サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. キルタイムコミュニケーション
  4. 義母と民宿の母娘 美熟女たちの甘い誘い

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

義母と民宿の母娘 美熟女たちの甘い誘い
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

義母と民宿の母娘 美熟女たちの甘い誘い (リアルドリーム文庫)

著者 小鳥遊 葵 (著)

高校生の和人が義母・冴子と二人で訪れたのは、美熟女未亡人・梢とその娘・美香が営む海辺の民宿。義母と一線を越えた男女の仲になりたい和人は、布団の中で浴衣姿の義母に、砂浜で水...

もっと見る

この商品はアダルト向け商品です。

義母と民宿の母娘 美熟女たちの甘い誘い (リアルドリーム文庫)

761(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校生の和人が義母・冴子と二人で訪れたのは、美熟女未亡人・梢とその娘・美香が営む海辺の民宿。義母と一線を越えた男女の仲になりたい和人は、布団の中で浴衣姿の義母に、砂浜で水着姿の義母にアプローチ。「駄目よ、和人さん…。わたしたち、母と子なのだから…」さらには妖艶な民宿女将と小麦肌の美少女にも迫られて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

高校生の和人が義母と二人で訪れたのは、美熟女とその娘が営む海辺の民宿。思いもよらぬ艶めいた夏の一週間が待ち受ける!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

物語としてのメインヒロインと官能方面で脇を固めるサブヒロイン達

2012/03/26 01:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

リアルドリーム文庫における「小鳥遊葵+岬ゆきひろ」のコンビも3作目を数え、もはや鉄板の組合せと称してよかろう。小鳥遊作品のテイストがこうも的確にビジュアル化できる絵師さんも他にはいないと断言したい。この匂うように薫り立つ熟女感が相変わらず堪らない魅力となっている作品である。

しかし、今回は主人公(義息)とメインヒロイン(義母)のやるせない心情や葛藤に重きを置いた物語によって肝心の官能描写が後回しにされてしまったようである。後回しとは文字通りの後回しであり、ストーリーの展開として終盤に置かれている訳で、ここに至るまでを旅先の民宿で出会った、自由奔放な女将&仲居の母娘コンビが補う構成となっているのだが、このサブヒロイン2人の先行を許す義母の揺れる心情(すなわち嫉妬の)描写が少し引っ張り過ぎに感じられるのである。義息の恋慕の情もまた然り。

いや、確かに女将の妖艶な熟女感は素敵だし、主人公を求める背景もきっちり描かれている。むしろ、娘の方に「出会ったばかりなのに奔放過ぎるのでは?」と若干安易なテイストが醸されてしまい、その反面、オイシイところは他の熟女達に掻っ攫われてしまう板挟み感もあって、いっそのこと熟女2人ヒロインの方がすっきりしたかもしれない印象でもあるのだが、何より焦らしに焦らした義母と義息の心と体の合体が「焦らし過ぎて未消化」に感じざるを得ないのである。

この匙加減を素人が物申すのも憚れるところだが、物語として幾つかに構成された大きなブロックの組み順に一考の余地を感じさせる内容だったと言わねばなるまい。義母と戯れる前半から「いやっ、ダメっ」と言いつつ昂ぶっていく官能面が充実しているだけに惜しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

官能小説 ランキング

官能小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む