サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス(生活人新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: NHK出版
  • レーベル: 生活人新書
  • サイズ:18cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-088365-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス (NHK出版新書)

著者 戸田山 和久 (著)

ニュートンから相対性理論、ニュートリノまで、興味津々の事例から科学的な考え方の本質を軽妙に説き、原発や生命科学など日常に大きな影響を与えるトピックをもとに、リスクとの向き...

もっと見る

「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス (NHK出版新書)

929(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニュートンから相対性理論、ニュートリノまで、興味津々の事例から科学的な考え方の本質を軽妙に説き、原発や生命科学など日常に大きな影響を与えるトピックをもとに、リスクとの向き合い方を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

戸田山 和久

略歴
〈戸田山和久〉1958年東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修了。専攻は科学哲学。名古屋大学情報科学研究科教授。著書に「論理学をつくる」「科学哲学の冒険」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

学校の授業では教わることのない、科学思考の方法論

2012/03/17 21:32

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 学校の授業では教わることのない、科学思考の方法論である。個別の知識は教わっても、その知識をいかにして得るのか、何がより正しい科学知識なのかをどのようにして判断するのか、その方法を教わるのは、大学の卒業研究の段階になってからである。今の時代でも師弟間での徒弟制度で教わらなければ本当に身につくものではない。この本を読んでも頭で分かる範囲内のことではある。しかし、知識を獲得するそのやり方や知識と理論の善し悪しを判断するやり方を、方法論という知識として知ることだけでも、さらには、科学に問えることや科学が答えられることの範囲や限界について知ることは、一大進歩である。
 中学高校の段階からこの本の内容を知っておいてほしいものである。分かりやすく丁寧に書かれているから、中高生でも読める。科学技術は分からないといって敬遠し、普段は専門家任せになっていて何か問題が起きた時になってはじめて、身勝手に文句ばかり言う社会人にとっても勉強になることが書かれている。。
 直接の関連はないが、福島原発事故においても電気を使い放題にしてきていながら、その背景となる問題については何の関心も持っていなかったことについて、反省させられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/21 09:17

投稿元:ブクログ

良くできた教科書だと思います。戸田山さんは教科書的な本を書くのが好きなのかいつも上手いと思います。内容的には一般向けと言うことで,多少なりとも科学哲学を囓った身としては物足りなさもありますが。しかし,科学哲学っていわゆる哲学じゃなくなって来てるんだなぁ。思想系で一番将来性があるんじゃないですかねw

2016/04/06 21:11

投稿元:ブクログ

科学の内容(なんとか理論とかそういうの)そのものを説明するものではないのだけど,例として挙げられるのがガチ物化生地系の話なので,理科,科学にアレルギーのある人はそこを通るだけでも正直厳しいかも。でもあえて(?)1年生ゼミのテキストにしてみた。7章を最初に解説すると,読みやすい(別に理数系の内容そのものをどうこうするわけじゃないということがわかりやすい)かも。

2011/12/02 16:27

投稿元:ブクログ

とりあえずざっくり読みで終えたので,またいずれ読むつもりですが,戸田山氏の本はおおよそ面白くて,この本も面白い部類に入ると思うのですが,今回の本はしかしながら問題があるかなと思いました。テクノロジについて庶民も知らないでは済まない!ということをおっしゃっている。分からなくはない。でも,戸田山氏のように,起きている時間に本をたくさん読めるほど,世の中の人は暇ではないし,自分がやらなければいけないことを抱えています。

科学・技術のある程度のことはきちんと調べましょうというスタンスは,僕には「上から目線」に思えました。

お金を出してラーメンを美味しく食べている科学者は「ラーメンが一体どういう具材から,どんな調理の仕方でできているのか」をきちんと調べてからラーメンを食べているとは思えません。知りたいと思ったらラーメンのことを調べる。調べるかどうかは本人の自由。専門でないことを調べるというのはそういうことですよね。でも,科学・技術は専門でない人も知っておかなきゃならんというのが「上から目線」だと思うんです。ラーメン屋が「ラーメンを食すならば,ラーメンの勉強をせよ!」なんて言ってたら,きっと客は入りません。

ざっくり読みなので,この本の真意とは異なるのかもしれませんが,「素人目線を維持した専門家になりましょう!」というのがまず基本だと思います。裁判員制度も裁判に一般の感覚を入れるために導入されたようですが,裁判官が一般の感覚を持ってないというのがおかしいと思わないといけないのではないでしょうか? 

