サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コミックエッセイ
  4. シブすぎ技術に男泣き! 1 ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シブすぎ技術に男泣き! 1 ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 61件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/01/01
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:21cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8061-3604-0
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

シブすぎ技術に男泣き! 1 ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ

著者 見ル野 栄司 (著)

「たとえ報われなくても、いいものがつくりたい!」 理工系漫画家がものづくりの現場を体当たり取材し、ものづくり日本を影で支える男たちの姿を漫画で紹介する。『リクナビNEXT...

もっと見る

シブすぎ技術に男泣き! 1 ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ

1,028(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「たとえ報われなくても、いいものがつくりたい!」 理工系漫画家がものづくりの現場を体当たり取材し、ものづくり日本を影で支える男たちの姿を漫画で紹介する。『リクナビNEXT Tech総研』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

見ル野 栄司

略歴
〈見ル野栄司〉1971年生まれ。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。理工系漫画家。半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の会社に勤務した後、漫画家としてデビュー。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー61件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

いやあ、それにしても実にシブい!久々に面白いマンガを読ませてもらった。

2010/04/27 16:32

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 半導体製造装置やアミューズメント機を設計していた経験をもつ、メカトロ分野の設計エンジニア出身のマンガ家が、機械設計のエンジニアと「ものつくり」の中小企業の現場の世界を描いたガテン系マンガ。技術と生産だけでなく、営業やお客とのからみも、人間関係を軸に描いているので実に面白い。

 私はエンジニア出身ではないのだがが、機械部品の世界に身を置いていたことがあるので、リアリティにあふれたこのマンガを読み終えたいま、ぜひいろんな人にすすめたい思いでいっぱいだ。この世界に関わっている人はもちろん、この世界を知らない人こそぜひ読んでほしいと思う。いやあ、それにしても実にシブい! 久々に面白いマンガを読ませてもらった。

 研究開発から試作設計、そして量産へ、というのが通常のメーカーでの仕事の流れだが、このマンガにも描かれているように実際は試作段階でお蔵入りというケースが多いのだ。また中小企業では、エンジニアも納品や機械の搬入据え付けにかり出されるし、不具合やトラブルの解決には縁の下の力持ちとしてかかわっている。
 こうした作業服を着た男たちの世界が日の目をみるのはうれしいことだ。
 
 メカトロとはメカトロニクスの略、メカニクス(=機械工学)とエレクトロニクス(=電子工学)が合体したメカトロニクスは実は和製英語で、日本のお家芸そのものであったのだ。日本がいかにして「ものつくり大国」になったのかを知る意味で、このマンガはぜひ日本人だけでなく、アジア各国でも翻訳されて読まれてほしいと思う。

 とはいえ、日本からこうした風景がだんだんと消えていくのかもしれないと思うと、なんだか寂しい気がしなくもないのだが・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/02 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/16 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/29 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/13 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/27 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/27 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/03 06:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/05 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/03 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/02 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/01 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/28 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/27 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/27 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

コミックエッセイ ランキング

コミックエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む