サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 福翁自伝 新訂 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

福翁自伝 新訂 改版(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 62件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/424p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-331022-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

福翁自伝 新訂 改版 (岩波文庫)

著者 福沢 諭吉 (著),富田 正文 (校訂)

福翁自伝 新訂 改版 (岩波文庫)

1,156(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー62件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

これを読むと、福沢諭吉という人は、ほんと何もしてないという感じがする

2002/11/09 01:07

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くるぶし - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これを読むと、福沢諭吉という人は、ほんと何もしてないという感じである。それも意志的に何もしない。明治維新の前後を生きた人だから、その間にはすごぶる事件という事件があったはずだけど、まず事件あるところに福沢なし。けれど、どこか辺境の山奥に篭っていた訳でもないのだから、それどころかおよそ時代の最先端のところにずっといたのだから、これは奇妙である。今読んでも、そうなのだから、当時もそう思われた。これはほとんど、その言い訳のような本である。
 この本を読むと、福沢諭吉という人はまるで偉くないような気がしてくる。自伝だから、自分で自分のことを著しているので、ことさらに謙遜しようと思えばできないことはないが、彼は自慢だってしてる。それも、ほとんど飲み屋の気のいいおやじのような自慢みたいで、稚気に飛んでいて、ほとんどばかばかしくって好きだ。アメリカで15歳の女の子と一緒に写真を撮ってそれを自慢したとか、ロシア人に「日本に帰るな、ロシアにいてデッカイことやれ」とスカウトされた話とか、子供の頃から酒には底なしだとか、洋書を読んで実験がしたくてしたくてたまらない、馬のひづめからアンモニアと作ろうとしたら、これが臭くて臭くてたまらない、近所からも文句が出るから、小舟を借りて実験器具を積み込みそこで実験、川岸から臭いと叱られれば舟を河上へ、河上で臭いと罵られれば舟を川下へ、とまあこういうバカなことばかり書いてある。最後のくだりを「感心な実験精神の現れ」と感動してみせる人がどこかのサイトにいたが、福沢諭吉を最初から偉いとおもって読みにかかるからそうなるのであって、虚心に読むならここは笑うところだ。むしろむやみに有り難がるのは、福翁の意に叶わぬところだろう。虚心に読むなら、ここもかしこも笑うところである。
 事実、歴史を何か英雄の引き起こした事件の連なりみたいに考えることを、福沢諭吉はそこかしこでしっかりと戒めてる(たとえば『文明論之概略』)。
 さて慶應義塾というのは福沢諭吉が興した学校だが、それが三田に越す経緯というのが、福沢が病後で、神経過敏になってるのか気のせいなのか、とにかくなんだかいやな臭いがする。それで引っ越そう、福沢先生が引っ越すなら、塾も引っ越そうではないか、というのが事の始まり。アンモニアの小舟と同じに、要するに「臭い」のせいである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

福翁自伝

2008/02/03 14:53

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:helmet-books - この投稿者のレビュー一覧を見る

僕は今年で24歳なのだが、
これを24歳で読めたのは、かなりよかったように思う。
小さくまとまっていた自分が恥ずかしくなった。

内容は福沢諭吉が速記者を前に、
口述した彼の人生の話。

鎖国時代の、尊王攘夷を唱えていた時代に、
海外に渡り、開国の為に尽くしていたこと。

開国主義を唱えることは、命をも狙われるということを意味するのだが、
それでも時代の維新にかけられる人の潔さ。

慶応義塾を設立し、改革的教育スタイルで、
人を驚かせ、結果多くの人に感謝されたこと。

あの時代に居たであろう、
勝海舟や徳川家なんか比ではない程大きい人だと感じた。

粗暴な感じの少年時代だったようだが、
その時代、兄に語った彼の夢というのが、

「日本一の大金持ちになって思うさま金を使うてみようと思います。」
ということだった。

やはり日本貨幣の象徴、
YENの一万円札を飾れるのをコノ人しか居ないと思った。

helmet-books

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

型破りの自伝

2014/01/10 20:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

後述した内容を速記で記述し、それに手を入れたということですから、内容が読みやすいのは当然なのですが...

同じような調子のものでは、フランクリンの自伝(これも岩波文庫にあり)もこんな感じで読めます。もっともこちらは本人が記述したものですが。

調子はいいのですが、やはり幕末に洋学をやっていたということで命を付けねらわれる危険性を感じたり、幕府側も倒幕側も結局は攘夷論者の集まり、明治政府になってからも結局は序列主義、ということで野に身をおくという考えなど、いろいろとその当時の雰囲気を感じさせられるところがあります。

巻末に年表と著作一覧があるのですが、「脱亜論」(もっともこれは福沢諭吉自身の著作ではないという説もありますが)が明治十八年のところにないのは岩波書店らしくて笑いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/30 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/07 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/22 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/27 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/24 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/31 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/30 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/29 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/14 08:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/31 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る