みんな忙しいんです。自分の範囲の生活で必死なんです。そういうことを考えると,僕(一応,科学者のはしくれ)は,「りっぱな市民になれ!」なんてとても言えません。

2012/07/22 10:30

投稿元:ブクログ

2部構成。第1部ではこの「科学的思考とは何か」についての基礎的な説明
第2部では

 1. 科学・技術(以下まとめて「科学」)では解決できない問題がある
 2. このような問題は,専門家だけに任せておけない
 3. だから,科学リテラシーをもった「市民」による専門家の統制が必要である
 4. したがって,専門家でない者も科学リテラシーを身につけた「市民」になるべき

という主張がなされる。原発問題にかせんで読んだ。リスクを引き受ける主体である市民・国民が判断する必要がある。納得

2012/09/14 12:58

投稿元:ブクログ

科学とどうやって付き合っていくか、そのひとつの考え方を学ぶことができた。
四分割表的思考とかトランスサイエンスとか覚えておいた方が良いことも多く載っていた。

あとがきの最後の一文は、この本を最後まで読んだ読者への挑戦みたいなものだろう(笑)

2013/05/09 22:21

投稿元:ブクログ

 自分で調べられるものは自分で調べ検証をしたうえで納得する。この繰り返しをすることにより物事の真実性が評価されていく。

 ということは、世の中に氾濫する多くの情報に価値のあるものは皆無である。特にネット社会でのそれは見誤りやすい。

 ネット情報が危険がどうかの判断基準は254ページの最初をどう評価するかだ。

2012/01/12 08:19

投稿元:ブクログ

科学的思考をするための基礎がつまった良い本.第I部では科学的な考え方を支える「科学を語る言葉」が丁寧に定義され,主に科学史からの例によってわかりやすく解説されている.普段,わかったつもりで使っていることば「仮説」「理論」「検証」「実験」などがあらためてその内容が精査されていくのを読むと,頭の中がすっきり整理されて実に気持ちがよい.第II部ではそれらを具体的な問題に適用し科学的思考の訓練をする.取り上げるのは原発問題だが,巷にあふれる感情的、情緒的な議論ではなく,どのような考え方が科学的なのかを説明し,そして科学者が答えられない科学の問題があることを明らかにした上で,自分で考え,自分で判断することの重要性を説く.その基盤になるのが科学的リテラシーであるというのはとても説得力がある.

新書というパッケージが堕落する中,久しぶりに中身のある新書を読んだ気がする.こういう本が森博嗣の「科学的とはどういう意味か」くらい売れるといいのだけど.

2012/06/30 23:07

投稿元:ブクログ

ダイオキシン、環境ホルモン、遺伝子組み替え、そして原子力発電所。日々進歩する科学技術は時に市民の生活を脅かします。何か起きたとき市民は科学者に説明を求めますが、科学者の言うことは難しく、曖昧に聞こえる表現ばかりでわからない。わからないから主張の中身ではなく、派閥論・陰謀論などわかりやすい物語に落とし込んでやいのやいの不毛な言い争いが生じることになります。本書は科学者の説明をどう理解したら良いのか。また科学技術を専門家に任せるのではなく、市民が科学技術をコントロールする重要性を簡潔に紹介しています。以下、気になった部分を独断と偏見で。

第1部 科学的に考えるってどういうこと?
・科学的説明・科学的にものをみるとはどういうことかを説明。
・理論と事実を二分法的に捉えてはいけないこと(事実の観測にも理論的背景が存在する)。
・科学は原理的に「真実」を明らかにすることはできず、より確からしい、ただしいつか覆される可能性を含む「仮説」を探っていくものである。
・したがって、原発事故などの際、大衆は科学者に「危険か安全か?」を問いかけるが、科学的な説明では危険とも安全とも答えられない。どうしたって、グレーゾーンにとどまる。またそうしなければならない。

第2部 デキル市民の科学リテラシー 被ばくリスクから考える
・市民による科学技術のコントロールの重要性について解説
・「餅は餅屋」。科学技術のことはそれぞれの専門家に任しておけば良いのだろうか。素人は専門家に判断をまかせて、何か起きた場合には専門家に文句を垂れれば良いのか。断じてそうではないというのが著者の意見。なぜか。
①専門家は、対象とする分野を絞っているからこそ「専門家」なのである。科学者は政治・社会・経済的な総合的な観点からの判断などできない。無理にさせれば、おかしなことになる。
②問題の多くは市民が知りたいことのフレーミングと専門家のフレーミングの齟齬から生じている。知りたいことを市民がフレーミングし、科学者がフレーミングにあわせて適切な情報をすることで意思疎通の困難は解消されるだろう。
③素人は知識がないから適切な判断ができない?ということはない。重要なのは科学技術に関する知識ではなく、科学的な見方である。わからないことがあれば専門家に聞けば良いのであって、市民は知識を深めるより、専門家に適切な問いをなげかけるスキルを磨くべきである。

「市民」て誰?
・科学技術をコントロールする市民って誰なんだろう?最後に著者のイメージする市民と大衆の違いを述べる。『事故で満員電車が止まったときに、駅員に詰め寄って文句を言うのは「市民」ではありません。「大衆」です。復旧の手助けをするか、せめて復旧作業の邪魔をしないように努めるのが「市民」。あるいは、年金不祥事が起きたときに、年金を納めるのが嫌になったというのが「大衆」で、どうしたら年金制度を再建できるかを論じるのが「市民」です。』
・確かにおっしゃるとおりで、問題はどうやって市民を養成するかだろう。一つには、教育現場において小学��から「市民的」態度で議論する練習をさせることが重要だろう。スウェーデンなどではそうした取り組みが進んでいると聞いている。また、一方そうした教育を受けてこなかった我々大人に対しては、なにかの課題について「市民」的な議論ができる場と材料を第3者的な立場から提供できるNPO、コンサルなどが重要になるのではないかな。

