブクログ

前作「女悪魔の任務」では、ザンスの魔王Xと女魔王Vとのゲームが裏にはあった。ザンスの魔王Xは勝ち過ぎた。魔王の長JUに挑まれるが、どうも、これは罠っぽい。魔王の長の地位とザンスの支配権を賭けた今回は、魔王Xにとって過酷なものと相成った。魔王Xはザンスの死すべき運命の生き物となり、ザンスに於いてパートナーを一人選ばなければならない。そのパートナーが魔王Xのために涙をひとしずく流せば、魔王の勝ちとなるのだが。まァ、色々と条件が付いている。まずはその姿。体はグリーンとパステルピンクの縞模様のドラゴン、頭はロバで、汚水アヒルの声と云った代物だ。名前は二ムビー(Not In My Backyardの略)。

一回しかしゃべれないので、声はどうでもいいのだが、出だしから、何やら躓いた。パートナーを選びそこなった。パートナーの名はクローリン。二人の冒険が始まった。マンダニア人のボールドウィン一家も巻き込まれ、前回活躍した女悪魔メトリアの悪しき半身メンティアも加わって、話は大変なことになっていく。魔王Xが負けると、ザンスもどうなるか分らない。さァて、結末や如何に。ま、そんなことはさておいて、クローリンもメンティアも「ピンナップの女王」だし、随所に<おとなの陰謀>は出てくるわ、魔法の力が作用しなくなる袋がナップサックだったりと、言葉遊びも頻繁だ。翻訳の方は大変だろうが、いつものように楽しめる。次回作も既にあるようで、安心して一気に読んで頂こう。

2010/12/17 00:11

投稿元:ブクログ

久しぶりの魔王登場。

なんと今回は彼(あるいは彼女)が主人公ではないですか!

魔法の国を作り上げた魔王ザンスが、魔法の国でどのような冒険をするのか?

その目で確かめてみませんか?

2010/10/14 21:19

投稿元:ブクログ

いつものように面白いが、展開上受け身な冒険が多く、難問もすぐに解決できてしまうため盛り上がりに欠ける。マンダニア人家族に感情移入できないとだらだらと話が続く感が強い。ロマンスもちょっとこれはどうかと思う。

2010/03/08 21:08

投稿元:ブクログ

今回の主役は魔王ザンス。
魔王同士の賭けで、ロバ頭のドラゴンという奇妙ないでたちでザンス国を冒険することに。
今まで王国には興味を示さなかった魔王が冒険の過程でザンス国や住民達に興味を持っていく様が面白かったです。

2010/04/25 11:24

投稿元:ブクログ

一時期、プロットが絡み合う複雑極まりない連作が続いて離れてたんだか、知らぬ間に元の一話完結スタイルに戻っていたみたい。てな事で、手にとって見ました。出だしは、すわ!魔王ザンスが今度の主役かと思ったりしましたが、あれれ、マンダニア人一家のザンスロードムービーって色合いかも。シリーズを離れてた間に随分登場人物が増えてたようで、まあ知らなくても本作は楽しめるかな。さて、今とある山頂に皆が集結、いよいよ話が佳境って感じ。ソレじゃ、レビューも此処までって事でw。