サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 〈密会〉妻の母、妻の姉と

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

〈密会〉妻の母、妻の姉と(フランス書院文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: フランス書院
  • レーベル: フランス書院文庫
  • サイズ:15cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-1847-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

〈密会〉妻の母、妻の姉と (フランス書院文庫)

著者 巽 飛呂彦 (著)

「今夜だけは由乃の母親じゃなく女として見て」豊麗な裸身を惜しげもなくさらす38歳の美熟女。若すぎる妻にはない色気とベッドでの熟練の性技。一夜のあやまちで終わるはずが姦係に...

もっと見る

〈密会〉妻の母、妻の姉と (フランス書院文庫)

751(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「今夜だけは由乃の母親じゃなく女として見て」豊麗な裸身を惜しげもなくさらす38歳の美熟女。若すぎる妻にはない色気とベッドでの熟練の性技。一夜のあやまちで終わるはずが姦係に溺れ…絶対に抱いてはいけない相手だからこそ募る恋情。妻に内緒でつづける、激しく濃厚なダブル禁忌。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

王道の巽誘惑路線に百合色の彩りを添えて

2013/05/17 20:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻の母(未亡人)を38歳とし、妻の姉は20歳の女子大生ならば妻自身は一体何歳になるの?ということで、女子高生の幼妻となる。そして、この幼妻の通う高校の教師を旦那(主人公)に配した作品である。

しかし、学園シチュエーション的情交はほとんどなく、妻の母との情交は数多いものの、未亡人が活かされている訳でもない。何より幼妻との情交自体が制限(?)されており、変な方向へ先走ったりもしてもいる。容姿も話し方も含めた妻の幼さがストーリー及び官能の枷となっているが故に面白い展開となった作品と言えるかもしれない。大方の予想を裏切るであろう結末にも新味を感じるものがあった。

基本的にはヒロイン全員が主人公ラヴを全開に解き放っていく巽誘惑路線の王道を本線としながら、今回は嫉妬の応酬からすれ違いを経て和解へと辿り着く契機となるポイントや、その後の展開にも物語としての面白味と官能的な妙味があった。最終的には皆で盛大にくんずほぐれつなのは変わりないが、その過程がしっかり演出され、描写も丁寧だったと思う。妻の母が見せる熟女ならではのねっとりしたお口奉仕の場面などは情景が明確に浮かぶほどの淫猥さに溢れ、その後のローションプレイから4Pに至るところには、百合の成分もふんだんに盛り込んだ「これでもか」というてんこ盛り感があった。全体として場数こそ多くもやや淡白な印象だった情交描写にあって、終盤の盛り上がりに関しては作者もノッていたのか筆致に勢いを感じるものだったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス書院 ランキング

フランス書院のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む