サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 国税記者 実録マルサの世界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国税記者 実録マルサの世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217436-7
  • 国内送料無料

紙の本

国税記者 実録マルサの世界

著者 田中 周紀 (著)

日本でいちばん口が堅い国税局査察部。その担当記者たちは、どうやって端緒をつかみ取材するのか。元テレ朝の国税担当記者が、マルサと脱税者の息詰まる攻防を明かす。『日刊ゲンダイ...

もっと見る

国税記者 実録マルサの世界

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本でいちばん口が堅い国税局査察部。その担当記者たちは、どうやって端緒をつかみ取材するのか。元テレ朝の国税担当記者が、マルサと脱税者の息詰まる攻防を明かす。『日刊ゲンダイ』連載を大幅に加筆・修正して単行本化。〔「国税記者の事件簿」(講談社+α文庫 2016年刊)に改題増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田中 周紀

略歴
〈田中周紀〉1961年生まれ。上智大学文学部卒業。共同通信社に入社。社会部在籍時には「ヤクルト巨額損失事件」等のスクープ記事を手がける。退社後、テレビ朝日を経て、フリーライターとして活動。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

記者 vs 国税局査察部 vs 脱税犯 それぞれの攻防

2012/02/12 18:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:甲斐小泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サブタイトルに「実録マルサ」の世界とありますが、これは大ヒットしてマルサの存在を一躍有名にした故伊丹十三監督の映画を意識して編集者が付けたのだろうなと思いました。著者は共同通信社に勤務、本社社会部で国税当局を取材、その後、テレビ朝日に入社し、ディレクターを務めたあとに、再び国税当局の担当者になり、2010年の退社後フリーライターになった方です。

 マルサ(国税局査察部)は最近のドラマで有名になったナサケ(査察部の内定調査部門)とミノリ(ナサケの調査結果をもとに強制調査を実施する部門)にわかれているそうで、どこで何をやっているかは秘密中の秘密だそうです。公務員としての守秘義務はもちろんのこと、被疑者に知られ、証拠隠しや逃亡をされるリスクの高さを思ったら日本で一番口が堅いと言われるのも当然でしょう。その集団に対し、担当記者である著者はあの手この手でスクープを取ろうと奔走します。

 この本は『日刊ゲンダイ』での連載を加筆・修正したものだそうですが、国税局査察部により明るみに出た脱税と言う犯罪の有名な、或いは代表的な事例をどのような方法で行われたのがをストーリー化すると共に、口の堅い査察部と記者の密やかな攻防戦も描いていて、なかなか興味深い読み物になっています。

 脱税と言えば、大概が確信犯で、本来納めるべき税金をダミー会社にたらい回しをしたり、タックスヘブンに会社を設立したり、真面目に働いていても巨額のお金を得る事は有り得ない庶民にとっては憎々しい限りですが、中には知識不足で怪しいアドバイスの結果、摘発されてしまう事例もあるらしいですし、悪銭身に付かずで、巨額の金をスッカラカンにして獄に繋がれる輩もいるとのことで、事実は小説より奇なりという言葉がふさわしいエピソードが紹介されています。

  実名を出しているものもありますが、仮名になっているものもあります。人物が仮名でもそのストーリーを見ると、ああ、あの事件とすぐに思い浮かぶものもあり、新聞やテレビの報道で、見出しだけ知っていたという趣の事件の真相を今回初めて知ったものもありました。

  年金問題に加え、東日本大震災と言う未曽有の天災、原子力発電所の大破による甚大な被害を被った地域の復興の為には消費税を上げるのはやむなしと言う方向になって来ているようですが、日常的な生活必需品の課税の結果の値上がりは経済的弱者の生活状態をより一層厳しくし、消費の低迷による更なる景気の落ち込みをもたらす危険性も大です。叩けば埃ならぬ大金の出る場所はたくさん有りそうですし、宗教法人が税制面での優遇を悪用する事例もあるとの事(そもそも脱税用に宗教法人を作ってしまう事例も)で、消費税アップの前にやるべきことがまだまだあるのでは?とこの本を読んで、改めて思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/14 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/22 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/25 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/08 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/09 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/22 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/25 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/14 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/06 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/28 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む