サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

回帰者(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/512p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-276736-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

回帰者 (講談社文庫)

著者 グレッグ・ルッカ (著),飯干 京子 (訳)

グルジアの小さな町でアリーナと静かに暮らしていたアティカス。だが隣人一家が何者かに惨殺され、その日々は終わりを告げる。連れ去られた14歳の少女の行方を追い、アティカスは世...

もっと見る

回帰者 (講談社文庫)

946(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グルジアの小さな町でアリーナと静かに暮らしていたアティカス。だが隣人一家が何者かに惨殺され、その日々は終わりを告げる。連れ去られた14歳の少女の行方を追い、アティカスは世界の裏路地を独り駆け抜ける。背負い続けてきた十字架と向き合い、かつての自分と和解するために、男は最後の戦いに挑む。少女の心と体は壊れていく。こうしている一刻、一刻の間にも。大人気シリーズ、堂々の完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/12/23 12:28

投稿元:ブクログ

最近読破した本では最も面白かった。それにこのシリーズがこれでおしまいとは至極残念。シリーズ最初と最後では主人公の姿が全く変わるとは珍しいが。それぞれにたいへん読み応えがあった。この作者の作品の翻訳書どしどし出して欲しい。

2011/01/01 23:38

投稿元:ブクログ

「書き出し」が巧い。ついグイッと引き込まれる。で、プロットはいささか冗長。簡単に言えば、人身売買組織に誘拐された女の子を救出するだけの話なんだけど、ほとんど何の捻りもなく「もう少しで見つかりそう」「惜しいところで逃げられた」を繰り返す。もっとも、裏を返せばこういう話を読ませるだけの筆力があるということでもあり、うん、なかなか面白かった。

2010/09/22 18:21

投稿元:ブクログ

『アティカスシリーズ最後の作品かも』ってことですが、久しぶりのグレッグ・ルッカ良かった。一気に読んだ。
アリーナにもアティカスにも、ぼろぼろになっても格好いいブリジットにも、また会えて良かった。

2011/01/02 11:36

投稿元:ブクログ

途中で大きく方向転換してしまった本シリーズ。どうなってしまうのかと、心配したが見事に着地!これ一冊だけ読んでも十分楽しめるし、前作から順に読んでいればサブキャラの登場のタイミングが絶妙。
洗練された文章で読みやすく、犯罪組織の暗黒の世界も、クールなセリフ回しであっという間に読みきってしまいました。

2010/08/30 13:45

投稿元:ブクログ

すごい!まさに一気読み。この緊迫感。本当に、最高のハードボイルド・シリーズだと思う。それしか言えない……。けっこう暴力的で痛そうな場面が多いのだけど。それでも最高。ロマンティックなところも、感動的なところもあって。泣けました。なによりわたしがうれしかったのは、主人公アティカスが、シリーズ途中で人格が変わってしまったのかとか思ったりするところもあったんだけど、ブリジット言うようにやっぱり「ロマンティック野郎」だったこと。でも、こういう人身売買とかが現実の話だというのがこわい……。ああ、シリーズ最終巻。読み終わってしまったのがもったいない気がするくらい。

2012/07/29 23:57

投稿元:ブクログ

導入部分では、面白くなるのかどうか疑問符が立ってたけど読むほどに物語に引き込まれてしまって最後までドキドキして読めた。さすがルッカ!アティカスシリーズ全作が本当に素晴らしくて是非とも体験して欲しい作品群です。最高のエンターテイメントです。

2011/11/01 09:07

投稿元:ブクログ

アティカスとの長い旅も遂に終了。
このシリーズ、もっと読みたいな〜。
でもこれ以上は、つづけるの難しいか。
お疲れさまって感じやね。

2012/04/17 23:28

投稿元:ブクログ

今までのハード感やスピード感が薄まって物足りない。最初からハッピーエンドへ真っしぐら!どんでん返しも無く平凡。無理に読む必要なしかな~(~_~;)

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む