2016/05/29 10:58

投稿元:ブクログ

科学的思考とは何か?わかりやすく説明した本。

科学の本は一般的に難しいものが多く、素人でもわかりやすく読めるものが少ない。
わかりやすいものを探すと子供向けのものぐらいしかない。
しかも科学の思考そのものについて教えてくれる本となるとさらに少なくなる。

本書は科学的思考とは何か?を、専門的知識がない素人でもわかる
ように解説している本である。

本書で述べている科学的思考についてまとめると以下のようになる。

優れた仮説や理論とは

優れた科学的な理論・仮説とは以下のようなものである
・新奇なことがらの予言をすることができる
・アドホックなその場限りの仮説が少ない
・その理論により説明できることがらが非常に多い(既存の理論との矛盾が少ない)
こういった要素をもった仮説を積み上げていき、蓋然性の高い理論を
積み上げていくのが科学である。
決して0か1ではない(完全に正しい仮説と間違った仮説があるわけではない)。
また決して、「真理そのもの」ではない。(そんなものはわからないので。)

科学と疑似科学の違い
・科学は反証に開かれているが、疑似科学は開かれていない
(どういうことを言えば否定できるのかがはっきりしない)
・科学は概念が定義されている(操作的定義)が疑似科学はその要素が少ない
(あいまいな言葉が多い)

実験について

・実験を行う場合は、調べたい条件以外は同じにする「比較対照実験」が必要
・因果関係をつかむには「4分割思考」が必要
・大事なのは確率ではなくて、関連のある事象との相関関係
・正しい実験では誤差の問題があるため、サンプル数がある程度必要
・ただし、相関関係と因果関係は違う


これらのことが話し言葉でかかれているため、すらすらと頭に入ってくる。
わかりやすいとなるとレベルが極端に低くなることが多いが、伝えたい事柄の
レベルは下げずに、なおかつわかりやすい。

2012/04/30 22:04

投稿元:ブクログ

前半(第Ⅰ部 科学的に考えるってどういうこと?)と後半(第Ⅱ部 デキル市民の科学リテラシー)の落差が大きい本です。

第Ⅰ部では、

  理論と事実、仮説と真理を二分法的に考えるのは、安全と危険、科学と疑似科学を二分法で考えるのと相似形で、危険な考え方である。

  より良い仮説とは

   ①より多くの新奇な予言をしてそれを当てることができる。
   ②その場しのぎの仮定や正体不明の要素をなるべく含まない。
   ③より多くのことがらを、できるだけたくさん同じ仕方で説明してくれる。

そして、「アブだクション」(仮説演繹法)について丁寧に分かりやすく説明がされており、科学するとはどういうことなのか、その「科学リテラシー」が理解できるようになっています。

ところが、第Ⅱ部になると、今回の原発問題を取り扱っているのですが、第Ⅰ部で自らが述べていた罠にはまっている記述が散見され、科学的リテラシーが上がった故にがっかり感が強いです(ちょっと皮肉っぽい書き方でしたらごめんなさい)。

ということで、第Ⅰ部を読み終わったらいい本だったなーと閉じるのが正解かも(笑)。

2013/11/04 16:38

投稿元:ブクログ

https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=00883652011

2012/04/17 10:18

投稿元:ブクログ

科学的とはなんなのかを時に緩く・ニヤリとする文章で教えてくれる良書。
なぜ私たちは科学リテラシー持っていなければいけないのか、などの日常生活に関わってくる話もふんだんにある。
そして、それがとても分かりやすい。
練習問題もあって、本当に講義を受けているかのよう。
終わりの方に著者おすすめの科学本が載せられているので、興味のある人はこれを入り口に、より深い所に入り込んでいけるようになっている。
おすすめ。

2012/01/17 12:36

投稿元:ブクログ

科学的に考える方法をわかりやすく解説してくれる良書。このような方法論は学校で教わる機会が殆ど無く、あったとしても大学4年の卒論研究のとき以降だろう。しかも、その時でも体系的に教わるわけではない。今後の教育改革の時には、教育内容を幾らか削減してでも、是非このような科学的思考法を義務教育か高校で教えるようにしてもらいたいと思う(どうせ細かな知識なんて受験が終わったらすぐに忘れるわけだし...)。というかむしろ早急に、文科省は戸田山さんに意見を仰いで指導要領を作成に着手すべきだと思う。そのような教育がなければ第2部で著者が示すようなデキル市民を増やすことはできないだろうし、科学技術立国うんぬんにも災いするだろう。

2014/07/05 23:26

投稿元:ブクログ

科学的思考(アプローチ)の方法と落とし穴が分かる本。個人的には事実や根拠から仮説を立てる方法論として非常に勉強になった。思考法について書かれた様々な書籍から詰め込んだ断片が整理できた気がする。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む